乾燥肌の原因は食事にあった!?今あなたの食べてるソレは大丈夫?

乾燥肌と食事1

乾燥肌に困ったときにまず注目するのが化粧品ですよね。

化粧水が足りないのかな?とか、もっとイイ乳液に変えないとだめなのかな?と考えるものです。

私も超乾燥肌で悩んでいた時にいろんな基礎化粧品を片っ端から試しました。乾燥肌だけではなくて敏感肌でもあったので、自分に合うものを見つけるまでには相当の時間とお金が掛ったのを覚えています。でも乾燥肌の大きな原因の一つは食事にあったんです。

口から入った食べ物がいずれ身体の細胞さらには皮膚を作るのだから、食事が肌に影響するのは言ってみれば当たり前のこと。でも結構見落とされている点でもあるんです。

自分の食べている物が良いのか悪いのかチェックしながら見てみましょう。

あなたの食べてるソレは胃に優しい?

乾燥肌と食事2

東洋医学では、胃は健康の要として重要視されているようです。私自身これは大いに納得です。

胃が痛い時って身体もだるいし睡眠も浅くなるんです。だからもちろん肌もボロボロ。逆に胃の調子がいい時って肌の調子もイイって気付いたんです。

だったら胃に優しい食事をすることは乾燥肌の対策にもなるっていうことです。

脂っこいものを食べすぎると胃が疲れちゃいますよね。あと漬物とかスルメみたいな物もほどほどにしましょう。

それからうっかりしてるとやられるのが柿。果物だからいいはずだと油断してると結構胃に来るんです。そして肌に速攻で反応が出ます。

科学的根拠とかそういうのは知らないけど乾燥肌のひどくなる秋に美味しくなる柿、甘い味して裏の顔があるので要注意です。私はたまに二切れだけ食べてます。

それからもう一つ、爽やかな味して陰湿なのがレモン。酸っぱいものが好きな私はほぼ毎日はちみつレモンを作って飲んでいたんです。レモン半分をスライスしてそこにスプーン一杯のはちみつを入れお湯を注いで飲むのが定番でした。

レモンでビタミン摂れるしはちみつも美容にイイから、私肌にイイことしてるって思ってたんです。

でもある時東洋医学のお医者さんにスゴイ勢いでストップされました。

「一回にレモンを一切れ使うのならいいけれど、半分なんて多すぎる!胃が傷だらけになる!」と言われました。

確かにちょくちょく胃が痛くなっていたのですが、自分ではこの関連性に気付いていなかったんです。そこでレモンを摂るのをやめたら胃の痛みはすっかりなくなり、同時に膝や肘などの乾燥も随分と良くなりました。

嬉しくて、この結果をお医者さんに話すと「そりゃそうでしょ、これからは気をつけなさい。」30分説教されました。

普段何気なく食べている物も、摂り方によってはかなり胃をいじめます。気をつけましょう。

あなたの食べてるソレは身体を温める?

「乾燥肌にはビタミン」ってよく聞きますよね。そうすると、ビタミン=ビタミンC=果物、みたいな発想になっていませんか?これ結構大きな落とし穴なんです。もちろんビタミンCは肌に良いので積極的に摂りたい栄養素です。

でも生の果物は身体を冷やすもとにもなってしまうんです。特に南国の果物、バナナやマンゴーなどは身体を冷やします。生の果物や野菜をスムージーにして毎日飲む習慣がある人は、許容量をオーバーしている可能性があります。

ビタミンCは多すぎても排出されるだけなので問題ないんですけど、身体を冷やしてしまうと、まず消化器官の血のめぐりが悪くなるので食べたものを上手く消化・吸収できなくなります。それから身体の正面の血行も悪くなるので、皮膚のある末端まで養分がとどきにくくなります。

こんな状態では肌は栄養不足で乾燥していきますよね。

生姜やニンニク、火を通した大根や白菜などは身体を温める効果があります。何が身体を温めるのか冷やすのか全部覚えるのって難しいですけど、「冬に田舎のおばあちゃんが畑で採れたもので作った素朴な煮物」をイメージするとハズレがないように思います。

昔の人って身体にいいことしてたんだなってしみじみ実感です。

あなたの食べてるソレはバランス取れてる?

ときどきふと思うのが、今はいろいろな情報が多すぎて逆に混乱しているなってコトです。もちろん新しい発見や画期的な方法があればそれを知りたいし試してみたくもなります。

でも新しいってことは、まだ長期的な結果が出てないって事でもあるんですよね。薬に例えるなら新薬。まだ症例が多くないんです。だからあまりにも新しい方法に飛びついて偏ってしまうと危険もあるんです。

昔から「好き嫌いを言わずに何でも食べましょう」と言われています。

健康と、そして乾燥肌にはやっぱりこれが一番な気がします。気になるものがあれば多めに摂るのはいいかもしれませんが、そればかりになってしまわないように気をつけましょう。

まとめ

乾燥肌を本当に治したいのなら、普段の食事をしっかり見直してみましょう。意外な食品が肌をイジメているかもしれません。覚えておきたいポイントは、

  • 胃に負担の掛からない食事をする。
  • 身体を温める物を食べる。
  • バランスよく何でも食べる。

これらの点に注意しながら毎日の食事を改善していきましょう。身体の内側から乾燥肌を撃退していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です