乾燥肌の対策としてやったこと【体編】

体、特に背中や足などの乾燥に悩まされていました。特に冬。

乾燥肌の対策として、すぐ保湿剤に走りそうになりますが、私の場合は、身につけるものを変えることから始めました。

着るもの全部綿にした

乾燥肌の上、アトピー持ちということもあり、対策として肌に触れるものから化学繊維は排除しています。

とはいえ、市販の下着で綿100%ってなかなか見つからないんですよね。

通販だと、あるにはあるんですよ。綿100%のブラとかショーツが。

が……あれ、なんであんなに高いの?

『綿100%』を謳ってる割に、肩ひもやレースはどう見ても綿じゃないし!

枚数が必要な下着に、そんなにお金はかけられないので、綿100%の薄い肌着の上にユニクロのコットンタイプのブラトップを着ています。

もちろんシャツの上にブラジャーでもいいのですが、かっこ悪いし銭湯に行けない……

素肌にブラジャーをつけていた時は、ワキの下や胸など、体に乾燥と赤みがあったのですが、すっかり改善されました。

見栄えを気にしないなら、シャツを着ずともブラトップそのものを裏返して着るという方法もあります。

場合によっては手作りも

問題はショーツなんですよ。あれ、なんで一番荒れや乾燥感じるウエストや足ぐりにレースやゴムつけるん……(本体は綿でもレースはナイロン・ポリエステルばっか)

通販で、ナイロンレースなし、肌にゴムが触れないタイプのものを使用したりしましたが、最終的に手ぬぐいを使って自分で作るようになりました。いわゆる『しゃれふん』とか『ふんどし』です。裁縫が出来るなら、簡単に作れます。

寝る時だけでもこちらに変えると血行が良くなり、肌ストレスが減りました。

肌の状態が良くなると、ここまで徹底しなくても大丈夫かな……と思えるようになり、少しくらい化学繊維が混じってる下着でも身につけるようになりました。

それでも、ゴムやレースが素肌に当たらないものを選んではいますが。

乾燥肌と対策と体2

下着だけでなく、寝具や服も綿100%にしました。とはいえ、寝具より綿100%の服のほうが見つけるの大変です。ストレッチを効かせるために、化学繊維が1%だけでも入ってるし。

ここまで極端になる必要はないと思いますが、素肌に触れる面が大きいものは、可能な限り綿100%にしています。

困ったのは靴下。私の場合、足のむくみも悩みでして。

綿100%の靴下のはずなのに、締め付け+ゴムでかゆい!

ひとまず靴下の選び方ですが、『表糸綿100%』を選べばいいです。これは糸の中が化学繊維でも、素肌に当たる表に綿糸を巻きつけているのです。

……でも靴下って、ゴムがあるのでね……こればっかりは色々試して自分に合うものを見つけるしかありません。

最終的に、冬場は通販で一足1000円の薄手のリブのないハイソックスに落ち着く。高い。

しかし、夏場は2足セットの安いショートソックスなんですよね。高けりゃいいってもんでもないようです。

なお、ストッキングは履いてません。あれ履いてる時が一番かゆいし乾燥を感じていたので。

ムダ毛処理ってどうする?

乾燥肌と対策と体3

お肌のためにはやらんほうがいいっちゃあいいのですがね。やはり気になるムダ毛処理。

カミソリよりも電気シェーバーのほうがいいと聞き、足や腕の除毛は電気シェーバーを使用しています。安物だけど。

カミソリは、たしかに剃れる感じはするけど、肌表面も持ってかれるので……ただでさえ乾燥肌の足をやった後は、やはりちょっと、肌の表面が荒れてる。

電気シェーバーだと、肌へのダメージは少ない気がします。

ただ、根元の毛が残ってる感じはしますが……どうせ根元が残ったところで、そんなの顔を近づけてじ〜っと見ないと見えませんよ。

シミや肌荒れも、気にしてるのは自分だけです。気にしすぎてあれこれやろうとして悪化させるくらいなら、放っておけばいいんです。(現に鼻の黒ずみ気にした結果、こすりすぎて皮めくれさせちゃうことがよくあるんですわ……ニキビつぶしちゃったりね……)

そして体をゴシゴシ洗わず、手のひらや柔らかい手ぬぐいでなでるように洗い、ぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。

お湯が熱いと、風呂上がりに体温と一緒に水分が蒸発してしまい、乾燥肌が悪化する恐れがあります。

上がった後は、なるべく早く保湿剤を塗ります。

以上が、私がやっている体に対する乾燥肌の対策ですが、まとめると、

  1. 乾燥肌の対策に保湿剤だけで満足しない
  2. 体に触れるものから可能な限り化学繊維を排除せよ
  3. 熱いお風呂は乾燥肌を促進させる。ぬるめにしよう
  4. 肌荒れや乾燥肌を気にしてるのは自分だけ。時に『ほったらかす』ことも必要

色々試行錯誤しましたが、あれこれ無理するよりも、自分が楽になれる方法が一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です