和食ダイエットで無理なく痩せる!キーワードは「まごわやさしい」

和風ダイエットとまごわやさしい1

今、和食が海外で大人気だということを知っていますか?

ユネスコの無形文化遺産にも登録された「和食」

実はダイエット食としても最適なのです!

世界中のセレブ達もこぞってダイエットに取り入れているようで…

でも私自身、最近、和食より洋食の方がよく食べている気がします。

一昔前まではあまりいなかった肥満体型の日本人が増えてきたのも、日本人の和食離れと言われています。

つまり、普段の食生活を洋食から、カロリーや脂肪の少ない和食に変えてみるだけで肥満を解消できるかもしれません!

食生活を見直し無理なく続けられる和食ダイエットをみていきましょう!

和食ダイエットとは?

和食ダイエットはそれほど難しくありません。

人によっては普段から実践しているという場合も多いでしょう。

基本は

「一日三食、一汁三菜の和食を食べるだけ」

です。

とはいえ和食であればなんでも食べていいわけではありません。

どのような和食を食べれば良いのでしょうか。

実は難しいカロリー・栄養計算の必要がない食事方法がありますので、紹介します。

どんな和食を食べたらいい?キーワードは「まごわやさしい」

和風ダイエットとまごわやさしい2

和食ダイエットのキーワードは「まごわやさしい」です。

「まごわやさしい」とは、食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱されている食事方法の覚え方です。

面倒なカロリー計算をしなくても、これらの食品を全て一日のうちに一回は摂取するように気をつけるだけでバランスの良い食事が叶います。

具体的な食材は以下の通りです。

・ま:まめ   大豆、小豆、味噌、豆腐など豆製品

・ご:ごま   ごま、ナッツなど種実類

・わ:わかめ  わかめ、ひじき、海苔など海藻類

・や:やさい  葉野菜、根菜など野菜類。できれば赤・白・緑の野菜

・さ:さかな  魚の切り身のほか、小魚や貝類など。

・し:しいたけ しいたけ、えのきたけ、マッシュルームなどきのこ類

・い:いも   ジャガイモ、里芋、かぼちゃなど芋類

自炊をして食事をとっているという方はおなじみの食材ばかりではないでしょうか。

今までの食生活をガラッと変えるというわけではなく。足らないものをプラスしたり、不要なものを食べないようにするだけでも理想的な食事に近づくと思います。

これだけの食材を取り入れた、一汁三菜の和食…

人によっては、

「むしろこんなに食べていいの!?」

と思うくらいには、豪華な食事になるかもしれません。

でもこんなに沢山の食材、どう料理して良いのかわからないという方もいますよね。

私も自分の食生活を見直してみましたが、普段が「ご飯・肉料理・サラダ」ぐらいで満足していて…

これだけの食材を料理する自信がありません…。。。

でも大丈夫です。私のように料理が苦手な方におすすめなのは、『具沢山の味噌汁』です。

豆腐もわかめもきのこもごぼうなどの根菜も里芋なんかもぜーんぶ味噌汁に入れてしまえば、ほとんど網羅できます。

味噌汁は発酵食品ですし体を温めてくれますし、具沢山にすればお腹にも溜まって暴飲暴食を防いでくれ、とってもオススメです!

和食ダイエットって効果ある?

和食ダイエットはじっくりと効果が出てくる方法です。

最低でも3ヶ月は続けましょう。

短期間で結果を出そうとする方には向いていない方法です。

ですがリバウンドを繰り返している人や、短期間でのダイエットがなかなか成功しない方には是非一度試して欲しいダイエット方法です。

ダイエットで一番重要なのは「結果を維持すること」

この和食ダイエットであれば無理な食事制限やきつい運動は一切ありません。

一生続けていけるような食事方法ですので、リバウンドの心配もありません。

栄養価の高い和食ダイエットで、一生モノの食生活を身につけましょう。

和食ダイエットの落とし穴!糖質・塩分過多には気をつけて!

 和風ダイエットとまごわやさしい3

 和食は砂糖を使った煮物など糖質が多いものが多いです。

糖質が多いと血糖値を上げやすく、脂肪に繋がりやすいです。

また、味付けが濃く、味噌汁や漬物などは塩分がとても多いです。

塩分の摂取量が多いとむくみの原因にもなります。

例えば肉じゃが…

代表的な和食ですし一見ヘルシーに見えますよね?

しかし芋が主体で砂糖も使用しているため、カロリーも糖質も高いです。

できるだけ砂糖や塩を使用しない料理を選ぶ、減塩味噌など調味料を見直すなど、工夫が必要です。

まとめ

和食ダイエットは「一日三食、一汁三菜の和食を食べるだけ」のダイエット方法!

痩せるためのキーワードは「まごわやさしい」で、栄養バランスの良い食生活を実現させましょう。

完璧な和食を作るのは難しいという人は、まずは「具沢山の味噌汁にする」、「脂身の多い肉をやめて魚にする」といったことから初めてみるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です