乾燥肌は入浴剤で改善出来ます!入浴剤の正しい選び方とは!?

乾燥肌と入浴剤

私は、とても乾燥しやすい肌質なのですが、お風呂上がりは特に乾燥を敏感に感じます。全身の肌の皮膚が突っ張るような感覚になりますし、かゆみも生じます。

かゆみを我慢出来ず掻いてしまうと、ヒリヒリとした痛みに変わったり、粉吹き肌になってしまうのです。毎日、お風呂上がりにボディークリームを体に塗るのですが、とても大変で時間がかかりますし、ボディークリームを塗っている間に、せっかく湯船で温まった体が冷えてしまうこともあります。

どうにか改善できないかと悩んでいた時に、とても良い方法を見つけたので紹介します。

入浴剤の活用でお風呂上がりの乾燥を改善

ある日、友人からのプレゼントで入浴剤をいくつか貰いました。美肌効果などがあり、乾燥肌の私にもおすすめだと言われたので、実際に入浴剤を入れて入浴してみました。 お風呂上がりに私は驚きました。

これまで毎日のように、入浴後の肌の乾燥に悩み、かゆみや痛みを我慢し続けてきたのにも関わらず、入浴剤を入れた湯船にしただけで、お風呂上がりのかゆみや痛みを感じなくなっていたのです。

お風呂上りに保湿をするのであれば、入浴時に保湿をしながら体を温めた方が効率が良いなと思いました。それからは入浴剤を毎日使用しています。

乾燥肌の人が入浴剤を選ぶ時に気をつけるべきこととは?

 保湿効果のあるものを選ぶ!

入浴剤が乾燥肌に良いと実感してから、自分でも入浴剤を購入しにいきました。たくさんの商品が販売されているため、とても迷いました。

香りや入浴剤を入れた時の浴槽のお湯の色が変化するものなど、様々な入浴剤がありましたが、私は保湿目的で入浴剤を活用するので、保湿成分がたっぷりと配合されているものかどうかを、確認して選びました。

主に入浴剤には美白効果ありと記載されているものと、保湿効果ありと記載されているものがあるので、保湿効果ありの方を選びます。

また、スキンケア入浴剤と記載されているものも、保湿効果がある場合があるので、気をつけて確認するようにしています。

 選ばないようにした方が良い入浴剤

私は入浴剤を選ぶ時に、できるだけ肌に優しい成分のものを選ぶようにしています。保湿成分が配合されていても、肌に悪影響を及ぼす入浴剤に入浴してしまったら、乾燥により敏感になっている肌が炎症を起こしてしまうこともあるからです。

実際に、入浴剤の成分をしっかりと確認せず購入してしまった際、保湿成分の他に肌に悪影響を及ぼす可能性の高い成分も配合されていて、お風呂上がりに肌のかゆみを覚えたことがあります。

具体的には、界面活性剤や香料、着色料が含まれているものは、避けます。天然成分のものでも、いい匂いのする入浴剤は沢山あるので安心です。

また、特に気をつけるべきこととして、入浴剤には温泉の感覚を味わうために、硫黄が配合されているものが多くあります。しかし、硫黄は肌の乾燥を促してしまう成分であるため、硫黄が配合されているものは乾燥肌の人にとっては合いません。

 入浴剤で得られる意外な効果?!

入浴剤を使う理由は、保湿効果を得ること意外にもあります。乾燥肌にとって、一番風呂はとても肌に悪いのです。私も一番風呂に入ると、2番風呂の時よりも肌の乾燥がひどくなる感覚を感じたことがあります。

水道水に含まれている、塩素が乾燥に悪影響をもたらすという情報を耳にしたことがあります。 一人暮らしの場合や、家族が外出している時など、一番風呂を避けることはできません。

しかし入浴剤を入れることによって、様々な成分がお湯に溶け込み、2番目風呂に近い状態にしてくれます。入浴剤を入れることで、一番風呂を避けることができるという点でも、入浴剤を活用しているのです。

入浴剤に癒され、長風呂はNG?!

入浴剤を入れた湯船は、とても気持ちがよく長風呂してしまいがちです。しかし長風呂をしてしまうと、入浴後しばらく経つと、肌が突っ張る感覚を感じるのです。

入浴剤時間は15分から30分ほどに留めておいた方が良いでしょう。また、湯温度ですが、熱いお湯とぬるめのと湯に浸かった時を比較すると、ぬるめのお湯に浸かった時のほうが、乾燥しにくいため、湯温度は38度から40土程度にしておいた方が良いです。

まとめ

  • 入浴剤を活用しましょう。
  • 入浴剤の選び方としては保湿効果のあるものを選ぶと良いです。
  •  肌に悪影響を及ぼす界面活性剤や香料、着色料などが使用されていないものを選ぶようにします。
  •  天然由来成分が使われているものが良いでしょう。
  •  硫黄は乾燥の原因となるため避けるべきです。

乾燥肌は毎日の入浴時に、入浴剤を活用するだけで改善できます。同時に、お風呂上がりにボディークリームでケアをすると、より乾燥を防ぐことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です