セルフネイルでチップを作りたい!実は手軽に作れちゃうという件

セルフネイルで、素敵なデザインを自分で描いてみたいと思いませんか?

私もセルフネイルにかなりハマった時に「デザインが素敵すぎて、やってみたいけれど、自爪じゃ難しくてできないよね」としょんぼりしていると、

「ネイルチップ」といういいものを発見!

「ネイルチップ」にセルフネイルをすると、おしゃれなネイルアートも思いのままになりますので、私が実際にしてみたネイルチップの基本的でかつ手軽に作る手順を紹介します。

まずネイルチップや必要な道具を用意しましょう!

セルフネイルとチップ2

引用元:Instagram

ネイルチップを作るにはまずネイルチップそのものが必要ですよね。チップ自体は、100均ショップのもので十分大丈夫です。チップやネイルポリッシュと自爪につけるネイルシールもしくはネイルグルー(いわゆる爪専用の接着剤)はもちろん必要ですよね。

「あ、しまった!」と忘れがちなのが、外すときの道具やチップの調整に必要なヤスリ、、、

チップが自爪に合わない時は、ヤスリで削って調整する必要がありますし、チップを外す時に、ぬるま湯でふやかしてから外すのですが、片方の指で無理やり上にめくり上げると、爪が痛んでしまいますからウッドスティックを使ってはずします。

チップをはがすと、自爪がどうしても痛んじゃいますからハンドクリームやキューティクルオイルを買っておくこともお忘れなく。

ここでまとめてみると、

  • 無色透明のネイルチップ(100均のもので十分)
  • 自爪につけるためのネイルシールもしくはネイルグルー
  • 調整や外すのに必要なヤスリやウッドステッィクは必要
  • チップを外すと痛むからハンドクリームやキューティクルオイルも必要

まず最低限ということでこれらは用意しましょう。

あ!一番肝心なもの!チップスタンド!!!

セルフネイルとチップ3

引用元:Instagram

一番肝心なものを紹介するのを忘れてしまいました。
実際に私も用意するのを忘れた品物です。チップスタンドは必須アイテムです!自爪に合うようにヤスリで加工したチップにポリッシュを塗る時には、固定する台が必要です。

そこで活躍するのが、100均で売られている「はがせるフック」のミニサイズ。コルク台などに、フックを貼り付けると、プロが使っているチップスタンドと同じものができます。

フック部分に両面テープでチップを固定するだけで作業できます。

早速ネイルチップを作っていきましょう!

セルフネイルとチップ4

引用元:Instagram

まずネイルチップを土台から外して、自爪に合わせてみてヤスリでサイズ調整。しましょう。

サイズ調整が済めば、チップスタンドにチップをセットして、ポリッシュを塗っていき、ストーンやいろいろとアートを楽しんで描いていきましょう!

ポリッシュの色は一度塗りでは出にくいので、きれいに出てくるまで何回も重ね塗りすることになりますが、ちょっとだけ頑張って!

完成したら、どこかに触れないようなところにおいてしっかり乾燥です。ネイルチップの作り方についての参考動画を用意しましたので、実際に挑戦前にどうぞ!

ネイルチップを外す方法とお手入れってどうすればいいのかしら?

ネイルチップがはがれそうな時や、いろんな事情で外さなければいけない時はいつかきます。
(泣)私も初めてチップをつけた時に外し方に困りました。では、どうやって外せばいいのでしょうか?

ネイルチップを外す時は無理やりはがすと自爪を痛めてしまうので、ぬるま湯でネイルチップと爪をふやかして、ウッドステッィクなどを隙間に入れて、そっと浮き上がらせるようにはがします。

ネイルチップに残ったテープやグルーは、ウッドステッィクに少しコットンを巻きつけて、ゆっくり押し出せばきれいにとれますよ。

丁寧にはがしてあげれば、そのネイルチップは何度でも利用できます。チップを外した自爪は、長期間接着剤と密着していて、空気が吸えない状態でしたから、かなり痛んでいます。

しかも、チップを外すと、爪が「空気が欲しいよぉ」というぐらい真っ白くなっていることも!

外したあとは、しばらくネイルはお休みして、しっかりハンドオイルかキューティクルオイルでしっかり保湿をして自爪をおやすみさせてあげてくださいね。

まとめ

  1. セルフネイルでチップを作る道具類を用意する!
  2. チップスタンドは必ず用意する(100均のもので制作可能)
  3. ネイルチップを作るのは、自爪にネイルアートをするのと同じ!
  4. チップを外す時は自爪を傷めないように!外した後のケアは忘れない!

これらが、セルフネイルでチップを作って楽しむ基本的な手順です。

私もたまにチップを制作してネイルアートに興味のあるお友達や

知り合いの方にプレゼントしますし、一度作ったものを丁寧に手入れしておけば、チップが割れたりしない限りいつまでも楽しめます。ただ、「これ気に入った!」ということで長期間つけ続けるのはよくないので、

ほどほどにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です