セルフネイルで結婚式を素敵に!最近の花嫁さんの素敵なネイル事情!

セルフネイルと結婚式1

引用元:Instagram

結婚式の花嫁さんのネイルは、さりげなく写真に残るので気になるところ。

一生に一度だから、プロにネイルチップのオーダーをかける人も多いはず。

ブライダル用のネイルチップは私もオーダーしようか迷いましたが、 びっくりするような値段だったので諦めました。 そこで、セルフネイルが趣味である私が「それなら自分でブライダルネイルを やってみよう」とやった事や最近のブライダルネイルも紹介します。

王道はヌード系ネイルに薬指にストーンを入れるテクニック!

セルフネイルと結婚式2

引用元:Instagram

結婚式では、衣装のお色直しのパターンがそれぞれ違いますよね?

和装で挙式の場合なら、後のお色直しのドレスや着物などの

色目も考えておかないと、指だけが目立ってしまいます。 私は、和装でも式は白無垢、披露宴で色打掛に変えて、さらに白の ウェディングドレスに着替えたので、手先はおとなし目のベージュに

しました。 「うーん、もうちょっとなにか欲しいなぁ」ということで、 主人からのリクエストと、さりげない第2の結婚指輪ということで、 薬指にクリスタルのストーンを置くことにしました。

ストーンは指輪を通すことは、グローブをはめることなどを考えて、

控えめに乗せるといいですね。

薄いピンクやホワイトのグラデーションネイルも人気あり!

セルフネイルと結婚式3

引用元:Instagram

ヌード系ネイル1色でストーンを置くという方法もいいのですが、

薄いピンク系でグラデーションネイルをして、ストーンを置くことや、 ホロや入れるというのも素敵!

友達の挙式の際にお願いをされて、衣装の写真を見せてもらいながら、見本を作りましたが、「自分の時にすればよかったなぁ」と後悔したことも。

友人が選んだのは、ごく薄いピンク色のポリッシュで作ったグラデーションネイルにストーンとホロをちりばめたもので、挙式3日前に実際に塗らせて

頂いて、挙式当日はお直し用品を持って出席しました。

「え?お友達がネイルをしてあげてもいいの?」という方もいらっしゃるようですが、費用面の問題や身内にセルフネイルができる人がいると、「幸せのお裾分け」ということで、花嫁さんがセルフネイルの得意な人にお願いするケースは多いと式場の人から聞きました。

セルフで花嫁さんグラデーションネイルをする方法の動画を参考に用意しました。

私も試した!基本のフレンチネイルのアレンジバージョン!

セルフネイルと結婚式4

引用元:Instagram

フレンチネイルもブライダルネイルには非常に人気の高いデザインですね。

フレンチ部分の割合を少なくするか、大きくとるかで、手先の美しさが 変わってきます。 ごく薄いピンク色に白色でフレンチ柄を作ると、自爪のように見えるので、 いいのですが、それだけじゃつまらないですよね?

そこで、薬指の色の変わり目に小さめのストーンを置いてやる、レースのネイルシールを貼るなどのアレンジができます。

私も憧れたのですが、結婚当時はまだまだフレンチネイルがセルフネイルで

できるテクニックは紹介されていなかったので諦めたのですが、 今は簡単にできるグッズや身近なものでできるので、いろいろと楽しめますよ。

さりげない誰にも気づかれないネイルも最近は人気!

セルフネイルと結婚式5

引用元:Instagram

セルフネイルで、全ての指に色をどんどん乗せてストーンなどを乗せるのも 素敵なのですが、中にはとてもシンプルなネイルを好む方やさりげない 演出を楽しまれるかたも多いですね。

いろいろとネイル関係の本を読んでいると、花嫁さんのネイルで 素敵と思ったのが、親指のみにネイルアートをするのだけれど、 カップルの似顔絵や、二人にちなんだアートをセルフネイルでする方が

確実に増えています。 「え?親指にセルフネイルなんてできるの?」とびっくりされる方も

多いでしょう。

簡単なデザインなら、つまようじで十分ですが本格的に描くのなら、

アイシャドゥチップを使う方法などでネイルチップを使って練習しましょうね。

シンプルなにっこり笑顔のデザインを両方の指に描いて、親指を二つ

並べると、「これから夫婦だね」という嬉しさ満載感があって、 披露宴で紹介してもらえると、披露宴自体が盛り上がって楽しい時間になること間違いなしです。

まとめ

  • 王道はヌードベージュ系で薬指にストーンを置く方法!
  • 薄いピンクや白のグラデーションネイルも人気あり!
  • フレンチネイルのアレンジバージョンも人気!
  • 親指だけのセルフでできるネイルアートが密かなブーム

これらが私自身花嫁でやってみたことや最近の流行りになっているデザインです。

私自身、花嫁さんとしてネイルを考えた時に派手にするか地味にするか 本で探したものです。 中には「え?これっていいの?」というデザインもありましたね。 困った時は衣装との兼ね合いがあるので、迷った時は衣装担当の方に相談するのがいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です