クリームのつけすぎは禁物?乾燥肌、かゆみ肌を改善する3つの方法!

乾燥肌とかゆみとクリーム1

私は17歳の時から今までずっと乾燥肌に悩まされてきました。

もともと、アトピー肌ということもあり、一年中、季節問わずカサカサしています。

肌に自信がないと仕事にまで影響してきて、大変ストレスを感じて、困りますよね?

私の周りの人も、同じ悩みで悩んでいる方がたくさんいました。

しかし、みな自分にあった対処法を実践しているようなので聞いてみることにしました。

原因は保湿のしすぎだった?

乾燥肌とかゆみとクリーム2

まず友達のA子さんに伺った話です。

彼女が言っていて印象に残ったのは、「保湿しすぎると肌バカになるよ」と言われたことです。

どういう意味なのかを聞いてみると、肌というのはもともと何もつけなくても自分で保湿をできるようにできているということでした。

皮脂というものですね。

それを人間が進化の過程で、化粧品を手に入れて、塗らなきゃダ肌にダメになるという洗脳をされてしまい、肌が自分で脂を出すことをやめてしまい、塗らないと乾燥するという人が増えたというのです。

なんとも皮肉なものですね。

そのことを知ったA子さんは保湿剤の使用頻度を下げていきました。

毎日朝だけ塗る。

次は乾燥した時だけ塗るという具合に。

そうしたら、本来持っていたA子さんの肌が潤ってきたというのです。

ということなのでもし乾燥肌が気になって保湿をしすぎていると思う方は、少し頻度を下げてみるいいですよ。

いきなり脱保湿をすると、肌に悪いので、少しずつやってみてください。

そして、その話を聞いた時にふと思ったことがありました。

「過保護に育てるとろくな子供にならない」という言葉がありますが、それは肌にも言えることなのだなということを。

汗をかこう

乾燥肌とかゆみとクリーム3

次はB男さんの話です。

彼は運動が嫌いで、大人になってもろくに運動をしなかった人でした。

運動をすれば、汗をかき、肌の新陳代謝を促すので、乾燥肌にいいと言われても運動はしなかったのです。

そんな彼が試したのはサウナに入ることでした。

家の近くに健康ランドがあり、すぐ歩いて行ける距離にありました。

運動嫌いの彼にはぴったりの立地です。

そして、週1回ほどで通い続けているうちに彼の肌に脂が戻ってきたというのです。

汗には老廃物と一緒に皮脂も流れ出てきます。

天然のクリームです。

そのクリームが彼の肌を改善させてくれたのです。

その方法がよっぽど彼に合ったのか今でもサウナに通い続けています。

安く、楽して肌を綺麗にしていく、こんないいことってないですよね?

何もやらなくても乾燥肌治したいと言っている、そこのあなた!

サウナに入りましょう。

かゆみ肌には「手抜き」が必要

乾燥肌とかゆみとクリ-ム4

最後にご紹介するは私と同じアトピー肌で悩んでいたC男さんです。

彼は大人になってからアトピーを発症し、一番乾燥がひどい場所が首と顔でした。

かゆみがひどく、いつも顔をマスクで隠し、外出をしていました。

彼は真面目でした。

それゆえになんでも手を抜かずに取り組んでしまうような人でした。

なので彼は、インターネットで調べた情報、医者に言われたことすべてを完璧にこなそうとしました。

しかし、結果がついてこない。

彼は人生に絶望していました。

そしてある時彼は保湿をすること、有酸素運動をすること、アトピーに良いということをすべてやめることにしました。

投げやりになったのです。

しかし二週間ほど経った時、彼に変化が訪れました。

少しかゆみが治まってきたというのです。

さらに二週間後、彼のかゆみはマックスだった時の半分になっていたのです。

彼は頑張りすぎていたのです。

しなければならないという感情が彼のかゆみを促進していたのです。

それから彼は少し気持ちに余裕を持とうと決めたと言っていました。

無理な時は無理せずに休み、少し手抜きをするようになったのです。

今彼は、あの時の面影がないほど綺麗な肌になりました。

ランニングもそうですけど、毎日やりすぎていたら身体壊しますよね?

肌も同じなのですね。

「程よく手抜きをすること」は精神衛生を清潔に保てるのだなと感じました。

実践してみました

乾燥肌とかゆみとクリーム5

彼らの話を聞いて実際に私が実践してみました。

まず保湿の量を減らす。

これはかなり効きました。

それまで毎日欠かさずに、保湿をしていたので少し怖かったですが、

二週間もすると、肌が少し強くなってきたのがわかりました。

驚きでした、そしてウキウキでした!

久しぶりの感触、最高です。

私も保湿しすぎで、乾燥していたのかもしれませんね。

続いて、サウナです。

こちらはダメでした。

その人の肌の調子によるみたいです。

私はB男さんより乾燥していたので、少し悪化してしまいました。

入ったが100度を超える、高温サウナだったからかもしれません。

振り返ってみると、「暑くて、痛かったなー」という思い出がありました。

かゆみがひどい人、弱っている人には適さないかもしれませんので入る前にサウナの温度が高すぎないこと、自分の肌の調子を確認して入るようにしましょう。

最後の休養をとる、というものですがかなり良かったです。

私も手を抜かずにやってしまっていたので、この方法を試すと笑顔が増えたように思います。

それと同時に肌も落ち着きを取り戻してきました。

まとめ

  1. やりすぎ保湿はNG
  2. 運動嫌いはサウナで汗をかこう
  3. 頑張りすぎないこと

自分のできそうなことからやってみてください。

当然個人差はありますが、参考になる方法はあると思いますのでぜひ試してみてください!

レッツ脱保湿!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です