そのやり方間違ってない!?日焼け後の正しいアフターケア

サングラス

海水浴に行った夜や、少し長く外にいた日、火照って赤くなっていませんか?

日焼けした後のアフターケアは美白やみずみずしい肌を保つためには必須です。

放っておくとシミやシワ、そしてたるみの原因になる日焼け。

美白指向の人には、一年中ついて回る日焼けとケアの問題。

面倒くさがりな私を含めた皆さん!少しだけ頑張って、ダメージ知らずの肌を手にいれませんか?

うっかりして、日焼け対策を忘れてしまった日。

また、気を付けていたけれど、日差しが強すぎて防ぎきれなかった日。

ああ、日焼けしてしまった…と落ち込まないでください。

その後の正しいケアによって、美白を保ち、シミができるのを防いでくれます。

どっちの日焼けが多い?サンタンとサンバーン

日焼けにも種類があるのをご存知ですか?

サンバーンにサンタン、まるでサタンのようなおどろおどろしい言葉です。

サンバーンは海水浴やハイキングなどに行った後、日焼けから肌が真っ赤になってしまう現象です。

これは肌が炎症を起こしている状態で、ヤケドと同じなのです。

サンバーンになってしまった場合は、すぐに冷やして炎症を鎮めてください。

また、水膨れができたり痛かったりしたら、病院に行くことも必要ですよ。

一方、サンタンは日焼けした後、肌が黒くなる現象です。

こちらは痛みがなく、軽いので放っておきがちですが、ケアを怠るとシミの原因になることも。

けれど、このサンタン、なかなか見つけるのが難しいんですよね。

毎日見ていても気が付かなくて、夏の終わり頃に急に日焼けしたかも!?って焦ったり。

サンバーンとサンタンの対処法と日焼け対策

まずは冷やして!

もし、水膨れとまではいかないけれど、肌が火照って赤くなってしまったら。

化粧水をつける前に、ちょっと待って!

赤くなっているのは、サンバーンタイプの日焼けで、肌がヤケドしている状態でしたね。

実は私も以前、日焼けした後で顔パックをしたところ、あまりの痛みで慌てて顔を洗い直したことがありす。

いつも使っているパックだったので、ビックリしたのと、ピリピリとした痛みで涙がでそうでした。

化粧水の成分が強すぎて、炎症が悪化したのです。

少し冷やしてから、低刺激の化粧水を塗って恐る恐る経過を待ちました。

すぐに低刺激の化粧水がない場合は、ワセリンを試してみてください。

保湿を忘れずに

そして、赤みが引ききって沈静化したと思ったら、化粧水の出番です!

たっぷりと保湿しましょう。

また、サンタンの場合も化粧水をたっぷりと付けて、保湿することを忘れないで。

サンバーンの時も、一度皮膚を冷やすというワンクッションを置きますが、化粧水は必要です。

一度赤みが引いたお肌は日焼けによって乾燥状態です。

たっぷりと化粧水を含ませて、クリームなどでうるおいを閉じ込めて。

また、お肌の保湿だけではなく、水分補給をしましょう。

日焼け後は、自分で感じているよりもずっと体の水分が減っています。

普段より疲れてしまったり、だるかったりしませんか?

それは脱水症状になっているからなんです。

日焼けした日は、お酒やカフェインを抑えて、たっぷりと水を飲みましょう。

内面からのケアで、もう安心!

日焼けは内側からもケアできます。

よく聞くのは、ビタミンCを多く含む食べ物を取ること。

また、新陳代謝を促すビタミンA・Eも取りましょう。

特に、ビタミンCはその後のメラニンの蓄積を抑えてくれます。

また、ベストのタイミングは日焼け前です。

ビタミンCが活性酵素の動きを抑え、日焼け後に備えてくれます。

しかし注意したいのは、柑橘系果物を日焼け前に食べてしまうと、問題が。

オレンジなどに含まれるソラレンという物質は、紫外線を吸収しやくします。

だいたい食べた後2時間くらいは、日焼けを避けましょう。

ですから、朝から柑橘系果物を取り入れるのはあまりおすすめできません。

私のおすすめは、やはり夜にビタミンCを取ることです。

そしてジャガイモなど主食系の野菜を取り入れることで、かなりビタミンCを取ることができるし、ソラレンに脅えることなく摂取できます。

まとめ

いかがでしたか?

日焼け後のアフターケアをしっかりとして、日焼けという傷を早く治療しましょう。

ちょっとしたことで、お肌のリスクがグッと減るはずです。

  • 赤みがあったら冷たいタオルや氷水で冷やす
  • 炎症が静まったら皮膚にたっぷりと水分補給を!
  • 日焼け後にビタミンCをとって内側からケアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です