乾燥肌なのにテカるあなたへ!?間違ったスキンケアしてますよ。

スキンケア女性

乾燥肌なのに気付いたら、なんかおでこがヌルッとすることありますよね。

あれ、とっても不快ですよね。

私もそんな時期がありました。お肌は乾燥でガサガサな上にヌルッと油が浮いてテカってる・・・。救いようのない状態ですよね(笑)

でも、今の私のお肌はそんなことはありません。今のお肌の状態は割と安定していて時間が経ってもテカりが気になることは滅多にないです。

では、なにをしてこの状態になったのか?これから、テカりを抑える間違い行動、正解行動をご紹介いたします!

テカってくるのはどうして?

スキンケア女性

まず、なんでテカってくるかというと、理由は簡単。

お肌が乾燥しているからです。

生物って素晴らしい機能を持っているので、お肌が乾燥していると、「あ!大変!お肌が乾燥している!守らなきゃ!」ってお肌に油分を浮き出してくれるのです。

なので、テカっている時って、見た目とは裏腹にお肌的にはバリア機能は高まっているのかもしれませんね。

 でもテカってくるのは嫌!!

そりゃそうですよね。なんかあの人、脂っぽいって思われたくないですもんね。

じゃあどうするか?

はい、お肌を乾燥させないことです。

テカってくるのは乾燥が原因なんですから乾燥させなければいいんです。そう、保湿です。

 テカりを取るための間違い行動

でも保湿するとなおさらテカらない?

そう思ってしまいますよね。テカりを抑えたいのに、さらに保湿するの?って。

テカりが気になる人がまずする行動は、脂取り紙を使う、洗顔をこまめにする、などでしょうか。

どちらもお肌を乾燥させる行為ですね。間違いではないですよ!

それをすることで一時的にはテカりは取れるでしょう。

ですが、時間が経ってくれば同じことを繰り返すことになります。それでは根本的な解決にはならず、テカりを抑える為の行動としては間違いなんです。

また、一番やってはいけないことは保湿をしないことです。テカってくるんだから保湿は必要ないでしょ、と思うかもしれませんが、大間違いです。

 テカりを抑える正解行動のポイントは洗顔にあり!

お肌の余分な皮脂をしっかり洗い落とします。まず、これが第一です。

あれ?洗顔は間違い行動じゃないの?

と思ったあなたはするどい!

「余分な皮脂を落とす」ここに注意が必要なんです。しっかり落とそうとするあまり、強くこする、強い洗浄力のあるものを試す、一日に何回も洗う、毛穴の汚れを一回で落とそうとする。

全部間違いです。これは「余分な皮脂」ではなく「全部の皮脂」を落とそうとする行為です。全部の皮脂を落としたら、先ほど書いたお肌の防衛機能が働いて、ドンドンテカりの原因となる皮脂が浮いてきてしまします。

洗顔とは奥深いものです。汚れや皮脂を落としたいけど、落としすぎもよくない。ある程度の皮脂はお肌の良い状態を維持する為には必要なんです。

 テカりを予防するおすすめスキンケア(洗顔編)

泡洗顔

じゃあどうしたらいいの?って思っちゃいますよね。

私もいろいろな洗顔フォームを試したり、洗顔ブラシを使ってみたり、毛穴の黒ずみを根こそぎ取るパックをしてみたりしました。

でも結局、テカりを抑えるのに効果的なものはありませんでした。

まず、一回で毛穴の詰まりや皮脂を取り去るような洗顔は控えます。そういった洗浄力の強いタイプのものや洗顔方法は、皮脂を取りすぎてしまうので結局テカってきます。

なので、弱酸性でなるべくお肌に負担のかからない洗顔ファームを使いましょう。基本に立ち返り、しっかり泡立てた泡で優しく洗いましょう。

女性だったら、クレンジングも重要です。クレンジングで皮脂を落としすぎないように。お肌に摩擦の刺激がかからないように、たっぷりのオイルで優しくなでるようにメイクをなじませます。

洗顔の回数は、基本的には朝晩で十分です。私は乾燥している冬などは、朝、お肌を触ってザラツキやべたつきなどの問題がなければ、水だけで軽くすすぐだけにしています。

お肌の状態を観察して判断してください。無理に洗顔する必要はないのです。

 テカりを予防するおすすめスキンケア(保湿編)

洗顔したら、保湿ですね。

お肌が触って冷たく感じるまでたっぷり化粧水をつけましょう。

この時、トロトロといかにも保湿成分たっぷり入ってます!的な乾燥肌用の化粧水より、シンプルな成分のサラッとしている普通肌タイプのものをお勧めします。

アルコールが入っているものは避けましょう。具体的には、精製水、グリセリン、ヒアルロン酸Na、防腐剤といったシンプルなものがいいです。

化粧水で保湿をしたら、クリームも塗りましょう。

夏場は必要ない時もありますが、基本的には薄くクリームを塗ることをおすすめします。そして乳液よりクリームをお勧めします。

乳液は油分が少ないのに界面活性剤はたくさん入っていてお肌に余分なものが多いです。ここでもシンプルなクリームやオイルが一番です。

この方法で一か月試してみてください。明らかにテカりは減っているはずです。一日試しただけでは効果ないですよ。お肌のターンオーバーは28日周期なんです。

テカりを気にしている乾燥肌さんはまず、テカりよりしっかりとしたスキンケアを心がけましょう!

 まとめ

  1. テカりの原因は乾燥
  2. テカりを抑える為に、皮脂を取りすぎるのは間違い。保湿をしないことも間違い
  3. 適度や油分を残しつつ、しっかり保湿するスキンケアが正解

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です