セルフネイルで結婚式に出席する人必見!おさえるべき3つのポイント

セルフネイルと結婚式

愛するふたりの新たな門出を祝う結婚式。招待状が届くと、着ていく服やご祝儀などの準備で何かとバタバタしますよね。

服装や作法もそうですが、ネイルにもマナーがあるのをご存知ですか?

ネイルサロンでプロにおまかせすれば安心ですが、セルフネイルで決めたいのであればマナーを踏まえておかないと、せっかくの祝いの席に水を差してしまうかも……

そこで今回はセルフネイルで結婚式に出席するあなたに、失敗しないためのポイントを3つご紹介!しっかり覚えて爪の先までお祝いできるようにしましょうね。

基本は「新郎新婦が主役」!目立ちすぎないデザインを心がけよう

さて、あなたは結婚式に呼ばれたらどんな服を着ていきますか?

男性にも女性にも共通する点として「目立ちすぎないもの」がふさわしいとされていますよね。これはネイルデザインでも同じ。

結婚式の主役は新郎新婦ですから、招かれた側が主役より目立ってしまうのはNGなのです。

この点を踏まえて、どんなデザインがふさわしいのかをいくつか考えてみましょう。

色のチョイスはベージュ・ピンク・クリアがおすすめ

ネイルの色を選ぶときはベージュやピンク、クリアなどの上品で落ち着いた色がおすすめです。

ホワイトについては賛否が分かれ、「ドレスと同じで花嫁さんの色なのでNG」と言われたり「爪は範囲が狭いので、全体でなく一部に使うならOK」と言われたりしているようです。そのため個人的には避けたほうが無難かなあと思います。

デザインはシンプルなものを選び、大ぶりなネイルパーツは避ける

ネイルデザインはワンカラーやフレンチ、クリアベースのグラデーションなどシンプルなものを選びましょう。ストーンやビジューなどは控えめにし、大ぶりなものは使わないようにします。

二次会のみの参加の場合は比較的自由!ただし基本は押さえて

「挙式や披露宴には参加しないけど、二次会からは出席する」という場合、上で説明したよりも制約が緩むようです。服装もかしこまったドレスやお着物から、よりカジュアルになりますし、同じような流れだと考えられます。

ただし、だからといってギラギラケバケバの派手ネイルではNG!

二次会でももちろん主役は新郎新婦で、招待された側はあくまで引き立て役です。主役より目立たない程度の華やかさに抑えておきましょう。

二次会ならOKとされているネイルデザインは、比較的日常生活で好まれているものが多いので、「日常生活で周りからひかれないか」がひとつのボーダーラインじゃないかなあと思います。

剥がせるベースコートやポリッシュ、ネイルチップを使うときは細心の注意を!

普段はネイルが出来ないお仕事をされている方でも、剥がせるベースコートやポリッシュを使えば式の日だけネイルが出来ますよね。

また、ネイルチップをあらかじめ準備しておいて、式の日だけつけていく方もいらっしゃると思います。

ただ、このふたつの場合は式が終わるまで注意することがあります。それは「移動や式の最中に剥がれないようにすること」!

剥がせるタイプのベースコートやポリッシュは水やお湯でふやけてしまうものが多いので、トイレで手を洗ったらどんどん剥がれてきてしまった……なんてことが考えられます。これはネイルチップの両面テープについても同じです。

また、ネイルチップは両面テープやグルー(接着剤)の強度が弱いと、何かに引っかけた際に取れてしまうこともあります。

あとで簡単に剥がすタイプでいくときは、手を洗う代わりに除菌ウェットティッシュを持ち歩いたり、しっかりくっつくものを使いましょう。

ジェルネイルがおうちでできる方は、剥がせるベースジェルやカラージェルが安心です。こちらは水やお湯でふやけませんし、引っかけても剥がれにくいんですよ。

実は私、ネイルチップが式の前に何枚か剥がれてきてしまって、結局全部剥がして出席するハメになったことがあるんです……

原因はネイルチップを両面テープでつけていたのに、うっかり水で手を洗ったこと。

これを読んでいるみなさんは、私みたいな失敗しちゃダメですよー!

まとめ

  1. 基本は「新郎新婦が主役」!シンプルな色選びやネイルデザインを心がけよう
  2. 二次会のみの参加の場合は比較的自由!ただし主役より目立たないよう気をつけるべし
  3. 剥がせるベースコートやポリッシュ、ネイルチップを使うときは途中で剥がれないように細心の注意を!

これで失敗知らず!結婚式楽しんできてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です