セルフネイルが剥がれる原因と対処法

セルフネイルと剥がれる1

セルフネイルをしていて、すぐ剥がれることに困ったことはありませんか?

塗る前にしっかり油分や水分は取ったし、ジェルネイルの時もサンディングはちゃんとしてる……でも剥がれる。

私の場合、お風呂から上がると剥がれているのがほとんどでした。

お風呂で体を掻いてしまう……

セルフネイルと剥がれる2

私は乾燥肌の上アトピー持ち。

お風呂で体が温まると、どうしてもかゆくなってしまうんですよね。

シャンプーも指の腹で洗うよう気を使ってるつもりなんですが……剥がれる。

ジェルネイルにせよマニキュアにせよ、お風呂が一番剥がれやすい。

特にジェルネイルは、剥がれてしまう時に爪の表面も一緒に剥がれてしまい、薄くなる原因に。

せっかく時間をかけてセルフネイルしたのに、こうもすぐ剥がれていたのでは気持ちも萎えますね。

だんだん面倒になって、次第に、セルフネイルもしなくなっちゃいました。(お出かけの時にする程度)

ネイルカラーを剥がれにくくする方法って?

私の場合は剥がれる原因がわかっていたので、日持ちさせること自体あきらめましたが、そうじゃない人は、一度、ネイルカラーや作業工程を見直してみる必要があると思います。

【ネイルカラーを変える】

口コミを参考に、剥がれにくいと評判のネイルカラーに変更してみてください。

一般的に言われているのが、『ラメネイルは剥がれにくい』ということ。

実際、ネイルオフする時も、ラメはなかなか落ちません。

【ネイルカラーを塗る前の下準備】

剥がれる原因として、ネイルカラーを塗る前の爪に、油分や水分、ホコリがついていたという可能性があります。

しっかり石けんで手を洗い、爪の油分や水分を落とします。

爪の表面がデコボコしていると剥がれやすくなるので表面を磨き、ブラシでしっかりホコリを落としてからネイルカラーを塗りましょう。

【ネイルカラーは薄く塗る】

二度塗りが面倒だからと、厚塗りしていませんか?

厚塗りになると、乾くのが遅くなるだけでなく、剥がれやすくなる原因にもなります。

面倒でも薄く塗り、乾いてから二度塗りしてください。

【ネイルカラーがドロドロになっている】

古いネイルカラーなど、液の粘度が増していませんか?

粘度の増したネイルカラーは伸びも悪く、厚塗りになってしまいます。

専用の薄め液で薄めるか、新しいものに買い換えることをオススメします。

【そもそも爪が薄く、弱っている】

短期間でセルフネイルを繰り返したり、ジェルネイルを無理矢理オフして、爪が薄くなっていませんか?

爪が薄く、柔らかくなってしまうと、それだけでネイルカラーが剥がれやすくなってしまいます。ジェルネイルは特にです。

こうなってしまった時は、しばらくセルフネイル自体をお休みして、ネイルオイルやハンドクリームでケアしましょう。

剥がれたネイルカラーをリペアするには?

セルフネイルと剥がれる3

ネイルカラーが少し剥げたくらいなら、剥げた部分だけネイルカラーを塗ってリペアする方法があります。

境目が気になるなら、その上にさらにラメを塗れば、目立たなくなるのでおすすめです。

ジェルネイルの場合は、剥がれたジェルをニッパーで切り取り、やすりがけして表面をならし、それからジェルを塗ってください。

いっそ、1日しかもたないネイルカラーにしてみる

さて、体を掻くことでネイルが剥がれ、セルフから遠ざかった私ですが、現在は一日でめくれる『胡粉(ごふん)ネイル』をしています。

この『胡粉ネイル』というのはホタテの貝殻を使ったネイルカラーで、爪に優しいのですが、お風呂で体洗ったり髪洗ったりするともうめくれてるんです。

この胡粉ネイルのなにがいいって、

  • ベースコートもトップコートも不要(一応トップコートは売られていますがなくてもOK)
  • お風呂で頭洗ったらすでにめくれているので、やさしくなでればオフ完了
  • 除光液でなくアルコールで落とせる(なので爪へのダメージが少ない)
  • 塗ったら即乾くので、風呂上がりに、ちょいちょいと塗ればもう完了

この気軽さが気に入って、現在はこのネイルだけ使用しています。

私のように何をやっても剥がれるという人は、開き直って毎日セルフネイルするというのも手だと思います。

以上が、ネイルが剥がれる原因と対処法でした。

まとめると、

  1. ネイルカラーが一番剥がれるのはお風呂の時。体を掻いたりしないよう注意!
  2. 下準備は大丈夫?油分やホコリはしっかり取り除こう
  3. 古くて粘度が増したネイルカラーは厚塗りの原因に
  4. 爪の状態が悪いことも剥がれる原因に。時にはお休みも大事

セルフネイルした爪を長持ちさせるには、剥がれないよう下準備をしっかりし、時にネイルカラーの変更も検討してください。

また、どうやっても剥がれる場合は、セルフネイル自体をお休みして、爪のケアに専念しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です