あなたは何派?今から使える日焼け対策グッツ!

日焼け止め

みなさん、すでに日焼け対策はバッチリですか?

紫外線は夏になる前から、サンサンと降り注いでいます。

まだ寒さの残る季節から必須言われるほど、春先の日焼け対策は重要です。

今回は、知っておけば春先から真夏までカバーできる日焼け対策グッツをご紹介しちゃいます!

対策は春から!紫外線の強くなる季節を把握する

紫外線が最も強くなる季節は6~8月ですが、春もまた対策が必要です。

夏は紫外線というより、日差しの強さから「対策しなきゃ!」と危機感が募るのに対して、春先は盲点でした。

春は冬から乾燥肌を引きずり、花粉から受ける肌ダメージのために、特に対策&ケアが必要なんです。

また、ほがらかな春の陽気…というように、ついつい日差しを浴びたくなってしまいますよね?

冬の寒さが身に沁みていたのなら、尚更です。

カチコチに固まった体を伸ばすように、日差しが恋しくなってしまうもの。

でも、ちょっと待って!

日焼けはすぐにやってきます。

また日の出より前に行動し、日が沈んだ後から活動するって方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、日中の日差しを完全に避けて暮らすのは基本的に不可能。

朝7時くらいからドッと紫外線が増してくるそうです。

早朝だったらまだ日差しもキツくないし、暑くもないから…と日焼け対策をおろそかにしてはいけません。

しっかりと対策するにはどうすればいいのか?

日焼け防止の対策グッツを見てみましょう。きっとすぐに欲しくなるはず!

日焼け止めクリーム&UVカットコスメ

日焼け止めクリームを買うのは夏の前だけ、という方に朗報です。

ドラックストアの化粧品売り場をぐるりと一周すると、必ずと言っていいほどUVカットコスメを見つけることができます。

まだ少し、日焼け止めクリームを顔にべたべた塗るのに気が引けてしまう春先は、UVカットコスメを上手に利用してみてください。

UVカットのパウダーをお化粧後にしっかりとはたきこめば、かなり効果的に日焼け対策ができるのです。

私も化粧下地やパウダーに日焼け止めの成分が入ったものを選ぶようにしています。

やはり、日焼け止め成分が入っているので、安心感が違います。

また、化粧品なので可愛いデザインのものが多く、ポジティブに日焼け対策ができます。

やはり毎日のことなので、前向きに日焼け対策をしたいですよね。

もはや三種の神器!?帽子・スカーフ・アームカバー!

日焼け対策と言えば、古今東西『日傘』と相場が決まっているもの。

けれど、かさばるし、折り畳みの日傘でもいちいち折りたたむのは一苦労。

そこでおすすめしたいのが、『帽子』『スカーフ』『アームカバー』です!

帽子ならツバの広いものがいいですね。またスカーフは見た目にもグッとインパクトがあります。そしてアームカバーはカーディガンを羽織りたくない暑がりさんにもおすすめです!

3つのグッツは私のような自転車ユーザーにも対応しています!

日傘を差しながらの自転車の運転は危険ですし、違反なのです。また自転車ユーザーの強い味方、傘立ても実は地域によっては禁止されています。

そんなわけで、代わりに帽子やスカーフ、アームカバーを試してみてはいかがでしょうか?

もちろん選ぶ基準は一番にUVカット率ですよ!

とはいえ、最近ではデザイン性の高いものが多く、楽しんで選べます。

私も毎年帽子やスカーフ・アームカバーは新調するのですが、可愛いものが多くて、すぐに決められないなんてことも。

絶対焼きたくないあなたへ!もう一つ安心を加える日焼け対策グッツ

帽子・スカーフ・アームカバーに加えて、日傘をその重装備の上からかけても構いません。

加えて、UVカットサングラスやフェイスカバー、量販店でも売っているUVカットのカーディガン。

日焼け対策グッツは日々進化しています。

もし、少しでも気になるようだったら試してみてはいかがでしょう?

やりすぎかな…と思ってしまう日もありますが、まるでハリウット女優のように、と、私もサングラスを堂々と身に着けています。

思うだけなら誰にも迷惑をかけません。

あっ、あの人もあんなに日焼け対策を…と見つけたら、日焼け対策バッチ同士で、努力を認め合うように微笑んでみては?

まとめ

  • 日焼け止めクリームは春先から!(UVカットコスメを上手に活用する)
  • 基本を守る帽子・スカーフ・アームカバー
  • 恥ずかしがらずに、どんどん日焼け対策グッツを取り入れる。

いかがでしたでしょうか?

日焼けも対策グッツを活用して、おしゃれに簡単に防ぎましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です