ファスティングダイエットの正しいやり方!減量以外にも嬉しい効果とは!?

ファスティングダイエット1

ファスティングって聞いたことありますか?

「fast(断食する、絶食する)」という言葉なら聞いたことがあるかもしれません。

ファスティングとはその名詞系、つまり「断食」や「絶食」を意味します。

断食と聞くと宗教的なことを思い浮かべる方が多いと思いますが、ファスティングダイエットは数日間の断食生活を行い、短期間で体重を落とすことができるダイエット方法です。

断食なんてしても大丈夫なの?

リバウンドしないの?

栄養が摂れなくなって健康に悪影響じゃない?

と心配になってしまいますよね。

私も自身が実際にこのダイエット方法を試してみるまでは、そういった疑問でいっぱいでした。

でも実はこのダイエット方法、体重を落とす以外にも嬉しい効果が満載なのです。

ファスティングダイエットのやり方は?

冒頭にファスティングとは断食のことであると書きましたが、ただ闇雲に断食をしても効果を得られず身体を壊してしまいます。

正しいやり方を理解してダイエットを成功させましょう。

ファスティングダイエットは酵素を使用したものやスープを使用したものなど、様々なものがありますが、共通したやり方があります。

「準備期」「ファスティング期」「回復期」

のステップを確実に踏むことが大事です。

では、それぞれのステップを順に見ていきましょう。

・準備期

ファスティングダイエット2

ファスティングを行うための準備期間です。

だいたい、ファスティングを行う日数の倍の日数とったほうが良いです。

私の場合は3日間のファスティングを行いましたので、1週間の準備期をとりました。

この期間中は、胃や腸などの内臓の活動を徐々にスローダウンさせてあげる為に、極力消化の優しいものを食べるようにします。

お菓子や肉、お酒やカフェインなど、消化に負担のかかるものは避けるようにしましょう。

・ファスティング期

ファスティングダイエット3

断食の実行期間です。

ファスティングダイエットは二種類あり、「水のみで過ごす断食」と「置き換え食品で過ごす断食」があります。

最近の主流は最低限の栄養素をドリンクなどで補いながら、内臓を休ませてあげるといった、 置き換え食品で過ごす断食です。

ファスティング期の置き換え食品は、

  • スムージー
  • 酵素ドリンク
  • 脂肪燃焼スープ

など、デトックスに適したものを選びます。

私の場合は脂肪燃焼スープを大量に作り、3日間ひたすらそれを飲み続けていました。

・回復期

ファスティングダイエット4

準備期、ファスティング期と順調にこなせていれば、体重は確実に減っているはずです。

問題はこの回復期です。

回復期の過ごし方を誤ると、激しくリバウンドをしたり、体調を崩したり…せっかく身体のためを思ってしたダイエットが水の泡です。

ファスティング後は、身体が「飢餓状態なのかも」と勘違いをし、栄養を身体に溜め込みやすい状態になっています。

そんな時に減量前の普通の食事に戻してしまうと一気に栄養を身体に吸収して溜め込んでしまいリバウンドに繋がってしまいます。

それを防ぐために、復食期間を設けましょう。

回復期の1日目の朝、重湯からスタートし徐々におかゆの形を固形にしていきます。

2日目の夜あたりから具なし味噌汁。3日目でようやく消化に優しいおかずを食べるようにします。1週間程度かけてゆっくりと戻していきます。

ダイエット効果はある?減量以外の効果も!

私の場合ですが、3日間のファスティング期間で2.5kg程体重が減りました。

…が、その後1ヶ月程かけて緩やかに1.5kg戻ったので。。。

結果的には1kgの減量に止まりました。

でも、これって成功?と首を傾げたくなりますよね。

1kgの減量なんて誤差の範疇だし、苦労の割に結果が数字に現れてないんじゃ…と思う方もいると思います。

実は、ファスティングを行ったら体重の減少以外にもっと嬉しい効果があったのです!

それはデトックスです。

汚い話になりますが、普段便秘気味の私、ファスティング3日目終了後におそらく宿便と思われるものがどっさり…

しかもぽっこりお腹がへこんでる…!

人生初のスッキリ感を味わってしまいました。

吸収は排泄を阻害するとも言われていますが、ファスティングを行うことで日頃から休みなく働いていた内臓に休息を与え、溜め込んでいた毒素を排出することができるようになるようです。

内臓を休めて身体の消化・吸収・排泄の良サイクルを取り戻す。ファスティングの最大の目的は、体重の増減よりもここにあると思っています。

ファスティングの効果としては、便秘解消の他にも、アンチエイジングや美肌にも良いと言われています。

なお、ファスティングダイエットは一度行ったらその後ずっとその状態を維持できるわけではありません。

一〜数ヶ月に一度、体のサイクルをリセットするつもりでファスティングを取り入れると良いでしょう。

旅行などで食べ過ぎてしまった時、結婚式でドレスを着る前など、短期間で体重を落としたい時にもオススメです。

まとめ

ファスティングダイエットは、最低限の栄養素をドリンクなどで補いながら内臓を休ませてあげる断食ダイエット。

「準備期」「ファスティング期」「回復期」

のステップを確実に踏んで、健康で綺麗な身体作りをしましょう。

私はこのダイエットを行うまで、「食べること」=「健康」だと思っていました。

「食べないこと」で内臓を休めて内側から体を綺麗にしてくれるなんてびっくりですよね。

ただし無理は禁物なので、体調には気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です