セルフネイルでスポンジを使ってみた!!グラデーションネイル

セルフネイルとスポンジ1

濃い色から薄い色への変化を「魅せる」ことができるグラデーションネイル。 これはプロの方にお願いしないと無理と思ってしまいませんか?

実は台所にあるスポンジを使って、セルフネイルでできちゃいます!

私もグラデーションネイルが台所のスポンジで簡単にできると知って、 試してみてびっくりしました。

「本当にセルフネイルでできるの?」とグラデーションネイルに興味のある方に私が実際にやってみた方法を紹介します!

用意するものは台所の食器洗いのスポンジ!

 セルフネイルとスポンジ2

「え?これを使うの?本当?」と思いますよね?

私もやり方を本で知った時は、びっくりしました。

セルフネイルでする「グラデーション柄」は台所には必ずある 食器洗いのスポンジを使って仕上げます。

台所用スポンジでも硬い面を使わずに柔らかい面を使います。 間違えて硬い面でチャレンジしても、グラデーションになりません。

「じゃあ、お化粧品用のスポンジでも大丈夫じゃない?」と思いますよね?

私も一度このように考えて試してみました。 すると、ファンデーション用のスポンジでは種類によってはポリッシュを

吸ってしまうし、キメが細かすぎて柄がでないとわかりました。

と言うわけで、台所用のスポンジのソフト面を使っていきます。

スポンジは100均で売られている台所用スポンジで十分いけます!

使うポリッシュはビギナーさんなら同色系から挑戦

セルフネイルとスポンジ3

「早速やりたいけれど、どういう色の組み合わせがいいの?」と 心配になりますよね?

セルフネイルで単色塗りは慣れているけれど、グラデーションネイルと なるとどういう色目を使えばいいか悩むところです。

初めてグラデーション柄にチャレンジするなら、同色系で挑戦すると

いいですよ。

例えばピンク色でグラデーション柄を出したい場合なら、

濃厚ピンク色+標準的な色目のピンク+かなり薄いピンク

と3色程度を使うときれいに仕上がります。

または異なる色同士を選んでもいいですし、ラメ系1色を足すのも素敵です! 色に迷ったときは、同色系が無難ですね。

セルフでする基本的なグラデーションネイルの方法!

台所用スポンジを使った、セルフネイルでするグラデーション柄。 まずは1本だけお試しということでチャレンジしてみましょう。 スポンジを自爪のサイズにカットします。

スポンジのソフト面を使ってグラデーションを作っていきましょう!

ベースコートを塗って、完全に乾燥してからスタートです。 スポンジに、自爪に上から順番グラデーションを出していきたい色を

しっかり塗っていきます。

スポンジのポリッシュが乾かないうちに、「ポンポン」と軽く自爪にスタンプしていきましょう。

慣れないうちはきれいに色がつきにくいので、再度同じ色のポリッシュを

スポンジに塗ってポンポンとスタンプしていきます。

「わかりにくいよー」という方はこちらを参考にしてチャレンジしてください。

動画では縦グラデーションを紹介していますが、初めは横から挑戦!

「試したけれど、一気にでてこない」と心配な方!

こちらの方法でも大丈夫です。

一色ずつポンポンとグラデーションを作りましょう!

「一気にポンポンとしたけれど、綺麗に出なかった!」という方!

私も本などで紹介されている一般的な方法を試しましたができませんでした。

3色同時にはきれいなグラデーションが出にくかったという理由です。 「とほほほ」と諦めて、ちょっとごまかすために、上からゴールドラメの

ポリッシュをスタンプした時に気づいた方法です。

もし3色使うのであれば、3色分のカットしたスポンジを用意しておくという方法です。「ちょっと大変かなぁ」と思われるかもしれませんが、初めての方ならこちらの方法が楽かもしれません。

まずベースコートを塗って完全に乾燥させるところまでは同じ。

さてここからです。

ベースにしたい色のポリッシュを塗って、スポンジでポンポンと軽くスタンピングしましょう。

ベース色が乾かないうちにスポンジでポンポンと軽くスタンプピングをしていきます。

2色目以降は、爪にポリッシュを塗ってはスポンジでスタンピング繰り返します。

1つのスポンジでも大丈夫なのですが、念のため、使う色数分のスポンジを

用意しておくといいですね。

まとめ

  1. 用意するのは台所用のスポンジ!ソフト面を使う
  2. 初めてチャレンジならポリッシュ選びは同色系で
  3. 初めて挑戦するときは基本方法をまず試す
  4. 難しい場合は1色ずつスタンプする方法にトライ

私個人としては、基本の方法でまず試すことをおすすめします!

グラデーションがきれいに出てくると、出かけるシーンでラメ系のポリッシュも重ねるとゴージャスでより素敵になります。

ラメ系を重ねるのはいいのですが、やりすぎには注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です