乾燥肌こそ日焼け止め!!商品を選ぶポイント知ってます??

紫外線

だんだん暖かくなりいよいよ春到来!

気候も良くなりお花見やバーベキューなどこれから増えてくると思いますが過ごしやすい気候である反面、紫外線がこの時期からどんどん増えてきていることは知っていますか?

 

私自身肌が弱く数時間炎天下の下で過ごすだけで肌がつっぱり、ヒリヒリしだし紫外線による影響を身をもって感じるほど。

そんな私の子供達も私と同じで肌が弱くひどい乾燥肌。紫外線対策をしたつもりが日焼け止めによって肌が荒れてしまうことがあり、そこから肌に合った日焼け止め選びって大切なんだと知りました。

 

これからの季節乾燥肌の子どもに合う日焼け止め選びのポイントを私の経験とともにご紹介しますね。

 

そもそも日焼けすることはダメなこと?

今も昔も変わらず子供達は外遊びが大好き。

外で一日中遊んでいるし夏場なるとびっくりするほど日焼けして真っ黒な子供も現れます。

ただ紫外線量の今と昔は大きく変わっていることを知っていますか?

1980年から2010年で比べると最大18.5%紫外線量が増加しているといわれています。

 

さらに子供の頃に紫外線を浴びた量が多いほど大人になった時に皮膚がんを発症する確率が高くなったり、小さい頃から浴び続けた紫外線が蓄積されて大人になってからシミやシワが早くに出てしまう原因にもなるので子供の頃からの日焼け対策が必要になってきます。

つまり、親の私たちに子供たちの将来の肌が託されているんですよ!

 

子供に日焼け止めは必要?

我が家の子供たちは日焼け止めが大嫌い。

日焼け止めのにおいや、あのベッタリした感じが苦手なようで夏場の外出時は毎回嫌がる子どもを追いかけてまで塗っています。

 

なぜここまでして子供に日焼け止めを塗らせているかというと、先ほども言ったように我が家の子供たちはかなりの乾燥肌です。

たまご肌のようなつるつるほっぺではなく、申し訳ないぐらい全身カッサカサ。

そんな乾燥肌にとって日焼けは天敵で、乾燥肌の人ほど焼けやすいと言われているんです。

 

乾燥肌の人はもともと肌のバリア機能が弱く、このバリアの弱い乾燥肌は紫外線を防ぐことができずに水分を含んでいる肌に比べ紫外線を吸収してしまうそうなんです。

子供達には自分のスキンケア以上に、ローションやクリームでこまめに保湿をしているのに、紫外線なんかでやられてはたまったもんじゃありません。

だから私は紫外線から子供の肌を守るため夏場の外出時は必ず日焼け止めを欠かせません。

 

日焼け止めで肌荒れすることも

日焼け止めを塗った翌日に子供の肌が荒れていることがありました。

特に顔は水分を失いカサカサで粉を吹いたような肌に。

 

ちゃんと日焼け止めを使用しているのになぜ?

肌の弱いこの子たちは日焼け止めすら合わないの?といつも以上に肌荒れしている子供を見て悲しくなっていたのですが、どうやら乾燥肌の人に合った日焼け止め選びが大切だったことに私は気づいてなかったんです。

子供用の日焼け止めさえ使っていれば大丈夫と思い込んでいた私は成分など見たこともありませんでした

 

みなさんは日焼け止めの成分で目にしたことありますか?

乾燥肌や敏感肌の人にとって肌をさらに乾燥させ荒らしてしまう成分が含まれていることもあるので、成分まで目を通して購入する必要があるんです。

 

乾燥肌の人の日焼け止めを選ぶポイント

・紫外線吸収剤という成分が特に肌への刺激が強いので、紫外線吸収剤が入ってないものを。

・アルコールフリー、無添加、無着色だとさらに肌に優しく安心。

 

実際に私が子供達に塗ってみて感じたのはこってりしたクリームタイプの日焼け止めよりも、サラッっとしてのびがいいジェルタイプやミルクタイプのものが良かったです。

クリームタイプはどうしても肌に塗りこんでまんべんなくのばす必要がありますが、ジェルやミルクタイプはのびが良く乾燥肌に負担をかけず肌になじみました。

 

あとは日焼け止めを塗る前に、カサカサの肌に直接塗るのではなく少し手間かもしれないですがしっかりと保湿をして少しでも潤いのある状態にしてあげてから日焼け止めを塗ることも大切だと思いました。

 

まとめ

  1. 昔に比べ今は紫外線量が増えており、子供が浴びた紫外線が体に蓄積されていき将来のシミやシワにつながりひどい場合は皮膚がんを引き起こすことも。
  2. 乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているので紫外線の影響を受けやすい、だから日焼け止めを使って肌を守る必要がある。
  3. 乾燥肌や敏感肌の人は、紫外線吸収剤不使用、アルコールフリー、無添加、無着色の日焼け止めがおすすめ。

 

以上、私の経験とともに乾燥肌な子供の肌に合う日焼け止めを紹介してみました。

子供の乾燥肌で悩んでいるお母さん達のために少しでもお役に立てばと思います。

あと、子供の乾燥肌であまり悩み過ぎないことって大切ですよ。

一緒に上手に付き合っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です