セルフネイルの天敵・甘皮!でもなぜ、どうやって処理するの?

セルフネイルと甘皮

セルフネイルについて1からまとめられている本などを見ると、必ず書かれている「甘皮の処理」。

「そもそも甘皮って何?」「なんで処理しなくちゃいけないの?」って疑問に思ったことはありませんか?

甘皮の処理のやり方は書いてあっても、その背景については書かれてないことも多く、結局面倒くさくて飛ばしてしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし!甘い!甘いですよ!甘皮が残っているか否かで、ネイルの仕上がりや剥がれにくさがガラッと変わってしまうのです。

そんなわけで今回は甘皮の処理について「なぜ処理するのか」から、簡単に処理する方法までお話したいと思います。

そもそも甘皮って何?

甘皮とは爪と皮膚とのつなぎ目で、爪の根元にある固くて薄い皮のこと。

自分の爪をよーく見てください。半透明の皮が1〜2ミリくらい根元にありませんか?これが甘皮です。

これは爪の根元にバイ菌が入らないように守ってくれるための、実は大事なもの。

また、甘皮から伸びているごくごく薄い角質の膜があり、これをルースキューティクルといいます。ルースキューティクルも含めて「甘皮」と呼ぶこともあるようです。

普段は見えにくいですが、ふやけて浮いてくると白く薄い膜があるのがわかります。

甘皮を処理するのはなぜ?

甘皮の処理をするのにはいくつか理由があります。

爪を丈夫にするため

甘皮は爪の水分を吸ってしまうので、伸びすぎると爪が乾燥してもろくなってしまいます。甘皮を適切に処理することで、これを防ぐことができるのです。

爪の見た目をよくするため

甘皮が伸びていると爪の面積が狭く見えます。また、ポリッシュやジェルを塗ったときに根元のラインが歪む原因にもなります。

ルースキューティクルがあるとネイルが剥がれやすいため

上でも書きましたが甘皮、特にルースキューティクルは水分を吸収する特徴があります。このルースキューティクルの上にポリッシュやジェルを塗ってしまうと、手が水に濡れたときにふやけて隙間ができ、剥がれやすくなってしまうのです。

私が甘皮の処理の大切さを知ったのは、実はつい最近。

セルフでジェルネイルをやってみたくて、ワンステップジェル(塗って硬化させるだけでOKのジェル)を買ったんですが、甘皮を処理せずに塗ってしまったんです。

そしたら水仕事をしたときに、根元のほうからどんどん剥がれてきてしまって……

2週間はもつと言われていたのに1日ももたず、原因を調べて「甘皮の処理をしていなかったせい」ということに気付いたのでした。

ちなみにちゃんと甘皮の処理をしたら長持ちするようになりました。いやー知らないって恥ずかしい。

甘皮を処理してみよう!その1・ウッドスティックを使う

甘皮の処理の大切さを知ったところで、実践に入りましょう!

まずはウッドスティックにコットンを巻いて、甘皮をこそぎ落とす方法です。

【使うもの】

  • ウッドスティック
  • ほぐしたコットン
  • 石けん水
  • キューティクルリムーバー(甘皮を柔らかくするのに使います)
  • ガーゼ

【やり方】

  1. ウッドスティックにほぐしたコットンを薄く巻く
  2. 爪の根元にキューティクルリムーバーを塗り、石けん水に指先を数分浸す(浸す時間は様子を見ながら加減します)
  3. ふやけた甘皮をウッドスティックでくるくる優しくこそぎ落とす
  4. ガーゼで爪のわきや甘皮の中の汚れをくるくる優しく拭き取る

こちらの動画で実際に処理する様子が紹介されています。

 

甘皮を処理してみよう!その2・お風呂でふやかしてガーゼでこする

「ウッドスティックもキューティクルリムーバーもないよ!」

そんなあなたでも大丈夫!ガーゼやハンカチひとつで甘皮を処理する方法があるんです。

お風呂に入ったとき、指先ってふやけますよね?そのときを狙ってガーゼやハンカチでこする!これだけ!

上で紹介した方法よりは取れないけれど、セルフネイルを楽しむ程度であれば十分なんじゃないかなあと思います。

私もほとんどこの方法です。ガーゼでこするだけでもふやけたルースキューティクルがポロポロ落ちてくるので、結構楽しいですよ。

甘皮の取りすぎにご注意!爪のトラブルの原因にも……

さて、ここで注意して欲しいのが「甘皮の取りすぎ」。

最初に少し説明しましたが、甘皮の本来の役割は爪の根元をバイ菌から守ることです。

全部取り除いてしまったり、痛くなるくらいまでこすったりするとそこからバイ菌が入り、炎症を起こすなどのトラブルが起きてしまいます。

爪の根元がトラブルを起こすと、生えてくる新しい爪がガタガタになってしまうことも……

甘皮は伸びすぎても困るけど、無さすぎるのも困りもの。ほんの少し残すくらいにとどめておきましょうね。

まとめ

  1. 甘皮は爪の根元の薄い皮で、ルースキューティクルはそこから伸びる角質のこと!
  2. 甘皮を処理すると爪が丈夫で美しくなり、ネイルも長持ちする!
  3. ウッドスティックやガーゼを使って甘皮を処理しよう!ただしほんの少し残すべし!

甘皮のことをちゃんと考えないと苦い思いをするハメになるかも。適切に処理して、美しい爪先を保ちましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です