セルフネイル初心者がやりがちなことと続けるコツ

セルフネイルと初心者1

ネイル関係のグッズや本を見ていると、きれいなネイルアートに目が惹かれますよね。

自分でもやってみたい! と、セルフネイルに挑戦する人がほとんどではないでしょうか?

とはいえ。たしかにきれいな爪はあこがれるけど、それを自分でやるとなると、道具も必要だし時間もかかるし、とっても面倒。特に初心者のうちは、うまく塗れなくてイライラ。

気が付くと、道具もしまいっぱなしになっていませんか?

初心者の時って色々道具を買いそろえたくなるよね

 セルフネイル初心者2

セルフネイルの道具って、たくさん出ていますよね。

初心者の時って、ワクワク感から必要以上に買ってしまう……もちろん、その時は使うつもりで。

が。結局は買って満足してしまい、そのまま使わないなんてことも。

心当たりありませんか? この色キレイ! この瓶、カワイイ! と、高いものから安いものまで、色々なメーカーのネイルカラーを買ったけど、1、2回塗っただけで、その後、まったく塗らなくなってしまった。

他にも、ジェルネイルをしようと、数種類のヤスリを買ったり、太さの違う筆を用意したけど、結局使うのは一種類だけだったり。

近頃は100円ショップにもキレイなラメやシール、デコパーツがどんどん売られるようになり、『100円だから……』と、ついつい買ってしまったり。(たとえ1個100円でも、10個買えば1,000円ですよ……)

しかし、結局使うのはいつも同じものばかりだったり。

道具だけが増えて、肝心のセルフネイルはいまいち上達しない……

面倒くさいことは続かない……

セルフネイルと初心者3

私がセルフネイル初心者だった頃は、本に書いてある手順通りにやっていました。

爪のケアや磨き方、下準備はもちろん、ネイルカラーを塗る際も、きちんとベースコート、トップコートも用意したり、速乾スプレーも買ったり。

塗る時も、当然、本の手順通りに、きちんとカラーを二度塗りしたり。

でもこれが面倒くさい。

なにしろネイルカラーって、乾くまで何も出来ないわけですよ。

もちろん、速乾タイプのネイルカラーもありますが、二度塗り、三度塗りすれば、中まで完全に乾くのに時間はかかる。

乾いたと思っていたのに、いつの間にかよれてたり欠けてたりなんてしょっちゅう。

そして、どんなにきれいに塗っても、時間が経てば爪は伸びるし剥げてくるので落とさなきゃいけない。それがまた面倒。

私の場合、それが面倒でジェルネイルを始めたのですが、ジェルネイルはジェルネイルで新たな面倒が……むしろこっちのほうがライトが必要だったり何度も硬化させたり、オフに手こずったり、もっと面倒だったかも?

馬鹿真面目に本の通りにやっていた私は、次第にセルフネイルから遠ざかりました。

セルフネイルを続けるには『面倒』をなくすこと

セルフネイルから遠ざかっても、ショップに行くとネイルカラーやケアグッズは見てしまうんですよね。

ある時、なぜか文房具屋で『胡粉ネイル』というものを見つけ、物珍しさに試してみることにしました。(なぜ文房具屋……)

これはホタテの貝殻を使ったネイルカラーなのですが、一日で剥がれます。お風呂で頭洗って、爪を見たらもう剥がれてる。

ネイルカラーを密着させているというより、ラップみたいな膜を貼っている感じです。そのままお湯の中で爪をなでるとぺろん、と剥がれてリムーバーいらずです。もちろん、無理にめくると爪の表面を傷めるので、リムーバーを使ったほうがいいのですが。(除光液ではなくアルコールでいいそうです)

そしてベースコート・トップコート不要で、塗ったそばから乾いて、すぐ作業が出来るスグレモノ。

『日持ちはしないが一日限りのネイルカラー』として、気軽にさっと塗れるのがいいところです。失敗したってどうせ1日で剥がれますし。

その後、初心者時代にあれこれ買い集めたネイルカラーや道具類は捨て、現在はガラスの爪ヤスリと、この胡粉ネイル数本だけに落ち着いています。

セルフネイルを続けるコツというのは、この『気軽さ』ではないか……と、最近はそう思っています。

まとめると、

  1. 初心者は本の通りにやってしまいがち
  2. 色んなネイルカラーを買うだけ買って使わないことも
  3. セルフネイルを続けるには『気軽さ』が重要

近頃は、ベースコートもトップコートも不要な『ネイルファンデーション』といったものも売られています。

初心者のうちは、あれもこれも試してみたい! と、色々なアイテムに手を出してしまいがちですが、焦らず、まずはこういった『面倒くさくない』ネイルカラーから挑戦し、自分なりのセルフネイルを習慣づけてみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です