ダイエットにつきもののリバウンド!リバウンドのないダイエットはあるのか!?

ダイエットとリバウンド1

今回の記事ではダイエットにつきもののリバウンドについてしっかりと考えていきます。リバウンドが起きる理由、リバウンドが起きないようにするにはどうすればいいのか、といったことをお伝えします!

痩せたら終わりじゃない

あなたがダイエットをする目的は何でしょうか。30代になってお腹が出てきたから?

憧れのあの服を着こなしたいから?それとも気になる異性を振り向かせたいから、かもしれません。

痩せたい理由は数あれど、ダイエットをしようとするからには、体重を減らし、スタイルを良くしたいというのが共通のゴールとなります。例えば5キロ体重を減らしたいという目標があるとして、特定の1日だけ5キロ減った状態でいたい、というわけではないでしょう。

目標体重になったらその翌月も翌年も、可能なら一生涯その体重でいたいのではないでしょうか?

少し深く考えると、ダイエットとは痩せることがゴールではなく、痩せた状態をキープすることがゴールなのです。結論を言うと、一生続くんです。

一生理想のスタイルでいるために

ダイエットの方法には大きく分けて2つ、食事制限と運動があります。ダイエットをしようとするとき、どんな人でも「短期間」にこだわります。3日で5キロとか、夢みたいな方法にすがろうとしてしまいます。この世の中に痩せ薬なんてものはないですし、食べたら食べるほど痩せる食べ物もありません。

理想の体型でい続けるためには、ダイエットが一生続くことを考えると「一生続けられる方法」でないといけないわけです。

運動で痩せるとしたら

この運動を1時間したら消費カロリーがいくつだ、ということは皆さん調べたことがあると思いますのでここでは挙げません。

例えば痩せるために毎日5キロジョギングしようと決めるとします。食べる量はそのまま。なんとか毎日5キロ走り続けて、目標体重になった。そしたらこう思います。「もう明日から走らなくていいんだ!」と。

そうするとどうなるでしょうか。運動しなくなって、また太るんじゃないですか?そしたらまたジョギングを始めると。ジョギングが楽しくなって趣味になり、ずーっと続けられると思えるのならいいと思います。もちろんジョギングじゃなくてスイミングでもなんでもいいですが。本当はそれが理想でしょう。

いっぱい食べて、いっぱい運動する。

でも現在運動をしていない人、運動する習慣がない人が一生涯それを続けられるか?と考えると、キツイんじゃないかなと思います。例えば雨の日が続いたりしたらそれでやめちゃうんじゃないかな、なんて思いませんか?

私は以前ジムに通っていたのですが、きちんと毎日通ったのに痩せませんでした。その理由は単純です。

「運動すると腹が減る」。運動したから多少食べてもいっか♪って思っちゃう。でもあなたはこれまでの長いダイエット経験で知っているはずです。あなたがした運動、実は対してカロリーを消費できていないことに。

食事制限で痩せるのが断然おすすめ!

私がおススメするのは運動ではなく、食事制限でダイエットをすることです。

食事制限と聞くと、ボクサーみたいに過酷なものだとか、りんごしか食べられないとか、水飲んでごまかすんでしょ?という声が聞こえてきそうですが、そうではありません。

リバウンドをしないことを目指すなら長く続けられる方法でないといけません。そのためには運動よりも食事制限の方が遥かに簡単です。痩せるためには摂取するカロリーよりも、消費するカロリーの方が大きくなればいいのは知っていますね?守るべきルールはこれだけなんです。

「摂取カロリーが消費するカロリーを上回らないようにする」というだけ。それが出来れば苦労しないわ!という気持ちも分かりますが、少し待ってください。

何も1日にリンゴ1個しか食べちゃだめとか、お肉がダメとか、スイーツがダメなんて言っていません。1日に2キロも3キロも痩せようなんて言ってませんし出来ません。1日の中で帳尻を合わせればいいんです。

具体的な食事制限の仕方

それでは詳しい食事制限の仕方をお伝えします。

まず、食べちゃダメなものは基本的にありません。お酒だってどうぞ。ただこれは夢のような方法ではありません。いくら食べてもいいなんて話ではありません。毎日お肉食べたいですよね?食べてOKです!ただし、食べ過ぎてはダメ。お腹一杯食べたい、という気持ち、分かります。定食屋さんで大盛り無料なら絶対やってました。

でもお腹一杯になるまで食べてしまえば太ってしまうんです。それはあなたのお腹周りが証明しています。

ではどうするか。方法の1つとして、お肉なら鶏肉を選ぶということ。同じお肉でも鶏肉なら低カロリーですので、豚肉や牛肉よりも多少多く食べても構いません。

豚丼を親子丼にするだけでも今までよりカロリーが減らせます。

大盛りを普通盛りにしてもカロリーが減らせます。今日は揚げ物がどうしても食べたい!それならご飯は小盛りにするなど、少しずつ低カロリーのものを選ぶのです、おでんを食べるなら今まで牛スジ2つにロールキャベツ2つだったものを牛スジ1、ロールキャベツ1、大根2つ。

というように食べたいものは食べる、でもカロリーが高いものの量は減らすようにしましょう。そうしたらカロリーは少ないのに満足感もあります。そうすると次のステップとしてだんだんと食べたいものを我慢することになれてきます。大盛りを我慢して思い切って普通盛りにしてみる。

最初はキツイです。しかしそれに慣れてくると、腹八分目でいることになれてきます。すると「大盛りを我慢できた!」という自信がつき、楽しくなってきます。楽しければ続けられます。

ダイエットとリバウンド2

体型が変わってくると考え方も変わります。「いかに腹一杯に、ではなく、いかに腹八分目でガマンするかに」

まとめると

  • リバウンドしないためには続けられるダイエットを
  • 運動よりも食事制限の方が楽に痩せられる
  • お肉なら鶏肉を選ぶ、ロースでなくヒレを選ぶというように、少しずつ低カロリーのものをチョイスする!
  • 腹八分目を続けて自分に自信が持てれば、続けられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA