乾燥肌が腕を蝕んでから5年経っていた私が、通院を決意した結果…

乾燥肌克服の秘密を語る男性

どうして腕にできる乾燥肌って、こんなにもかゆいんでしょうか?

ついつい掻き過ぎて真っ赤にしてしまうこともありますよね。

 

しかも腕って皮が薄いためか、「またやっちゃったよ…」なんて具合に出血することも多々!

 

そうなると人と会う飲み会や食事会の出席も考えてしまいますよね。お気に入りの服を赤く汚すことなど言語道断!!

よしんば冬ならば長袖を着て出席できますが、夏ならば…

 

みんな半そでのなかで自分だけが長袖。考えるだけでもお腹が痛くなってきますね。

私はそれを5年も続けました!汗 あえて何も聞いてくれない友人が有難くも、どこか気まずくて…泣

 

目立ってしまう腕の乾燥肌をどうしようか迷っているあなたに、私が治療を怠ったことによる話しの顛末をお伝えします。

隠し通せると思った5年間

image002

 

手前味噌ながら、よくこんなに頑張ったと思います。夏でも極力、自然な感じの長袖や七分袖の上着をチョイスしたりして……

 

このときの私はただ漠然と、

「一生こんな乾燥肌とのイタチゴッコが続くんだなぁ」

とボンヤリしてましたね。

重篤な病気の前触れなんて思わないし、命に関わるものでもないし。しかもまだ人にはバレていないと思ってましたから…汗

 

肌をどうにかしようなんて毛頭考えていなかったので、掻きたい時に腕を好きなだけ掻いてましたよ!

 

ここで確認しておきますが、我慢しても乾燥肌は治りません!

あなたも、治すことより隠すことに注力してはいませんか?

 

ある日、久しぶりに日帰りで遊びにきた両親が私に言った、遠慮がちな一言。

 

「腕、どしたの?」

 

その時の私は白いブラウスを着ていたんですけど、赤くなった地肌がうっすら透けて見えてたんですね。

 

「あんた気付かなかったの!?」

母も仰天したでしょうが、衝撃は恐らく私のほうが上です。

 

「みんな、分かってたんなら言ってよ~~!!」

 

母の「診察せよ!!」という猛烈なプッシュもあって、そこでようやく鉛よりも重い腰をあげたのです。

 

腕の乾燥肌の治療を決意

image003

 

やっぱり病院に行くのが一番の近道ですよね。独学だと偏見や間違いがあるかもしれませんし…

 

先生から言われたことをまとめます。腕に次の症状を抱えている人はぜひとも先生に見せてください。放っておくと大変です。

 

・腕を引っかくとすぐに点々と血が浮かんでくる(または見えてくる)。

・何を塗っても感想肌の症状が収まらない。むしろ悪くなる一方である。

・小さい頃からダニや花粉、カビなどのアレルギー持ちだ。

・喘息を持っていてホコリっぽいところは特に苦手だ。

 

全てに当てはまる人は、至急、信頼のできるお医者さんにかかることをオススメします。

なぜなら、おそらく乾燥肌とアトピーの合併症だからです。

 

3つか2つ当てはまる人も要注意ですね。自分の症状を確認し、本当に乾燥のせいだけなのかを吟味する必要がありますよ!

 

治療を続けた結果、腕の乾燥肌は…

image004

 

 

結果から言います。

一生付き合わなければならない状態になりました。

 

知らないうちにアトピーと合併していたからです。ただ、こうも言わせてください。

もし早めに対処していれば、こうはならなかった。

 

明暗を分けたのは私の5年という歳月でした…汗

だから、乾燥肌をただの乾燥として、軽視しないでほしいのです。

 

腕は外気に当りやすく、女性の人は男性と比べてお肌も薄いために乾燥肌の好発部位です。

そこを爪で何度も掻くことの意味を、重大さを少しでも認識していただければ…

 

ネットで検索していただいて、この記事を読んでくれているということは、あなたが完治へ向けて一歩進んだことになります。

危機感を持ってくれたと信じていますよ。

 

それは、私の5年間も決して無駄ではなかったということになります!

 

最後に

 

今は便利なもので調べようとしたら何でも分かる時代になってきましたね。

単語の意味や病気の症状からなにまで。それほど情報がたくさん溢れているということでもあります。

 

調べて満足してしまうし、正誤問わない情報に惑わされることもあります。

 

だからこそ、正確な知識を持った方から話を聞くのが重要ですよね。私はそれが、病院の専門医の方だと思っています。

 

腕の乾燥肌がそれほど進行せず、現状で収まっているのはやっぱり正しい知識と薬品のおかげですよね。

それでも、これからずっと手入れしていかなければならないシミも、まだまだたくさんあります。

 

まとめ

 

1.隠すのではなく、治すということを念頭に置いてください!

2.あなたの腕の乾燥肌は、乾燥だけが原因ではないかもしれません!

3.信頼のおける情報を頼りに、適切な処置を心がけてください!

 

何ごとも遅いということはないかもしれません。しかし、早すぎるということもないかもしれませんよ。

 

体のケアは、お早めに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です