シミと似ていても違うくすみの悩み!簡単に出来るケア4選

肌のくすみ

これってシミかなって思うものが出来た時、何となく顔全体にももっと気になるものがあったりするよね。それがくすみだったんだけど、シミとくすみの違いっていまいち解らないんだよね。体感的にはシミは老けて見えるだけだけど、くすみは老け顔プラス不健康に見えたり、暗く見えたりすることぐらいかな。今回はくすみを余すところなく調べ上げてみたよ。

シミの原因と似ているくすみのタイプ

くすみとひとくくりに言ってもいくつかあって、そこにシミと原因が似ているものがあるから、シミが出来ると必然的にくすみが気になるkみたい。

つまり、シミの原因になぞらえて言えば、メラニン色素が沈着してしまって肌が黒く見えてしまうのがくすみだね。

肌からダメージを集中的に受けた部分にメラニンがたくさん出てしまう場所がシミ、広範囲に受けた部分がくすみだから顔全体に影響が出るんだね。

だからシミと原因が似ているくすみの場合、ケアの方法もシミと同じなんだ。

紫外線対策と、ターンオーバーを整えることと、乾燥から肌を守ること!

くすむ紫外線対策

紫外線対策をしなければお肌トラブルになるのはわかるけれど、だからと言ってSPF数値の高い日焼け止めを毎日使っていると、それが肌の負担となってくすみやすくなってしまうから要注意。

日焼け止めを使うことによって乾燥しやすくなってしまうものもあるから成分はちゃんとチェックしてみてね。

最近は保湿しながら紫外線カット出来るものがあるから、慎重に選びながら自分に肌に合うものを探してみて。

血行不良タイプ

貧血になってしまうと顔が青白くなってしまったりするよね。そこまでは行かなくても、血行が良くないと顔が青くくすんでしまうから、顔がくすんでしまうと不健康に見えてしまうのはある意味体のSOSなのかもしれないね。

顔の血行が悪い、ということではなくて、体全体の血行が悪いからいろんな面から見直して行かないとダメ。

ただし、即効性があるのはやっぱり顔の血行を良くすること!

顔の体操を、肌を引っ張りすぎないようにするといいよ。顔の体操といってもなんでも大丈夫。例えば発声練習のような顔の動きでも大丈夫だし、口の中に空気を入れて左右に動かしたり、顔の筋肉を動かして、意識して血を巡らせようとすることが大事。そしてやりすぎないようにも注意してね。

持続性ももちろん大事で、それにはやっぱり運動だね。ジムに行くのもストレス発散になっていいかもしれないけど、軽いウォーキングで十分だよ。今まで自転車やバスを使っていたものを歩いてみる。階段使っていたものを使わないでみる。全く外出することがなければ1日30分の散歩をしてみる。

散歩も音楽を聴きながらだったり、写真を撮ったりしながらすると結構楽しくて続くからやってみて。

体質改善もやろう!入浴するだけで大丈夫。1日の疲れをお風呂で流すだけで、血行も良くなるし、血行も良くなれば新陳代謝も良くなって疲労回復も早くなって本当いいことづくめだからちょっと時間作ってやってみて。

体の内側からのタイプ

黄色くくすむタイプはちょっと危機感を持った方がいいかも。

というのも、黄色いくすみの原因はAGEs(終末糖化産物)という成分が原因で、これは肌の老化だけじゃなくて脳の老化にも影響があるぐらい強い毒が体に溜まったからなの。

ある程度は体でも分解されるけれど、それでも摂りすぎると蓄積されてしまって、症状の1つとして現れるのがくすみ。本当ならくすみなんて可愛いのかも。

食事としてどんなものに含まれているかというと、タンパク質と糖分が加熱されたもの。

糖分を摂りすぎてしまうと、余った糖分と体の中の組織のタンパク質が体の熱でくっついてしまうと、このAGEsという成分が作られてしまうの。

でも糖分を摂りすぎない、はわかりやすいけど、「タンパク質と糖分が加熱されたもの」ってどれがどの栄養素だとか考えるのって難しいよね。

だからここは「加熱」というのに注目して、「揚げない・焼かない・レンジでチンしない」に絞るとわかりやすくて絶対できるよ。

「煮る・蒸す」を最優先!といったら食べられるものが限られるし、付き合いもあるからこれはこれで難しいかな。

  • サラダを先に食べる。
  • 汁物を先に飲む。

をすると、少しお腹に満腹感が出て、必然的に揚げ物や炒め物も食べる量が減るから大丈夫。

ご飯にも糖質が入っているから少なめにする、とかの工夫もいいね。食べちゃダメ!という訳じゃなくて、ご飯の食べ方で糖質との上手な付き合い方をして行く感じだから無理なく出来るよ。

清涼飲料水は糖質0を選んでね。化学調味料がたっぷりでも、体的には糖質0の方が健康的!どうしても普段飲んでいるものが飲みたい、という時は、ご褒美として昼間に1本だけ飲んでね。

ただし、人の1日の理想摂取糖質量は10gなのに対して清涼飲料水は1本で20gなの。だから、本当に、本当にご褒美にしてね。

今日から透明感UP!メイクでカバー

くすみによって肌にムラがあるなら、自分のくすみの悩みに合わせた補色のベースメイクを使うと透明感がぐんと出るよ。普段使っているファンデーションがあれば同じメーカーのものの方が相性がいいかも。でも思い切って別のものを試してみるといいかもしんない。

私はその日によって悩みが違うからパレット形式のものを選んだんだけど、結構お金かかっちゃったから今後は違うものを選んでみるつもり。

そもそもそんなにファンデーションをあまり塗らない、とかの薄化粧派なら、ハイライトしたい部分、シャドーライト、クマが気になる場所はその補う色のチークで塗ってからぼかしてみて。その上から普段のメイクをしてみると一気に変わるかも。

それでも肌に負担がかかってしまったら、顔全体が気になってしまっていても、特に気になる部分にだけコンシーラーで補って、あとは根気よくターンオーバーを整えて肌自体の透明感を上げるのを待ってみて。

自分の肌の体質に合わせた化粧の仕方で、出来る限りの透明感を、メイクで楽しく上げてみちゃおう!

まとめ

  •  シミと原因が似ているくすみの場合はケアも同じ。紫外線対策、スキンケアなど基本を大事に。
  • 紫外線対策の日焼け止めは保湿成分や自分の肌に合うものを。
  • 血行不良のくすみは体全体の血行を良くする必要あり!即効性のある顔体操も効果抜群。
  • 黄色いくすみは毒性のある成分が原因。食生活の見直しが必須。糖分の摂りすぎも要注意。
  • 自分の悩みのくすみのタイプが解ったらメイクで透明感を引き出す!

くすみの原因は全部当てはまっていたのはちょっと怖かったな。シミとくすみの違いがいまいち解らなかったのはシミと同じ原因で出来たものがあるのに、くすみだけすごく色濃く出てからだったのがすごく意外。

くすみはまだメイクでも透明感を出せる肌トラブルというのが少しありがたかったかな。メイクで楽しみながらケアをして、メイクしなくても透明感のある肌になろうと頑張り中!

くすみの原因はかなり身近にあるものだから気をつけて、でもケアは楽しみながらやってみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です