セルフネイルで私がやった失敗談

セルフネイルと失敗1

私は小さい頃から手先は割と器用なほうでした。

が、だからといって、セルフネイルも上手に出来ているわけではありません。

ここでは、私がやったセルフネイルの失敗をまとめました。

どちらかというと、ネイルカラーを塗った時より、日頃のケアでやらかしたことが多いです……

失敗その1:洗髪やお風呂の際についつい掻いてしまった……

 セルフネイルと失敗2

私は乾燥肌にアトピー持ち。

特にお風呂の時など、湯船につかっていると、ついつい無意識に体を掻いてしまうことが。

当然ながら、ネイルをしていると、一番剥げやすいのが爪の先。二週間は保つと言われるジェルネイルでさえも、爪の先に力を入れるとその日のうちに剥げたりめくれる結果に。

せっかく時間をかけてセルフネイルを行ったのに、その日のうちに爪先が剥がれるのは悲しいものです……

失敗その2:甘皮こすりすぎて出血した……

甘皮のお手入れは、お風呂の時に手ぬぐいでこすると楽ちんです。

……が。こすりすぎて、甘皮が切れたり、爪のささくれがめくれてついついちぎってしまったりして、かえって爪の根元が汚くなったり……

ふやけた甘皮を押し上げ、じっくり見ると、なんか角質が取れそうだなー、と思って、ついついこすりすぎてしまうんですよね。そしてこすっていると、小さかったささくれがめくれてきたりと悪循環。

そもそも、甘皮のお手入れは月2回ほどで十分。

もういっそのこと、爪を見ないよう、湯船の中でなでるだけにしたほうがいいんじゃないかと思う今日この頃。

そしてささくれが出来ないよう、ハンドクリームを塗る際はちゃんと爪まで塗り込むか、ネイルオイルを使いましょう。(『ハンドクリーム塗り込めばネイルオイルいらないじゃん』と言いつつ、ちゃんと爪まで塗り込んでいませんでした……)

失敗その3:深爪が原因で外科医のお世話に……

セルフネイルと失敗3

『肉芽(にくげ)』というのをご存じでしょうか?

ささくれをむしって、そこにばい菌が入ることで肉がぷっくりふくらむ、地味に痛いアイツです。『肉芽腫(にくがしゅ)』とも言います。

それまでにも、指にたまに出来ることがあったんですが、ある時、足の親指の爪のところに出来たんですね。

原因は、爪の角を丸くしようとして切りすぎる→爪が肉に食い込む→肉芽発生。

これがまあ、なかなか治らないし痛い。やはり足は、体重がかかり、靴とこすれたりして治りにくいようです。むしろ悪化していく……

そんなわけで、通院していた皮膚科の診察の際、ついでに診てもらったわけですが、

皮膚科医「これは外科治療になりますねー。紹介状書きますから、外科に行ってください」

え? そこまで? と思いつつ、言われた通り外科へ行くと、

外科医「爪を剥がして盛り上がった肉をメスで切り取ります」

Σ(´Д`;)

処置内容は、

  1. 足に部分麻酔をかける
  2. 肉芽周辺の爪を切り取る
  3. 肉芽を切り取る
  4. 薬を塗って包帯して終了

……処置自体は、麻酔を打つので痛くはないのですが……注射のほうが痛いです。(足の指に注射を三本ほどぶすーっ、と)

そして塗り薬と飲み薬(化膿止めや痛み止め)を処方され、何度か通院することに。その間、足の親指は包帯でぐるぐる巻きなので、靴はスリッパみたいなものしか履けない。(治療中はクロックス履いてました)

現在はきれいに治りましたが、深爪で外科治療まで行くとは……

こういうこともあるので、ネイルケアの際、特に足の爪は無理に短くしたり、角を丸くしようとしないでください。

足の爪は短くしすぎると、歩くたびに肉に爪が食い込み、巻き爪の原因になります。

ちなみにこの肉芽、民間療法? としてクエン酸を使うと取れるそうで、私も指の肉芽に試したことありますが、めっちゃしみるし痛いです。

これで悪化しても責任取れませんので、肉芽が出来た時は素直にお医者さんに診てもらいましょう。

失敗その4:ジェルネイル剥がすのに半日かかった……

ジェルネイルをしたことがある人ならわかると思いますが、ジェルネイルって、『塗る』より『落とす』時のほうが大変。

私の初のジェルネイルは、プロのネイリストさんにしてもらい、落とす時もプロのネイリストさんにしてもらいました。

プロってすごいですよね。あっという間にジェルをポンポン落として行くんですから。

で、これを自分でしようと思った時、まったく落ちない。

ジェルの表面をやすりで削り、リムーバーをつけたコットン、アルミホイルを巻いて時間を置いたにもかかわらずなかなか落ちない。

悪戦苦闘の末、なんとか落としたものの、爪はボロボロのペラペラ。(リムーバーが悪かったのかやり方が悪かったのか)

……プロのネイリストさんにしてもらうと、お店にもよりますが爪1本につき100円くらい。

高っ! と思っていましたが……時間と爪のことを思うと、妥当な金額だったのかも。

最近は、『剥がせるジェルネイル』というのもありますが、こちらも無理に剥がそうとすると爪を痛めるので注意が必要です。

ジェルネイルに挑戦しようとお考えの方は、落とす時のことまで考えましょう。

そんなこんなで、私のセルフネイル失敗談でした。

あれ? 今でもやっちゃってるような……

まとめると、

  1. 頭や体を掻くと剥がれる原因に。お風呂の際は注意
  2. 甘皮のお手入れはやりすぎない(月2回で十分)
  3. 深爪は注意。特に足の爪は少し長いくらいで
  4. ジェルネイルは落とす時のほうが大変

何事もほどほどに、気楽にやることが、セルフネイルを長く続けるコツだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です