乾燥肌の放置は危険!!アトピーの引き金になることも?!

乾燥とアトピー

乾燥肌で常に手首や首元をポリポリとかいてしまっているお子さんいらっしゃいませんか?

いつも肌が水分を失っている状態で乾燥している。肌を掻くので体中ひっかき傷だらけ。

そんな痛々しい子供を見てどうしてあげるべきなのか悩んでいるお母さんがきっといらっしゃると思います。

実は私の1歳の息子がまさにこの状態です。

ひどい乾燥肌で保湿ケアをしているが全く良くならない。そこで私が初めて知ったのが乾燥肌とアトピーに関係性があるということでした。

アトピーとは一体どんなもの?

アトピーのはっきりとした原因というのは今現在分かっていないそうです。

遺伝性というイメージが強いアトピーですが原因は遺伝や肌質も考えられるのですが、その他にも免疫力の低下、アレルギー、食生活やダニ・ハウスダストなどアトピーの要因はさまざまです。

アトピーの方の肌は皮脂の分泌量がとても少なく肌の水分を失って乾燥肌になり、それに伴って肌のバリア機能がどんどん低下していきます。

健康な肌に比べバリア機能が低下している乾燥肌は、外部からのさまざまな事が刺激となり症状を発症し悪化させてしまう原因になっています。

アトピーの症状として痒みを伴った湿疹が特徴的で、痒みで皮膚をかくことにより肌はダメージを受けどんどん悪化していく悪循環な状態です。

乾燥肌とアトピーの関係

アトピーの患者さんに共通しているのが、みんな肌が「乾燥肌」であるということです。乾燥肌の人が痒みを感じることと、アトピーの症状は非常によく似ています。

肌が乾燥している状態だと人は痒みを感じます。その痒みの原因がただ単に乾燥からくるものなのか、またはアレルギー物質による痒みなのかによってアトピーを判断します。

でも乾燥肌だからと安心していてはいけません。何度も言うように乾燥肌も肌のバリア機能が極端に低下し、外部からの刺激を受けやすくなっているため、乾燥肌を放置してしまうことによってアトピーの引き金になる可能性もあるのです。

私の息子が乾燥肌からアトピーに移行してしまったパターンです。乾燥肌のケアをしていたものの症状がひどくどんどん湿疹が増すばかり。

背中や足首、関節にはひっかき傷が絶えません。気が付けば常に痒みが現れアトピーの特徴的である節々に湿疹が出現するようになりました。

アトピーの治療法は?

原因がはっきりと分かっていない現時点ではアトピーに対する特別な治療法というのがありません。じゃあ一体どうすれば?と不安になると思います。

アトピーであっても、乾燥肌であっても治療の方法は同じです。

  1. 皮膚炎を治療する
  2. 乾燥肌をしっかりと保湿し保護してあげる

この二つです。

息子も皮膚科を受診し診察した結果、強い食物アレルギーも併せ持っている息子の今の肌の状態をみるとアトピーの症状であると診断されました。ですが、それは単なる診断名なだけで治療においてそれほど関係はないことだと。

しっかりと肌を治療し保湿・保護することが子供の一番のストレスである「痒み」をとってあげることに繋がるのだそうです。

ステロイド・ワセリンを使う

ステロイドは使い続けることで皮膚が薄くなってしまう…などさまざまな情報を耳にしたことがあると思います。

よく分からないが怖いから使いたくないという人も多いはず。確かに悪いうわさや情報があるものを子供に使いたくないのが母親の率直な気持ちです。

私だって息子にステロイドを使わない治療があるのならその方が…と思いました。

ただかきむしってしまい、痒みのある湿疹だらけの肌はそのままにしていても改善はしません。まずはステロイドで炎症を抑え肌を整えてかゆみをとってあげることが大事、そしてしっかりと保湿、保護をすることがきれいな肌へ戻してあげることになると説明を受けました。

息子が病院で処方されたのはボアラ軟膏0.12%とプロペトです。ボアラ軟膏はステロイドでステロイドを5段階に分類した中で中間の3番目の強さだそうです。

プロペトとはワセリンから不純物を取り除いて精製された安全性の高い保湿剤です。

朝晩2回清潔な状態の肌にステロイドを塗りその上からプロペトで保護。乾燥してきたら肌を洗いプロペトでまた保護を繰り返します。これを続けて3日でびっくりするほど肌はきれいな状態に戻りました。みんなに肌がきれいになったと声をかけられるほど。

ステロイドの即効性に驚きこの効果のすごさに逆に少し怖さも感じたのが本音ですが先生の指導の下、正しく使い続けることでは特に問題ないと思います。

息子も常に顔や手首や首元を掻きむしっていたんですが、肌がきれいになると掻きむしる姿を見ることがいっきに減りました。子供の反応は素直なので、掻かないということは本当に痒くなくなったってことです。

こうして良い状態を保ち続けることが少しずつですが、乾燥肌やアトピーにとって良いことなんだと実感しました。

まとめ

  1. アトピーのはっきりとした原因はまだ分かっていない。
  2. アトピーに共通しているのは「乾燥肌」。乾燥肌を放置してしまうことでアトピーの引き金になる可能性も。
  3. 乾燥肌、アトピーも治療方法は同じで炎症を抑え皮膚を保護することが大切。
  4. ステロイドの効果はとにかくすごい。医師の指導の下、正しく使用して皮膚炎を治すことが大切。

少しでも子供のひどい乾燥肌に悩んでいるお母さんのお役に立てればと思います。ただの乾燥肌と甘く見ている人は要注意ですよ。私は息子のひどい乾燥、肌荒れに悩みましたが病院で正しい治療をすることによって今皮膚炎は落ち着いています。

一日中痒みにストレスを感じる息子と、そんな息子の姿を見ることがまた私にとってのストレス。この二人のストレスがきちんと受診し治療を受けることで取り除かれました。

お互い今がストレスフリーな状態です。母親にとって子供の肌がきれいになるだけ、ただそれだけで毎日がとっても楽しく感じるものです。

 

ただ、世の中にはアトピービジネスも多く存在しているので正しい知識を持ってだまされないように注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です