セルフネイルのやり方・ジェルネイルに挑戦しよう!

Self-nail and the way and gel1

セルフネイルといえば、まずはマニキュアから入る人が多いと思いますが、次第にジェルネイルに挑戦してみようと思いませんか?

私がセルフネイルを始めたきっかけは、サロンでジェルネイルをしてもらったことでした。

初めてのジェルネイルは本当にキレイで、一日に何度も自分の爪を見ていました。(笑)

ただ、サロンでしてもらうとキレイだけど高い。

ならば自分でやってみよう! というわけで、今回は、ジェルネイルのやり方をご紹介します。

そもそもジェルネイルと普通のマニキュアの違いって?

 セルフネイルとやり方とジェル2

マニキュアとジェルネイルの違いは、ジェルは見た目がぷっくりしてツヤツヤしていることでしょうか。

作業での大きな違いは、ジェルネイルはLEDライト(もしくはUVライト)が必要なこと。

マニキュアは塗ったそばから固まっていきますが、ジェルネイルはLEDライトを当てないと固まりません。

そのため、マニキュアでは出来ない、凝ったネイルアートやデコレーションが出来るわけです。

また、マニキュアは長くても2、3日ではがれるのに対し、ジェルネイルは2、3週間はもちます。

この剥がれにくさも、ジェルネイルの人気のひとつでしょう。

ジェルネイルのデメリットとしては、爪を痛めやすいこと。

カラーを乗せる際に、爪の表面を削ることと、ジェルを落とす際、初心者はついつい力づくで剥がしてしまったりと、爪を痛めてしまいます。

挑戦する際は、落とすときのことまで考えて行いましょう。

【ジェルネイルのメリット】

見た目がきれいで、凝ったネイルアートやデコレーションが出来る

剥がれにくく、2週間はもつ

塗ってる間は爪が丈夫

【ジェルネイルのデメリット】

専用のライト等、道具が必要

簡単に落とせないので、急なお葬式などが発生した時困る

何度も繰り返すと爪が薄く、ボロボロになる

爪が伸びてくると、掻いた時痛い

ジェルネイル初心者にはスターターキットが便利!

セルフネイルとやり方とジェル3

ジェルネイルをセルフでやりたい場合は、まずは専用の道具が必要になります。

  • LEDライト
  • ジェルネイル(ベース、カラー、トップ三種類)
  • ブラシ(ジェルを塗る筆)
  • ウッドスティック
  • バッファー
  • クレンザー(硬化しきれなかったジェルネイルを拭取る)
  • ネイルファイル
  • リムーバー
  • プッシャー

私は手っ取り早く、通販で購入しました。

検索するとたくさん出てくるのですが、安いものならLEDライトがついて五千円なんてものも。

しかしこのセット売り。『カラージェル●個選べる!』『デコパーツ●個つき!』といった具合に、あれもこれもついてくる。

一見お得なのですが、使わないものも多かったです。(買う時は『捨てりゃいいや』と思うけど、なかなか捨てられないんですよね……)

とはいえ、便利なのは便利なので、初心者さんは、安めのスターターキットから始めるというのもひとつの方法だと思います。

選ぶポイントは、『LEDライトが小型』という点でしょうか。

当時、私が買ったのは、ごつい箱形のLEDライト。これがまあ、置き場所取るし出し入れも面倒。セルフネイルから遠ざかっていく理由って、『めんどくさい』なんですよね……

少しでも『めんどくさい』を取り除くため、ごついライトは手放し、指2本ずつしか入らないけどポケットサイズのものすごく小さいLEDライトに買い替えました。USBに差して使えるので、パソコンしながら硬化可能。

LEDライトは、『出し入れの面倒くささ』のない、コンパクトなものを選ぶことをおすすめします。

ジェルネイルを塗る前に

道具がそろったら、さっそくジェルを塗ろう! ……と言いたいところですが、下準備として、爪の表面を削る必要があります。(『サンディング』と言います)

この工程を入れることで、ジェルの密着性を高め、剥がれにくくします。

ただ、これをすることで爪が薄くなるんですよね……

何事も、やり過ぎは注意です。

ジェルネイルを塗ろう!

爪の表面を削ったら、いよいよジェルネイルを塗ります。塗る前に、爪の水分やホコリは十分落としてください。

塗り方に関しては、普通のネイルカラーを塗るのと同様、ベースジェルを塗り、カラージェルを塗り、トップジェルを塗るだけ。この要所要所に、ライトでの硬化が入ります。

塗っては硬化、塗っては硬化です。

塗ってるそばから乾いていくマニキュアと違って、ジェルネイルはライトを当てるまで固まりません。なので、ゆっくり作業が出来ますが、ブラシで触りすぎると汚くなるので、そこは注意が必要です。

硬化する前に、はみ出たジェルはウッドスティックなどで取り除きます。

セルフネイルとやり方とジェル4

 

トップジェルの硬化が済んだら、表面に残った硬化しきれなかったジェルをクレンザーを染みこませたコットンで拭取ります。

このクレンザーは、ジェルを塗る時に使ったブラシを拭くことにも使います。

セルフネイルとやり方とジェル5

以上が、ジェルネイルをセルフで行う際の基本的な流れです。

LEDライトや専用のジェルが必要だったり、また、オフの際も専用のリムーバーが必要となります。

まずはべた塗りから始め、慣れてきたらグラデーションや、シールやラインストーンをつけたり、色々と挑戦してみてください。

まとめると、

  1. 丈夫で長持ちなジェルネイルにもデメリットがある
  2. ジェルネイルの道具は一式そろったスターターキットが便利
  3. ジェルネイルは厚く塗ると中まで固まらなくなるので薄く塗ること

マニキュアとジェルネイル、どちらが優れているというわけではなく、自分のやりやすいほうを選び、その時の状況に合わせて上手に使い分けると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です