乾燥肌さん必見!!5分で出来る鼻の角栓ケアの方法

乾燥肌と角栓1

年齢を重ねると気になるのはお肌のトラブル。

特に夏の紫外線や秋冬のエアコンは肌にとって天敵です。

私も三十路を目前に、お肌のトリートメントにより気を使うようになりました。

特に、気になるのはイチゴ鼻や小鼻の黒ずみの原因になる角栓です。

夏の重ねづけメイクで疲れ切った肌に、気付けば鼻の頭に黒いポツポツが…。

心なしか肌のトーンが全体的に暗くない!?

鏡に映る自分のスッピン肌に暗い気持ちになることもしばしば。

そんな私が色々試した中でも、効果的だった角栓ケアをご紹介します!

気になる毛穴の黒ずみの原因とは

乾燥肌と角栓2そもそも、気になる黒いポツポツ角栓はなぜできるのでしょうか。

新しいものが古いものと入れ替わることを新陳代謝といいますが、肌もその新陳代謝を繰り返しています。

ケガを治すためにカサブタを作ったりするのも新陳代謝のひとつ。年齢を重ねて、擦り傷などのケガが治りにくくなったと感じませんか?それって、加齢と共に新陳代謝が低下しているせいなんです。

子どもたちを観察してみると、カサブタもすぐに治ってツルツルなスベスベ肌を取り戻していますよね。

肌の新陳代謝はターンオーバーとも呼ばれます。

ターンオーバーには周期があり、その周期に沿って古い角質は自然と剥がれていきます。一般的にターンオーバーが行われる周期は年齢とともに長くなるのです。

また、ホルモンバランスや加齢が原因で、ターンオーバーは乱れることがあります。

ターンオーバーがうまくいかないと、肌に古い角質がのこることがあります。普段より、肌のくすみや黒いポツポツ角栓が目立って感じる時は、ホルモンバランスが乱れているのかもしれません。

そして、「黒いポツポツ角栓が目立つな~」と感じる時、肌を触ってみて思うのが何だか「硬い」ということ。子ども達の肌って、つきたてのお餅のようにモチモチで柔らかいですよね。しかし、私の肌は何だか硬い。

それって、肌に潤いが足りない証拠らしいのです。肌が乾燥していると、身体は肌を潤すために皮脂を出そうとします。皮脂を出すために毛穴が徐々に開くので、より角栓の黒いポツポツが目立つようになります。

イチゴ鼻を解消するためにも、しっかりと保湿を行って乾燥肌をケアしていきたいですね。

ピンセットや毛穴パックで角栓を取る時は注意して

乾燥肌と角栓3

気になるイチゴ鼻だからこそ、ダイレクトに角栓を取りたくなっちゃいますよね。

しかし、ピンセットで直接角栓を抜くのは肌を傷つける原因になります。肌の深い部分が傷つくと、肌のターンオーバーも出来なくなることもありますので、ピンセットでは角栓を取らないようにしましょう。

また、毛穴パックもシートで剥がすタイプのものは、粘着力がとても強力です。シートが肌に必要な潤いや油分まで奪ってしまうことがあります。

肌が荒れていたり、上手に剥がせなかったりすると、顔の薄皮まで剥がれてしまうこともあるので、注意が必要です。

洗い流すタイプのクレイパックは、シートタイプと比べると肌への負担が少ないですが、肌の水分なども一緒に洗い流してしまうこともあります。

どちらもパック剤が残ると、思いがけない肌トラブルにもなるので、丁寧にパック剤は洗い流しましょう。毛穴パックは高頻度で使用すると、肌に大きな負担になります。

メーカーが設定している使用頻度を守って使用しましょう。

SNSやネットでも話題になったオイル綿棒マッサージでの角栓ケアがオススメ!

それでも、角栓が気になるし、イチゴ鼻は治したいですよね。

今回ご紹介する角栓ケアは、ピンセットや毛穴パックを使わなくても、肌に優しくケアを行えます。

使うのは綿棒とオイルだけ!

綿棒は、100円ショップなどでも手に入るので、手に入れやすいと思います。

そして、オイルですが肌に優しいものや自分の肌に合うものを使用します。

オリーブオイルや無印良品などで手に入るホホバオイルなどのオイルを準備します。

オイルでなくてもオロナインやニベアクリームなどを使用してもOKです。

メイクを落とした洗顔後の綺麗な肌に普段通りのお手入れをしておきます。

保湿はしっかりしておいた方が肌を傷つけないので、いつも以上に保湿はしっかりとしておきましょう!

お手入れが終わったら、綿棒にたっぷりとオイルを含ませて、軽くくるくると円を描くように鼻をマッサージします。気になる小鼻の際は2、3回綿棒で優しくなでます。

以上でお手入れは完了です!

あまりゴシゴシ強い力でこすると肌を傷つけるので、あくまで軽く優しく撫でるようにケアを行います。

最初に説明したターンオーバーの周期に合わせて、取れる時期の角栓は取れやすくなっています。一度に全ての角栓を取れませんが、取れなかった角栓も時期と共にスルッと取れますよ。

取れない角栓があると気になってしまいますが、そこはガマンです。しっかり時間をかけて肌に負担をかけないようにケアして行きましょう。

私は2~3日に1度、このお手入れを行うようにしています。

毎日のお手入れの中で、徐々に角栓が減っていきました。特に小鼻の際はキレイになりました。

角栓ケアを行ったら、新しい角栓が出来ないように肌をトリートメントすることがポイント

 乾燥肌と角栓4

 どれだけ角栓ケアを行っても、新しい角栓ができてしまっては元も子もありません。

角栓ケアが済んだら、すぐに化粧水などで肌を潤わせましょう。大きな角栓が取れた場合は、毛穴が開いた状態になっている可能性があるので、保湿した後に保冷剤や氷を使ってアイシングなどを行い、毛穴を引き締めましょう。

乾燥肌はイチゴ鼻の原因になる角栓を作りやすくします。新しい角栓ができないように、毎日のトリートメントをしっかりと行いましょう。

まとめ

  1. 気になる角栓が出来る理由の一つは乾燥!
  2. ピンセットや毛穴パックは肌を傷つけるので注意して。
  3. オイル綿棒でくるくるマッサージするだけの角栓ケアがイイ感じ。
  4. 角栓ケアが済んだら、肌をたっぷり潤わせるのがベスト。

お肌のお手入れは、生理前後や生理中など肌が敏感になる時期は、肌に負担がかかるのでNG。肌荒れが気になる時にもお手入れしないようにしましょう。

たったこれだけの簡単なお手入れで、気になっていたイチゴ鼻が解消されました。入浴中に身体を温めながらやるとより効果的なので、ぜひ試してみて下さい。

ただし、お肌に合わないと感じる方はすぐにお手入れを中止してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です