乾燥肌対策は体の中から!!医師オススメの食べ物、飲み物。

季節によって、汗をかかないために水分補給をしない場合があると思います。ですが、お肌は乾燥している場合があることを御存知でしたか?

乾燥肌の方の場合、保湿力の高い化粧水を使用することで乾燥を改善している方は多いと思います。

ですが、口から入る水分は肌を潤すことに密接な関係があるのです。

乾燥の原因が生活習慣にある場合は化粧水では根本的な改善にはなりません。

食べ物や飲み物は重要なポイントとなるのです。

今回は、乾燥肌を改善するために必要な食べ物と飲み物についてお伝えしたいと思います。

特に冬など、乾燥しやすい時期に参考にしてみてはいかがでしょうか。

乾燥肌に良い食べ物

まずは、食べ物についてです。

食事に取り入れたほうが良いとされる栄養素をご紹介していきましょう。

ビタミンA

レバニラ定食

レバー・人参・ウナギ・青じそ・かぼちゃなど・・・

ビタミンAは粘膜を強くする働きがあり、外部刺激からお肌を守る機能を高める効果があります。

そして、お肌の潤い効果も高めてくれます。

ビタミンAとは、緑黄色野菜などに多く含まれています。

鉄分

レバー・ひじき・煮干し・シジミ・納豆など・・・

口から取り入れられた栄養素は血液にと一緒に全身に運ばれます。

鉄分が不足した場合、貧血になります。

これは乾燥肌関係なく体には良くないことです。

貧血になると、栄養が身体の隅々まで回らなくなるため、結果としてターンオーバーが乱れてしまうことになります。

お肌の潤い機能の衰えにもつながります。

鉄分を摂取することは身体にいいことです。

干しブドウや干しプルーンなどをおやつとして食べるのもいいかもしれませんね。

ネバネバ食品

オクラ・納豆・なめこ・海藻など・・・

ネバネバの食品の中に含まれる栄養素には、肌の水分量を高める成分が含まれています。

細胞そのものの水分量を高めることで、プルプルの潤いのあるお肌を保つのにとても大事な栄養素なのです。

乾燥肌に良い飲み物・悪い飲み物

では次に、乾燥肌に良いよされる飲み物をご紹介していきます。

水を飲む

【水】

です。水が一番お肌の乾燥を防ぐのに良いとされる飲み物なのです。

みなさんは毎日どのぐらいの量の水分を摂取していますか?

私たちの身体は60%以上が水分でできているのです。

水分をとることがキレイなお肌を保つ事にどれだけ大事か説明しましょう。

皮膚の角質層とその下の真皮の間には、バリアゾーンがあり、外部からいくら水分を補給してもそれは真皮には届きません。

肌の内側の水分は飲み水から補給しなければ補えないのです。

そして、飲み水は1か月間をかけ身体の中を循環していくので、美容と健康のためには継続していくことも大事です。

推奨している飲み方と量は、こまめに、1日に2リットル程度の水分を摂取することです。

人は常に汗をかいていますので、常に水分を補給することが大事です。

朝起きた時、朝ごはんの時、通学や通勤運動などで身体を動かした時、昼食時、入浴後、夕食時・・・

こんな時に意識して水分を補給してみてはいかがでしょうか。

【コーヒー】

コーヒーは亜鉛の吸収を阻害する働きがあるため、お肌のための水分補給とは考えない方が良いです。

亜鉛は新陳代謝にとても重要な栄養素です。

亜鉛不足は、乾燥肌を引き起こすだけではなく肌荒れの原因にもなります。コーヒーを好まれる方は多いと思いますが、お肌の調子が悪いガサガサ肌の時は少し控えてみてはいかがでしょうか。

【お茶】

コーヒーもお茶類も、カフェインが含まれたものに関しては利尿作用があるため、水分を多く排出させる働きがあります。

なので、水よりも多くの量の摂取が必要になるので、やはり水が一番お肌を潤すためには都合の良い飲み物と言えると思います。

【アルコール】

アルコールは、一杯程度では問題ありませんが、飲みすぎは体内の水分を排出してしまう利尿作用が働くためお肌に良いとは言えません。

もしたくさん飲んでしまった場合や飲んでいる途中に可能ならば、同じぐらいの量の水分を摂取するよう心がけてみましょう。

アルコールをたくさん飲み酔っぱらってしまうと、お肌のケアをさぼりがちになる方は多いのではないでしょうか。

私もよく酔っぱらってお化粧をそのままに寝てしまったことがありました。

そうしたスキンケアを怠ってしまうということも、乾燥肌を招く原因となるのです。

まとめ

お肌がカサカサの乾燥肌だとお化粧の乗りも悪く毎日が憂鬱になってしまいます。

そうなる前に、お肌に良い栄養素の入った食べ物を多く食べ、簡単なようで怠りがちな水分の摂取をこころがけてみてください。

特に飲み物を口から摂取することは乾燥肌を防ぐことにとても大事な要素の1つです。

是非、これからの生活の中に取り入れながらツルツルのお肌を目指してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です