乾燥肌はまるで干ばつ状態!?保湿でたっぷり乾燥肌にうるおいを

保湿女性

ようやく暖かくなりはじめ暖房機器をつけずに過ごせるようになってきましたね。

秋から冬にかけては外の空気も乾燥し、室内にいても暖房機器によって空気がとても乾燥して乾燥肌にとって一番辛い季節でした。乾燥によってお肌も大きく影響を受けます。

みなさんは乾燥肌と感じたことはありますか?私や私の子供達はもともと肌が弱く乾燥肌なので日頃から保湿には特に気をつけています。乾燥肌の私が行っている保湿を今回ご紹介します。

乾燥肌とは?

まずは乾燥肌ってどんな状態か分かりますか?

人の肌は3つの保湿機能がバリアの役目をしており肌の内側から水分が逃げださないように閉じ込めて水分の蒸発を防いでいます。このバリアが機能していれば肌にしっかりと水分を保っていられるのですが、バリアできない肌になってしまうと水分がどんどん蒸発し肌から水分が失われていくのです。これが乾燥肌の状態です。

例えるならば水分が失われ干からびた「干ばつ」状態になっていると言うと想像がつきますか?ひどい乾燥肌は粉をふいた状態になり、肌はカッサカサ。まさに「干ばつ」そのもの。

乾燥肌は水分が失われてしまうだけでなく、バリア機能が低下しているので外からの刺激や紫外線、外気温などにも弱くなっていまい肌荒れや肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。そしてかゆみも引き起こします。

乾燥肌になる原因は?

乾燥肌になる原因は日々のスキンケアをさぼってしまっていることだけではありません。

乾燥肌になるには必ず原因があります。その原因をいくつか挙げてみると、

・季節が関係している(特に秋~冬)

・睡眠不足

・日焼け

・スキンケアの方法が間違っている

・体質

・食生活

・加齢

などがあります。

どうですか、心当たりのある項目はありますか?

私の場合、睡眠不足が一番肌の不調を感じます。夜更かしし過ぎてしまった翌日は必ずといっていいほど顔面がヒリヒリし肌がつっぱっています。きっと肌が悲鳴をあげているんでしょうね。乾燥肌に悩んだら一度自分の生活を見直してみてください。生活を見直し正してみることで乾燥肌が改善するかもしれませんよ。

乾燥肌を防ぐには

さきほど挙げた生活習慣を改善してみても肌の状態が改善しないのであれば、干ばつ状態の肌に水分を与えてあげることが必要です。それが「保湿」です。

保湿とは肌が乾燥し過ぎないように湿度を保ってあげることです。

たっぷりの化粧水で肌に水分を補ってあげるのですが、そのままでは肌から水分が蒸発してしまうので化粧水で補った上から乳液や保湿クリームでふたをして肌に水分を吸収させてあげるのです。

ポイントは洗顔後や入浴後にすぐ保湿をすることです。特に入浴後は乾燥しやすいので後回しにせず、何よりも先に保湿を優先して欲しいぐらいです。

保湿が遅くなればどんどん水分が失われていくと思ってください。せめて5分以内には全身の保湿を!

私の場合、入浴後に浴室から出る前にある程度の水滴が残った状態の体にボディークリームを塗っています。こうやってお風呂での水分もボディークリームと一緒に閉じ込めてしまいましょう。この保湿は結構効果を感じたのでおすすめします。

保湿に効果的なものとは

乾燥肌の人が保湿するにはどんなものが効果的なのか。

まず肌のケアが第一です。化粧水、乳液、保湿クリーム、ボディークリームで肌にしっかりと水分を閉じ込めること。

あとは乾燥肌には肌からだけでなく口からの十分な水分補給も大切です。コップ一杯の水分を起床後、毎食後、入浴後、寝る前など意識的にとるようにすることも大切です。

それと室内の乾燥にも気をつけることです。空気が乾燥していると肌の水分まで奪われカサついてきます。

肌によい室内の適切な湿度は60%といわれています。ですが冬場など暖房機器を使用する事で湿度は20%にまで下がってしまうんですよ。

部屋が乾燥しているのであれば加湿器を使用して湿度を保ったり、面倒ですがこまめに化粧水等で保湿をして肌の調節してください。

まとめ

  1. 乾燥肌とは肌のバリア機能が低下し肌の水分を閉じ込めておくことができず、すぐに水分が蒸発してしまう状態。
  2. 乾燥肌の原因は日頃のケアの怠りだけではなく、生活習慣も大きく影響している。
  3. 乾燥肌を防ぐためには何よりも「保湿」が大事。入浴後せめて5分以内には保湿をすること。
  4. 肌からの水分補給だけでなく、口からの水分補給を忘れずに!こまめにコップ1杯の水分を飲むようにすること。あとは室内の湿度管理にも気を付ける。

乾燥肌の原因はいろいろとありますが自分の生活習慣も一度見直してみる良いきっかけになればと思います。私も乾燥肌ということで色々とケアが面倒だなぁと感じることがありますが、放置していても良くはなりませんでした。手間ではありますが日々の積み重ねで必ず乾燥肌は改善していくので根気よく続けてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です