夏なのに乾燥肌なんてイヤ!!快適に過ごすための4つの対策

エアコン

夏に乾燥肌と連想するのはあまりピンとこない方が多いのではなでしょうか。

でも、夏なのに肌がカサカサに乾燥している・・・そんな経験はありませんか?汗をかくことが多い夏、皮脂の分泌が盛んになるはずなのに、どうして肌が乾燥するのでしょうか。

夏の乾燥も、冬の乾燥も、水分不足が原因の1つです。

今回は、乾燥肌の原因を知り、そして体内の水分バランスをどう保つかをお伝えしていきます。夏は特に乾燥肌以外にも水分補給で体内を満たすことが大事になりますので、是非お役立てください。

皮膚の仕組み

 皮膚の表面を覆っているものは角質です。

角層は、外部の刺激から皮膚を守る役割をしています。

外部から守るのと同時に、内部から水分が逃げるのを防ぐ働きもするのです。

0.02ミリという薄さでその働きをします。

①皮脂腺から分泌される皮脂

②汗腺から分泌される汗

①+②=皮脂膜

角層の中の潤いを保つ働きをします。

この説明からわかるように、角層の皮脂膜によって皮膚は保護されています。

これが【皮膚のバリア機能】です。

肌が乾燥する仕組み

エアコン

 なぜ乾燥肌になるのでしょうか

空気の乾燥・洗剤やお湯の刺激・・・

皮脂膜が破れ角質のバリア機能が低下すると、潤いが失われ乾燥につながります。

夏のエアコン、そして扇風機も、直に顔だけでなく皮膚に風を受けることで水分が失われていきます。

そして要注意なのが紫外線です。

紫外線を浴びると皮膚は急激な細胞の増殖が始まります。

通常のスピードで再生していく細胞が、紫外線を浴びることによって急速に再生されはじめるため、不完全なままになります。

不十分な皮膚は十分な機能を果たすことはできません。

水分の保持力が不十分なままの皮膚がまた外的な刺激をうけることによってまた肌が荒れてしまうという悪循環になってしまいます。

水分補給・保湿の方法

紫外線

・紫外線カット

夏になる5月ごろから紫外線は多くなります。

真夏の紫外線カットは汗もかいて大変だと思います。

紫外線はお肌のバリア機能を低下させますので、まずは紫外線をさけることを考えましょう。

テレビなどで良いとされているSPFやPAの数値の高いものは肌に与えるダメージもあることがほとんどです。

一番お勧めの使用法は、SPF30やPAがあまり高くないものをこまめに塗り直すことです。

・お風呂

乾燥してしまったお肌を潤いのあるお肌にするために

水分補給や保湿に気を付けましょう

夏は湯船につからないかたが多いと思いますが、身体のだるさや疲れや汚れを落とすためにはやはり湯船につかることが大事です。

そして、保湿の効能がある入浴剤を使用してみてください。

植物性エキスが配合されたものはデリケートなお肌にも使用しやすいはずです。

・スキンケア

当たり前に毎日しているスキンケアだと思いますが、顔はもちろん紫外線をあびる場所はしっかりと保湿してあげてください。

乾燥は顔だけではありません。乾燥が酷くなるとかゆみをともなうようになってしまいます。

そうなるとかゆみの対策もしていかなければならなくなるので、そうなる前に乾燥するお肌のすべてを化粧水やボディクリームなどで保湿してあげることが大事です。

・汗をかいたら

かならずふき取ることが大事です。こすることは皮膚を傷つけることになりますので、押さえるように優しくすることが大事ですね。

そして、汗をかく前に必ず水分補給をしておくことです。

水が一番身体に良いです。

水分を保つためには水を飲むことを心がけてみてください。

汗をかくまえもかいたあとも水分補給を忘れないでください。

まとめ

夏はたくさんの外部刺激や汗などの体内からの水分の乾燥など、自分でケアしていかなければいけないことがたくさんになってしまいます。

汗をかくことは良いことでも、それを放置したり何も対策をしないことでお肌はどんどん乾燥していってしまいます。

上記でご紹介したように、水分補給をするのと同じように保湿することが大事です。

夏に乾燥肌になるとそれをケアし乾燥からくるかゆみをケアし、ただでさえ暑くて肌にストレスを感じる季節によけい煩わしいことになってしまいます。

なので、大事なのが、そうなる前の水分補給や、簡単にできるお風呂での保湿、紫外線から肌を守る対策を5月ごろから始める。

といったことになるのです。

お肌の機能は年齢によっても低下してしまいます。これはしょうがないことなのです。

ただ、今のうちからお肌のケアを怠らないことがもっと年を取った時に現れるお肌の状態をよりよくすることにつながるはずです。

夏のお肌を守っていつでもツルツル肌でいるために・・・

簡単なことからお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です