これさえ覚えれば大丈夫!セルフネイルの基本

セルフネイルと基本1

みなさん、爪のお手入れはしていますか?

爪にきれいなカラーが塗ってあると、女性ならそれだけでテンションが上がりますよね。

しかし、サロンでやるとたしかにキレイだけど、そんなに頻繁に通うお金と時間はない……

そんな時は、おうちでセルフネイルに挑戦!

セルフネイルは、やり方がわかれば誰でも簡単に出来ます。

それでは、ざっくりとですが、セルフネイルの基本的な流れご紹介します!

基本その1:まずは爪のお手入れから

 セルフネイルと基本2

セルフネイルを始めるにあたって、まずは爪のお手入れを行います。

土台の手入れを怠り、いきなりネイルカラー(マニキュア、ネイルポリッシュとも言います)を塗ると、すぐに剥がれたり、爪や、爪周辺の皮膚を痛める原因になります。

面倒くさがらず、土台をきれいにすることから始めましょう!

【爪の長さを整えよう!】

爪が長い場合は、まずは爪切りやニッパーで、爪を切ります。

その際、注意するのは『切りすぎない』こと。

爪切りやニッパーで切った爪は断面が鋭いので、仕上げにやすりがけをします。

やすりをかけることを考えて、余裕を持った長さに切りましょう。

(そこまで短くしない場合は、最初からやすりで削ります)

【やすりがけをしよう!】

爪の断面をなめらかにするため、やすりをかけます。エメリーボードやガラス製のやすりなど色々販売されていますので、好みに合ったものをご使用ください。

この際、爪の角は丸くなるようやすりがけすることで、引っかかったり割れたりすることを防ぎます。

ラウンド型、オーバル型など、自分好みの形になるよう、爪を整えましょう。

爪表面用のバッファーがあるなら、表面も磨きましょう。

爪表面をなめらかにすることで、ネイルカラーの乗りがよくなります。

【手の保湿をしよう!】

マニキュアが剥がれたり、ささくれが出来る原因は手の乾燥です。

爪のお手入れの後は、ハンドマッサージを兼ねてしっかり手の保湿を行いましょう。

※すぐにネイルカラーを塗る場合は、ネイルオイルやハンドクリームは後で塗ります。

 

基本その2:ネイルカラーを塗ろう!

セルフネイルと基本3

爪のお手入れが終わったら、ネイルカラーを塗りましょう!

その前に、爪から油分や水分をしっかり取り除いてください。

爪の表面に油分や水分が残っていると、せっかく塗ったネイルカラーをはじいてしまい、剥がれる原因となります。

石けんで爪を洗い、しっかり水分を拭取ります。

そして、出来れば爪用のブラシ(古歯ブラシでもOK)でホコリを落とし、それからネイルカラーを塗りましょう。

【まずはベースコートから】

セルフネイルの基本として、いきなりカラーを塗るのではなく、ベースコートを塗ります。

このベースコートを塗ることで、自爪を色素沈着から保護し、次に塗るカラーの乗りと保ちをよくします。

基本の塗り方としては、

  1. 爪の先端(断面部分)を一塗りする
  2. 爪の真ん中、根元から先端に向かって、さっと一塗りする
  3. 爪の左右も同様に、根元から先端に向かって一塗りする

注意点としては、爪の縁ギリギリから塗るのではなく、1ミリほど隙間があるくらいにするのがポイント。

カラーを塗る際もそうですが、爪と皮膚の隙間に液が入ってしまうと、見栄えが悪くなることはもちろん、めくれる原因になります。

特にハケに液がつきすぎると失敗するので、瓶の縁でしごいて、余分な液を落としてから塗りましょう。

【ネイルカラーを塗る】

ベースコートが乾いたら、続けてネイルカラーを塗ります。

マットタイプはそのままでいいのですが、ラメ入りのものは、ラメが沈殿しているので、混ぜる必要があります。

その際、瓶を振ると液に気泡が混じってしまい、きれいに塗れなくなります。

なるべく気泡を出さないコツとして、机の上に瓶を倒し、ゆっくり転がします。これでも十分ラメは混ざります。(勢いよく転がすと気泡が出来るので注意)

塗り方はベースコート同様、爪の断面から塗り、爪の真ん中、左右と塗ります。

はっきり発色させたい、色ムラが出来た場合は、二度塗りします。

【トップコートで仕上げ】

カラーが乾いたら、トップコートで仕上げです。

この時、カラーが乾いていない状態で塗ると、ハケにカラーがついてしまうので注意してください。

塗り方はこれまでと同様、爪の断面を塗り、爪の中心、左右と、爪の表面を覆うように塗りましょう。

ネイル用の速乾スプレーがあるのでしたらスプレーを吹きかけ、乾くまで待ちます。

基本その3:日頃の手入れは忘れずに!

ネイルカラーが完全に乾いたら、後はネイルオイルやハンドクリームで手のお手入れをしてください。

ネイルオイルは、爪ではなく、爪の根元に塗ります。

せっかくセルフネイルに挑戦したのに、すぐ剥がれたのでは悲しいですよね。

爪の周辺が乾燥すると、ささくれが出来たり、ネイルカラーの保ちが悪くなります。

また、洗髪の際、爪を立てて洗ったり、体を掻いたりするのも剥がれたりめくれたりする原因となります。

きれいな爪でいるためにも、日頃のケアと気遣いが重要です。

セルフネイルと基本4

まとめると、

  1. セルフネイルの基本は爪のお手入れから
  2. ネイルカラーを塗る際は、はみ出さないよう注意
  3. 日頃のお手入れと気遣いが長持ちの秘訣

基本的なことを知っていれば、セルフネイルはさほど難しいことではありません。

また、何度も繰り返すうちに、上手に塗れるようになります。

好みのネイルカラーを見つけたら、セルフネイルに挑戦してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です