乾燥肌の保湿を考える前に体の洗い方と着るものと水を考えてみた

乾燥肌と保湿1

ああ、乾燥肌だな……と感じるのは、冬場の足のすねでしょうか。

かつて、乾いた田んぼのごとくひび割れ、粉吹いて。保湿剤がいくらあっても足りねー! と悩んでいたことがありました。

ちなみに現在、お肌の曲がり角はとっくに曲がったアラフォー世代。アトピーによる乾燥肌も持っています。

現在、症状は落ち着き、体のかゆみもゼロではないですが、塗り薬と保湿剤を乾燥を感じるところに少し塗る程度まで改善。

保湿剤を塗りまくっていた時期よりも、さほど塗っていない今のほうが、ずっと調子が良くなっています。高価な保湿剤なんかいらんかったんや!

今回は、『乾燥肌の改善=保湿剤』の前に『やめてみたこと』をご紹介します。

そもそもなぜ乾燥するのか

乾燥肌と保湿2

本などを読んで、『洗いすぎ』が原因なのでは? とたどり着きました。

もともと乾燥肌の人は、皮脂が少ないわけですから。それを石鹸やボディーソープで毎日洗うことにより、ますます乾燥肌が促進→粉吹き→保湿剤をたっぷり塗る→お風呂で肌の表面に残った保湿剤を落とすためについこすってしまう→ますます乾燥肌が促進。

こういう悪循環に陥っているのでは?

現に、全身に保湿剤を塗りまくっていた時期は、お風呂で軽くこするとアカ? のような、消しゴムカスみたいなのがポロポロと……

これ、皮脂というより前日に塗った保湿剤じゃないの?

ということは、乾燥肌の保湿とか改善じゃなくて、クリーム乗っけてフタしてるだけじゃん……

改善のためにやめてみた

乾燥肌と保湿3

まず、石鹸で体を洗うのをやめました。(顔だけは、メイク落としも兼ねて泡で出るベビーソープで洗ってます)

体の汚れは、お湯に浸かるとだいたい落ちると言います。

湯船にゆっくり浸かって、手のひらでなでるように洗いましょう。ちなみに私は、手ぬぐいを使っています。

百均の手ぬぐいはゴワゴワして硬いので、柔らかい『特岡』の手ぬぐい生地を通販で購入し、湯船の中で体をなでるように使用しています。ナイロンタオルはダメ。

家族がいて、湯船が汚れるのが気になる人は、10分ほど湯船につかってから外で優しく体をぬぐいましょう。これでだいたいの汚れは落ちます。

入浴後、乾燥肌にはすぐ保湿剤ですが、保湿剤もあんまり塗らないようにしました。

どうにも、こすって出てくるアカって、前日塗った保湿剤では? と思えまして……乾燥を感じる場所にだけ、皮膚科で処方してもらった保湿剤を塗りました。もしくはニベアクリームかワセリン。この辺は自分に合うものをご使用ください。

でもって、ストッキングやタイツを履くのもやめました。アトピー治療の際、医師からは『綿100%を着ろ』と言われてましたので。

実際、ナイロンストッキングを履くとかゆいかゆい。どうしても履かなくてはいけない時は、なるべく肌にいいシルクのストッキング(と言いつつ、実際はシルクコーティングの安物ですが……)を下に履いたり。

着るものも寝具も綿100%にし、化学繊維を可能な限り排除しました。ヒー●テックなどもってのほか。

そもそもヒー●テックって、体から出る水蒸気を熱にして暖かくしてるわけだから……ただでさえ乾燥肌なのに、さらに水分奪われちゃうよ……

シャワーも、最初から付いてたシャワーヘッドをやめて塩素除去出来るシャワーに変更。浄水器みたいに、カートリッジを通ることで水道水の塩素を除去してくれるというアレです。シャワーヘッドに一万、カートリッジ3本セットで五千円するのが難点ですが……

このカートリッジが3ヶ月で1本交換なので、単純計算、9ヶ月で五千円。

私は現在、化粧水だの乳液だのにお金を使っていないので、浮いた分をこっちにかけてる感じでしょうか。そう思うと、安く済んでる……のか?

元々は頭皮や髪質改善のためだったのですが、心なし、肌の乾燥を感じなくなったような気がします。

ただのプラシーボ効果かもしれません。

洗濯洗剤も、石鹸洗剤をやめ、ネットで調べた『非接触皮膚科学』で紹介されていた液体洗剤(トップ・クリアリキッド)で洗うようになりました。効果があるのかは……ぶっちゃけ知らん。

でも石鹸洗剤よりも安いし。悪くなってないんなら、いいんじゃね? って感じです。

やはりただのプラシーボ効果かもしれません。知らんけど。

それらを試して一年経った結果

去年の冬は、多少の乾燥はあれど、すねにひび割れは発生しませんでした。

その前は、ガッツリ保湿剤を塗ってもなんの改善もしなかったのに。

そして今年の夏は、体に保湿剤はさほど塗らずに過ごしましたが、特に乾燥は感じず過ごすことが出来ました。(多少アトピーのかゆみは発生しましたが……)

まとめると

  1. 体を洗いすぎるな
  2. 化学繊維の服をやめろ(せめて肌着は綿100%で)
  3. シャワーを塩素除去タイプに変えろ
  4. 洗濯洗剤も気をつけろ

乾燥肌に保湿は大事でしょう。

しかし、改善方法はそれだけではないのでは? と思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です