上手に日焼け止めクリームを使って、美白をメイクする!

日焼け止め

冬の間はあまり悩むことはないですが、日差しも強くなる春先から夏にかけて、日焼け止めクリームに悩んでいませんか?

ジェルや化粧水タイプ、またパウダータイプの日焼け止め化粧品が販売されていますし、紫外線カット率の高い日焼け止めクリームを買うべきか。

ファンデーションにもUVカットの成分が入っているのだから、冬に使っていたものと同じでいいのか。

それに種類も豊富で、どれを選んだらいいのか?

とにかく悩みますよね?

今回は、いつも迷ってしまう日焼け止めクリームについてご紹介したいと思います。

 紫外線がどうしてカットできるの?日焼け止めクリームの原理とは

日焼け止めクリームはどうして、日焼け止めの効果があるかご存知ですか?

紫外線を吸収するもの、紫外線を弾くものと2種類があります。

  • 紫外線吸収剤…紫外線を吸収して発熱する
  • 紫外線散乱剤…紫外線を弾くもの

実を言うと、紫外線を弾く後者のタイプの方がお肌に優しいのです。

ノンケミカル製品は主に紫外線散乱剤のみを成分に含んでいる日焼け止めクリームなのです。

ただし、やはりデメリットもあり、肌に塗ると日焼け止めクリームが浮いてしまうということも。

また紫外線吸収剤の方が、紫外線カットの効果が高いのです。

私は現在ノンケミカル製品を使っていますが、やはり白っぽくなってしまいます。

肌が浮いてしまうのが嫌だという方もいると思いますが、自分の肌質と相談しつつ選んでみてください。

こんなに出ているよ!日焼け止め化粧品の種類

日焼け止めクリームのタイプは何種類あるかご存知ですか?

  • クリーム
  • ミルク(乳液タイプ)
  • 化粧水
  • ジェル
  • スプレー
  • パウダー

この中ではクリームタイプがもっとも知られているのではないでしょうか。

もちろんそれ特徴があり、好みもあることでしょう。

化粧水タイプやパウダータイプの日焼け止めは肌に優しく気軽につけやすいですが、やはり効果もクリームやジェルタイプにはかないません。

こまめに塗り直すことが必要ですよ。

ただ、お化粧直しの時にささっと塗れるので、こまめにお化粧直しをされる方には向いていると思います。

スプレータイプは顔に使用できないので、少々使い方が限られてしまうかもしれません。

野外に長くいる場合は、しっかりと日焼け止めクリームを塗りましょう。

私の友人でも、アウトドアスポーツが好きな人は、やはりクリームやジェルタイプをしっかりと塗っていると聞きました。

日焼けで肌が傷ついてしまっては、本末転倒です。

冬にも夏にも合う日焼け止め化粧品がある

自分にあった日焼け止め化粧品を使うのが一番いいですが、季節によって変えてみるっていうのもありです!

紫外線の少ない冬は肌に負担のかからない化粧水タイプのものやパウダータイプのものに切り替えてみては?

もちろん、冬でも野外でスポーツされる方は別として、やはり日焼け止め化粧品は肌に負担がかかります。

しかし、春先から夏にかけては、やはりしっかりと紫外線を防げるタイプを使用したほうがいいかもしれません。

紫外線は3月から徐々に増え始めます。

まだ肌寒い春だからといって、油断はできないのです…

私も春先になると下地化粧品の前に、日焼け止めクリームを塗るというワンステップをプラスします。

そうすることで、日差しに当たってしまっても、安心できます!

敏感肌の人は気を付けて欲しい日焼け止めクリーム

敏感肌の方は、ノンケミカル製品、つまり紫外線散乱剤成分の日焼け止め化粧品を使った方がいいかもしれません。

私もSPF・PAの強い日焼け止めクリームを使っていましたが、肌が荒れてしまい低刺激・ノンケミカル製品に変えました。

その結果、肌荒れは収まりました。

が、日焼けはやはりするので、日焼け止めクリーム以外の日焼け対策で補う必要がありました。

例えば紫外線カットの日傘や帽子との併用をしています。

生まれ持った肌質や、肌の調子によって日焼け止めは変えてみてください。

日焼け止めを買った際は、初めから顔に試さず、腕やうなじなど肌の強い部分に試し塗りをしてからがおススメですよ。

まとめ

  • 日焼け止めクリームには紫外線散乱剤、紫外線吸収剤の2種類がある
  • 多くの日焼け止め化粧品から季節や肌にあったものを選ぶ
  • 日焼け止めは、試し塗りをしてから顔に塗る

化粧品には日焼け止め効果があるものが多いですし、紫外線の多くなる季節のために、日焼け止めクリームを種類で選んでみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です