レコーディングダイエットのやり方と効果!記録するだけで痩せられる!?

レコーディングダイエット1

「私って食べなくても太るんだよね。元々太りやすい体質みたいで」

過去、私が口癖のように言っていた言葉です。

太っていることを悩んでいる方、一度はこういった言葉を口にしたことがありませんか?

確かに太ることには体質や遺伝も関係がないとは言えません。

ですが、本当に体質や遺伝が全てなのでしょうか。

本当に食べてないのに太るのでしょうか。

いいえ、食べているから太るのです。

「レコーディングダイエット」は、ただ記録するだけで自分の食生活と向き合い、食生活を改善していくきっかけを得られるダイエット方法です。

即効性はありませんが人によっては一生モノのダイエット方法と言えるでしょう。

ただ記録するだけでなぜ痩せられるのか?

正しいやり方と効果を見てみましょう。

レコーディングダイエットのやり方は?

レコーディングダイエット2

レコーディングダイエットの方法は簡単です。

食べたものを全て記録するだけです。

具体的に記録する内容は、

・食べたもの

・カロリー

・体重

です。

  • 記録例

朝食 パン、ヨーグルト、バナナ 350kcal

昼食 ミートソースパスタ 600kcal

間食 チョコレート、カフェオレ  150kcal

夕食 ご飯、肉じゃが、鯖の塩焼き、海草サラダ 700kcal

体重 52.3kg(前日比−0.3kg)

上記の例のように毎日メモするだけです。

この時気をつけることとしては、「口に入れたものを全て記入すること」です。

飴一つ、ジュース一口でも書き出すことが大事です。

また、体重は毎日同じ時間帯に測るようにしましょう。

ただ記録するだけで効果があるの?

 レコーディングダイエットは数日記録しただけで劇的に体重が落ちるような即効性のあるダイエットではありません。

だからと言って、最初からカロリーを無理に制限するのは厳禁です。

最初は「ただ記録する」ことに徹してください。

記録をとることに慣れてくると、だいたい自分が毎日何kcal食べていて、カロリーの高いもの、低いもの、どんなものを食べると体重が増えるのか、減るのかなどが自然にわかってきます。

こうなってくると、痩せない理由がわかり、食べ方が変わってきます。

食べたら太るものがわかれば、自然と食事メニューもカロリーの低いものを選ぶようになるのです。

激しい運動やきつい食事制限をするわけではないので、結果が出るまでに時間がかかります

3ヶ月〜6ヶ月ぐらいを目安に記録を続けてみましょう。

私もレコーディングダイエットの経験者ですが、1年もの間、食事の記録を続けていました。

食事の記録をはじめて衝撃だったのが、私、なんと多い日では一日3000kcalもの食事をしていたんです。

冒頭に書いた「食べなくても太るんだよね」と言っていたセリフ…

食べてないと思っていただけで、実際はすごい食べていたんですね。

体重の増減はそれなりにありましたが、結果的には1年間で−5kgの減量。

食生活を改善できたおかげでリバウンドもありませんでしたので、このダイエットは成功したと言えると思います。

結果を出すためのポイント

レコーディングダイエット3

・長期間記録をつけることに挫折しそう!?

 記録できない日があってもOK!

このダイエット方法は1日記録をサボったからと言ってそこで失敗になるようなダイエット方法ではありません。

わかる範囲で記録を行い、多少記録が曖昧でも構いません。長く続けることが大事です。

ズボラな私は「今日は沢山食べた」としか記録してない日すらありました(笑)

・なかなか体重が減らない!カロリー制限は必要ないの?

 慣れてきたらカロリー制限を意識しましょう。

摂取カロリーを知るようになると、今までどれだけ脂肪を溜め込む生活をしていたかを知り、自然とカロリーを抑えられるようになると思います。

でもそれだけでは中々体重が減らない人も。

食事の記録をとることに慣れたら、「1日1500kcal」など1日の摂取カロリーの目安を決めて、その範囲内での食事を心がけましょう。

・毎日低カロリーの食事を続けるのは気が遠くなりそう

 多少食べ過ぎる日があっても大丈夫。2、3日でカロリーコントロールを。

レコーディングダイエットをしていると、食べ過ぎた日の記録作業は恐怖です。

私は飲み会があった日の摂取カロリーの計算をする時、いつもゾッとしていました。

でもたまに食べ過ぎてしまったからと言って、ダイエット自体を諦めないでください。

このダイエット方法の目的はカロリー制限自体が目的なのではなく、食生活の実態を知り改善していくことが目的です。

現実から目を背けず自分の食生活と向き合ってください。

極論、沢山食べた日があっても、「今日はいっぱい食べたなあ。これだけ食べるとこんなにカロリーあるんだ。体重も増えたなあ」と意識できれば良いのです。まずは知ることが大事なのです。

そのうちに、「沢山食べたら次の日は少し控えめにしよう」など、2、3日のスパンでカロリー摂取を調整できるようになってきます。

まとめ

レコーディングダイエットのやり方は、「ただ記録する」だけ。

記録に慣れてきたら自然とカロリーを意識した太らない食生活ができるようになります。

最初から無理なカロリー制限をしないでくださいね。

焦らない。無理しない。焦って落とした体重は必ずリバウンドします。

レコーディングダイエットで、自分のこれまでの食生活を理解し、太らない食生活へと改善していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です