たるみ対策で女の美しさが手に入る?!肌のたるみを徹底解剖

お肌のたるみ

なんだか朝はそんなに気にならなくても、退勤時間ぐらいになると妙に「たるみ」が気になってしまう。

疲れたから余計にそう見えるのかもしれないけど、朝と顔が違うとか嫌だよね!

アフターファイブを楽しむためにも、夕方のたるみを撃退!そしてたるみ自体も撃退出来るように研究してみたよ。

肌の弾力を取り戻すに必要な繊維

ピチピチの10代ってよく言うけれど、実は本当に10代までは自力でみずみずしいハリのある肌を作れているんだよね。

10代の皮膚の内部では細胞分裂がちゃんと必要なだけ出来ていて、新陳代謝を繰り返していくから肌の柔軟性と弾力性がキープ出来ているんだよ。

でも、もう20乗った頃から段々衰えていくんだよね。

たるみは真皮を支えるコラーゲン繊維とエラスチン繊維が緩むと肌がたるんでしまうの。

割合で言えばコラーゲンは70%でエラスチンは2%しかないから、どうしてもコラーゲンに注目されがちなんだよね。

確かに肌のハリを保つ繊維はコラーゲンなんだけど、そのコラーゲンの繊維を束ねているのがエラスチンだからすっごい重要繊維だよ

更にコラーゲンとエラスチンの隙間をヒアルロン酸が支えてくれているの。

はた織り機をエラスチンで例えるなら、縦の糸はコラーゲン、横の糸はヒアルロン酸、そうしてハリのある肌が出来上がり。

どこか1つでも不具合が出てしまうと、たるんだ肌になってしまうというから恐ろしいよね。

たるみの原因は日常から

・年齢も原因なんだけど、もっと大敵なのは紫外線。肌の中の繊維を守るために紫外線対策はきっちりやらないとダメだね!

・乾燥も肌の新陳代謝を乱れさせてしまうから、たるみも保湿が大事!

・顔の筋肉は皮膚に直接ついているから、筋肉がないとたるんでしまうんだよ。筋肉が顔に直接ついているということは、顔でのいろんな表情を作る際に使うもので、40種類の筋肉があるから細かな動きが出来るの。使わなさすぎ、もしくは繊維が切れるほど大きくやりすぎてしまうと、たるんでしまうから要注意!

・コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を体内で作り出す為の栄養が取れてないと、作れないから、栄養不足もかなり大きい原因だから要改善だね。

すぐに対策出来るのは保湿と紫外線、これは毎日のケアがものを言うから頑張ろうね。

美脚で夕方のむくみ知らずに!

夕方になってなんでたるむか、というと、このコラーゲンとエラスチンが減少したり、運動不足が影響すると体内に水分が溜まって、それで顔がむくんでしまうの。

だから保湿や紫外線対策みたいに、顔に直接アプローチは出来ないっていうことだね。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて、ふくらはぎのポンプ機能が果たされていないと、下に溜まっている水が上に行かないで、外に出ずに溜まってしまうの。

これがむくみの原因となるから、ふくらはぎを鍛えれば大丈夫。

一番わかりやすいのはスクワットかな。筋肉をつけたい場合は、「もう無理」という感覚を1回だけでも筋肉に味わせないと意味がないから要注意。

負担の少ない筋トレは、筋肉に「今のままの筋肉量で大丈夫だ」と思わせてしまって、中々効果的な結果は得られないから、1回だけ限界を感じさせると良いよ。

スクワットも単にやればいいっていうものじゃなくて、正しくやると効果が違うから、下の動画を参考にしてみてね。

気持ちよくふくらはぎを癒したい場合は、まず足裏からのケアで血行を良くすることがポイント。

そして、ふくらはぎを優しく下から上に撫でて、膝裏のリンパ節を優しく圧してあげると気持ちいいし、老廃物も出やすくなるから、一日の終わりにはオススメかも。 

デキる女はたるまない

顔の筋肉の質をあげれば、たるみが改善されるんだけれど、あまり口を大きく開けすぎるとシワの原因になって、繊維が切れてしまうとたるんでしまうの。だから顔の筋肉を鍛える時はがむしゃらにやっちゃダメ。

日本人の発音ってあんまり口を動かさないんだけど、英語とかはかなり顔の筋肉を使って話すから、英語の発音練習をすると、実はたるみ対策になるんだよ!

これを機に英語を喋れるようになったら一石二鳥だけど、顔の筋肉を使う、という目的だから英語が出来なくても大丈夫。

最初はアルファベットだけでもいいからネイティブの人の真似をしてみると、普段使わない筋肉を自然と使えるからオススメ。

段々と出来るようになって、単語をつなぎ合わせるように話せると、今度は首の筋肉も使っていて、これがまたたるみ対策になるからオススメだよ。

好きな音楽があったら、1曲だけでもいいから歌えるように練習すると楽しみながらたるみ対策が出来るし、外国の言語に親しみを覚えて、これは良いことだらけだから試してみて欲しいな。

食生活改善

コラーゲンはタンパク質から、エラスチンはビタミンAとビタミンK、ヒアルロン酸を含んだ食材と摂ると、体の中で合成されるから、食事から摂ることがオススメだよ。

この3つは鶏や豚、軟骨に含まれているんだけど、美容に良い食べ物と一緒に調理すると効果が更に上がるよ。

例えばかぼちゃのβ−カロテンは体内でビタミンAに変わるし、皮膚を守ってくれて、肌や髪の毛も健康に保ってくれるから一気に若返るようなすごい野菜もあったりするよ。

手羽先とかぼちゃの煮物なんかは美容にもいいし、美味しいし、もう最高だよね。

野菜の王様のモロヘイヤは少し独特な粘りがあって苦手な人もいるかもしれないけど、スープにしたりするとそんなに気にならないし、スープの中に骨つきの鶏肉とか入れたら最高の美容スープに変身するよ。

料理も一気に楽しくなってくるから、栄養分を調べながら作ってみてね。

まとめ

  • 肌の弾力を取り戻すにはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が必要だよ!
  • たるみの原因は紫外線、乾燥だけじゃなくて筋肉の質や食事にもアリ!
  • スクワットでふくらはぎを鍛えればむくみ改善!夕方のむくみも解消!
  • 英語の発音練習は丁度いい顔の筋肉トレーニング!
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を食事から摂って肌美人に!

たるみがあるのと無いのとだと、まず第一印象が違うよね。紫外線や保湿は普段やっているスキンケアでも、全然違うところが原因だったりするから意識しないとたるみは改善されないのが難しいんだよね。

でも、結構たるみ対策はやってて楽しくて、見た目も綺麗になるから「お風呂上がりのついでに」みたいなノリでやると続いたよ!

たるみで悩んでたらやってみてね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です