乾燥肌のケア方法間違ってません??あなたのケアは逆効果かも??

女性の二十代

乾燥肌は季節によるものと思っていましたが、最近では年中乾燥肌という人も少なくありません。乾燥肌がひどくなると湿疹や強い痒みで眠れず生活に支障をきたします。

痒みで無意識に肌を掻きむしることで肌をさらに悪化させてしまう悪循環にも陥ります。

特に現代の働く女性の場合、仕事柄日々のメイクは欠かせないものです。ただ毎日間違ったメイク落としや洗顔をしていると、この繰り返しが皮膚のバリア機能を傷つけ自分で乾燥肌を招いてしまいます。

乾燥肌の原因を作ってしまっているのは実は自分自身なのかもしれません。忙しい毎日でもこれだけは知っていて欲しい、正しい乾燥肌のケアをご紹介します。 

乾燥しやすい人や乾燥しやすい季節

乾燥肌というのはなりやすい年代や自分にも原因がいくつか考えられます。

乾燥肌になりやすい人というのは、

  • 子供 大人に比べ子供は皮膚が薄く、生後6カ月頃から思春期かけて皮脂が少なくなり乾燥しがちに
  • 女性 30代の後半から皮脂の分泌が減っていくので乾燥肌になりやすい、それに加え間違ったスキンケア
  • メイク落としを繰り返すことで肌のダメージも起こしやすい
  • お年寄り 加齢により皮膚が薄くなっていき汗の分泌量も減るので、非常に乾燥しやすい
  • アトピー、アレルギー体質 肌のバリア機能が低下し、肌本来の水分が不足し乾燥肌に
  • 不規則な生活や睡眠不足 睡眠時間が少ないと肌のターンオーバーのサイクルが乱れ肌トラブルを起こしやすい状態になる
  • 食生活が不規則な人 過度なダイエットで栄養状態が悪い人や、食事の好き嫌いが多く栄養バランスが偏っている人。肌まで栄養が行き渡らず肌の潤いや水分を失い乾燥肌になる

年齢や体質これに関してはある程度仕方ないと諦めもつきます。

だけど食生活や規則正しい生活は自分の心がけ次第で改善できます。逆に言えば正しい生活スタイルで、睡眠をしっかりとり栄養バランスのとれた食事をしていれば乾燥肌にはなりません。

乾燥肌によくないこと

乾燥肌にとってしてはいけないことがあります。

まずは熱い湯船につかること。熱い湯船で「あー疲れたー」なんて言いながらのんびりつかっている時間が癒やし。そんな人は多いはず。でもこれは乾燥肌になる原因のひとつなんです。

熱いお湯につかることは角質をふやかしてしまい肌に必要な皮脂、セラミド、天然保湿因子まで落としてしまいます。肌の温は38度~40度なので一度自宅の温度を確認してみましょう。

次にナイロンタオルで体をゴシゴシ洗うことはやめましょう。体を洗うときにゴシゴシとナイロンタオルで体をこすると汚れと一緒に摩擦で肌の角質層までも壊してしまいます。

身体を念入りに洗えば洗うほど力がはいります。だけど自ら肌をボロボロにしていたなんて!!ナイロンタオルはやめて柔らかいタオルか手で優しく洗ってくださいね。 

意外と間違っている?!正しい洗顔方法とは

洗顔、メイク落としは働く女性にとって毎日のこと。ですが間違った自己流の洗顔方法だと乾燥肌はよくなりません。

以前、テレビで朝の洗顔をしない美肌方法というのを見ました。洗顔は肌にとって必要な油分まで洗い流してしまうので朝洗顔しない方法が肌に良いと思っている人多くないですか?

一晩寝るだけでも肌に皮脂の汚れや油分が付着しています。これを洗い流さずメイクをすればどうなるでしょうか。汚れの上からメイクで肌にふたをしてしまい毛穴が埋まり肌トラブルの原因になります。

だから、寝ている間にかいた汗や皮脂汚れを朝の洗顔ですっきり洗い流し肌を整えてください。

洗顔方法はしっかりと泡立ててきめ細かい泡で顔を包み込むように洗って下さい。そのとき泡立てネットを使うと便利ですよ。体と同じで泡で優しく洗うことで肌への摩擦によるダメージを少なくします。

そしてしっかりと水またはぬるま湯で洗い流します。この時もごしごしと顔をこすり洗いしないでくださいね。

洗顔は大切ですが、一日に何度も洗顔することは乾燥肌の原因になります。洗顔をすることは肌の汚れと共に肌の保湿成分も落とされてしまいます。

洗顔後に肌がつっぱるのはこのことです。だから必要以上に洗顔はしないこと。

 

分かりやすい洗顔方法の動画があるのでこちらも参考にしてみてください。

 

洗顔後のスキンケア

洗顔後の肌を放置すると肌の水分がどんどん失われていきます。だから洗顔後は早く保湿することが大切です。理想は5分以内に。

化粧水をたっぷりと手に取り顔全体につけます。ここはケチらずにたっぷりと使ってくださいね。もったいないからとちびちび使っていては意味がありません。

私の場合自分に合ったプチプラ化粧水を惜しみなくたっぷり使っています。

そして次は化粧水の上から顔全体にムラなく乳液をつけます。乳液は化粧水で潤った角質層の成分を逃さないように保つためのものです。

乾燥が気になる部分には念入りに優しく重ねつけしてください。乾燥肌にとって洗顔後のスキンケアをさぼると潤いのある肌を取り戻すのに一苦労します。とにかく、洗顔後の肌をそのままにしてくことが一番危険!!

まとめ

  1. 乾燥肌になりやすい年齢層もあるが食生活、不規則な生活も乾燥肌の原因に大きく関係している。
  2. お風呂で熱い湯船に長い時間浸かることや、ナイロンタオルで身体をゴシゴシこすってはいけない。乾燥肌が悪化してしまう。
  3. 「朝に洗顔をしない」実はこれは間違っている。寝ている間にかいた汗や皮脂の汚れを毎朝きれいに洗い流して肌を整える必要がある。
  4. 洗顔後はすぐにたっぷりの化粧水で肌を整え、乳液で肌の水分を逃さないように閉じ込める。化粧水はケチらずたっぷりと使う。

 

以上、私が紹介する乾燥肌のケアについてでした。

毎日欠かさずスキンケアをしていても乾燥肌がなかなか改善しないときは、上記を参考に一度自分のスキンケアを見直してみるのはいかがでしょうか。思い込みで間違ったスキンケアをしていることがあります。

正しい洗顔、洗顔後の保湿ケアを毎日続けることが必ず潤いのある健康な肌につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です