乾燥肌もなんのその!お風呂がもたらす恩恵がすごすぎる件…

お皿の上にタコ

やっぱり一仕事終えた後のお風呂って良いですよね!

「サイコー!!」って叫びたくなるくらい、1日の疲れが吹っ飛びます。

 

実は、それだけじゃないんです!

 

海外でも日本のお風呂や温泉が話題になるくらい、すごい効能があったんです!

 

ヒリヒリと痛む乾燥肌だからといって、湯船に浸かることを敬遠していませんか!?

お気持ちは解ります!かくいう私もそうだったので!笑

 

ですが、そのままだともったいないですよ!

 

友達が教えてくれた方法で入浴すると、びっくり!ガサついていた肌がモチモチに!

「風呂に入ってもそんなに変わんないじゃん!」と思っていませんか?

 

もしかすると、あなたの入浴方法、体に合っていないのかもしれませんよ?

 

湯船に浸かるだけでもヒィヒィ言っていたほどの私が、どうやって敏感な乾燥肌を克服したのか…

間違いだらけの体験記のマネ、絶対にしないでくださいね!笑

まるで苦行!いや、修行…!?茹でタコか!

ゆでたこ画像

「ウゥ~~~!!」

本当に人間なのかって声を上げながら、43℃前後の浴槽にドボン!

 

すみません。この入り方が大好きだったんです。笑

着色されたように体を真っ赤にして、湯上りのポカポカ感を楽しむ…

 

経験ある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その後に冷たいジュースを飲みながら扇風機で涼むのは最高ですよね。

 

ある日、いつものように熱い湯船から出てしばらくしていると、仰天!

脚のスネの部分の皮がまるでひび割れでもしているような状態に!泣

 

そりゃ痛いに決まってますよね。でも、あの熱湯に入ってビリビリ来る感覚が大好きです。今でもできるならやりたいですもん。笑 ですが…

 

お医者さんからドクターストップを宣告されてしまいました。汗

皮膚のひび割れは、乾燥肌が急激に悪化した際に出来るとのこと。

高い温度のお湯に短く入ることは、風呂上りに体の表面の水分を失わせやすい、らしいです!

 

また、この入り方は人によっては危険だとも言われました。高齢者の方や、心臓が悪い方はほんとに止めてくださいね。

 

そんなわけで、ぬるめのお風呂を長く浸かることにしました。退屈しないための方法も書きますので、ぜひお試しあれ!

万病に効く!風呂はまさしく東洋の医学!

お風呂画像

「恋の病以外なら何でも効く」

こんなキャッチフレーズ、よくお目にしませんか?温泉街のお馴染みなんでしょうかね。

ただ、その言葉に嘘はないと私は思います!

 

完治、とまではいかないかもしれませんが、私の肌荒れや乾燥肌はお風呂と温泉で治したと言っても過言ではありません!

 

というのも、乾燥肌をはじめとする体のトラブルって、普段の運動不足だったり、ストレスが原因だったりします。

それのせいで、体の機能が弱くなってしまいます!

 

要するに、血流が滞ってしまうんですね!

水分を運ぶ力がアンバランスになるから、むくみや手足の末端の冷えが出てきます。もちろん肌荒れや乾燥にもつながります。

 

半身浴で長くお湯に浸かるようにした結果…短時間の入浴よりも汗が吹き出ること!

まさにデトックスという感じがしました!手足の冷えもありません!

 

オススメですよ。

 

半身浴!特に温泉の場合は余分な皮脂を落としてくれる成分や、保温や保湿効果も抜群なのでぜひ長めの入浴を!硬く強張った箇所を優しくマッサージするとなおよし!

 

私の場合は、飽きずに半身浴をするためにお風呂にアロマオイルを入れていました!使い方はとっても簡単!自分の好きな香りのオイルを購入して、3~5滴ほどお湯に混ぜてください! 良い匂いだからといって入れすぎはダメですよ! 匂いが浴槽に残ってしまうので…

 

そういった工夫ができるのも、家でのお風呂の利点ですよね~。汗をかき過ぎて喉が乾いた時の為に、水分補給の飲み物を持ち込んでもいいですし。

 

ぜひ一度、体験してみてください。アロマの香り、特にラベンダーはストレスに効きますよ!

 

半年も経たない内に、スネと踵のひび割れた部分がほとんど治りました!血行が良くなったためか、寝つきも改善されました。

 

ほんとに継続して良かったと思います。

 

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました~!まさか試しに熱湯に入ろうなんて思っていませんよね?笑 長くなってしまったので、要点をまとめてみました。

 

1.お風呂はゆっくり長くおねがいします。半身浴がオススメです。やり方は人肌より少し暖かいぐらいのお湯で、肩が出るくらいに。寒ければタオルやお湯を少しかけるなど工夫を!

2.熱いお湯に短時間は負担が大きいので場合によっては危険!体と相談してください。

3.長く入るために、アロマオイルを入れたり、好みの入浴剤を使ってみてくださいね。肌荒れや乾燥肌はいつか必ず快方へ向かいます!

 

これを読んでくれたあなたが、ストレスフリーで快適な生活を送れますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です