まずは相手を好きになろう!異性に対する苦手意識を無くす方法(1/5)

 

 

まずは相手を好きになろう!異性に対する苦手意識を無くす方法(1/5)

 

 

性別問わず、異性との付き合い方、接し方に悩んだり困ったりすることってありますよね?異性とも同性と同じように話せたらもっと人生が楽しくなります。
苦手意識を捨てて異性と話したり、接したりできるようになる方法を見てみましょう。

 

・異性が苦手

まずは前提として緊張したり、遠慮したり、苦手意識があるとします。その理由はなんでしょう?
異性と話す機会がなかったから?異性に対してトラウマがあるから?それ以前に知らない人と話すのが苦手?
理由は様々あるでしょう。しかし、相手にとってそれらは全く関係のないことです。あなた自身が苦手と感じて、コミュニケーションする前からハードルを高くしているだけなんですね。
逆に言えば、普通に自然体で話すことが出来れば、あなたが異性に緊張することや遠慮したり、苦手意識があることなんて相手は思いませし、知らないままです。

 

・身近にいる異性/同性

 

異性とのコミュニケーションは慣れていないから無理!と考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、特別な事情や環境でない限りは異性は必ず家族にいるはず。そう、両親ですね。
お父さんやお母さんは一番身近な異性であり同性です。家族にも遠慮する方もいらっしゃるとは思いますが、それでも赤の他人よりはコミュニケーションを取ることは可能でしょう。
ここで家族にはコミュニケーション出来て、他人とは出来ない理由を考えてみます。答えとしては「相手を知らない」ことや「信頼していない」からではないでしょうか。
大切なのは相手も同じ気持ちだということ。あなたのことを知りませんし、知らないからこそ信頼のしようがないのです。

 

・まずは相手を好きになる

 

コミュニケーションをすることでお互いを知る。そして少しずつ信頼する。それが人間関係を作る上での基本となります。
そこにひとつプラスしてみましょう。深く理由は考えずに相手のことを好きだと思うことです。
大切なのは「深く考えずに相手のことを好きだと思う」の部分です。
初めて他人とコミュニケーションを取る時に人は必ず相手のことを観察します。どういうひと?自分に対してどんな態度?言動?この人は自分に何を求めている?これらはごくごく普通のことです。相手との距離や人間関係がどうなるのかをふわふわとした気持ちで考えるのです。
そのタイミングこそ相手と一番近づける時だということを知りましょう。ファーストインパクトというイメージで最初を大事にする。最初から好きでいる。もちろん、その後も好きで居られることが一番良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です