【肌質改善】乾燥肌のあなた!!水洗顔は当然やってますよね!?

水洗顔

乾燥肌と聞いて、秋から冬にかけて・・・寒い時期になるもの。

と思われる方は多いと思います。

ですが、最近では乾燥肌は1年中現れる現象になってきています。

では、乾燥肌とはそもそもどのような原因でなるのでしょうか、そして乾燥肌を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

みなさんは洗顔の仕方を考えたことはありますか?

肌荒れや乾燥肌は、洗い方やスキンケアが原因になる場合が多いことを御存知でしたでしょうか。

今回は洗顔の仕方、特に【水洗顔】について調べたことをお伝えしたいと思います。

そして、乾燥肌のメカニズムと合わせて知ることで自分に合ったスキンケアの仕方を見直してみてはいかがでしょうか。

乾燥肌を引き起こす要因

 皮膚は通常皮脂が作る(皮脂膜)(天然保湿因子)(セラミド)

からなる角質細胞の3つのバリアを作り、紫外線や外部刺激などから肌を守る働きをします。

そうやって内部の水分が蒸発しない仕組みを作り出しているのです。

その外的刺激から守るために角質層が乾燥して角質のバリア機能が損なわれると、肌を守ろうとして厚くなります。

そうなると、角質層を急に生産しようとすることになるため間に合わず、未熟な角質細胞ができるために肌がゴワゴワした状態になってしまうのです。

ではどうしてバリア機能が損なわれてしまうのか・・・

いくつかある中で1番にお伝えしたいのが

間違ったスキンケアをしているということです。

刺激の強い洗顔料やゴシゴシと洗う洗顔の仕方は角質層を傷つけて肌の水分能力を低下させるだけでなく目に見えない炎症を引き起こします。

こうなると肌は荒れていき乾燥肌もどんどん酷くなっていくのです。

水洗顔ってなに?

 では、そんな間違ったスキンケアを改善するためにまずお試しいただきたいのが【水洗顔】なのです。

水洗顔とは・・・

その名の通り、洗顔料を使用せずに水だけで洗顔することです。

そして、一切のスキンケア商品を使用しません。

洗いすぎという観点から、肌断食などと呼ばれることもある水洗顔をすることでガサガサの乾燥肌から解放されてみてはいかがでしょうか。

水洗顔の方法と効果方法

・方法

まずは手を清潔にしましょう。手には常にばい菌がいます。水で洗顔するのですから、ハンドソープなどを使用してきちんと除菌した手を準備してください。

そして、ぬるま湯で優しく。基本ですね。

両手でぬるま湯をすくって顔にお湯をつけるようなイメージです。

20~30回バシャバシャと。ゴシゴシはしないでください。

オイリーな部分は指の腹でなでように優しく洗ってください。

朝この方法で水洗顔を行ったら、夜は化粧をきちんと落とした後に洗顔をして化粧水だけ使用してみてください。

朝だけ刺激をなくすだけでもお肌は全然変わっていきます。

20℃~30℃のぬるま湯が一番肌に刺激を与えない温度です。熱湯や冷水は必要以上に皮脂を落としてしまったり刺激になるのでなるべく避けましょう。

・効果

1週間など、短期間で効果は表れません。

1か月~2か月程度はかかると思っておいてください。

もとの洗顔の仕方と大幅に変わると言う方がほとんどではないでしょうか。

そういう方の場合、肌が変化するまでに肌荒れを起こす方もいるはずです。ですがそこでやめずに頑張ってみてください。

お化粧ができないほどのガサガサの肌荒れを起こしてしまった場合は水洗顔を中止したほうがいいですが、そうでない限り続けてみる価値はあるはずです。

まとめ

最後に、水洗顔を行うことによっておこるメリットとデメリットをお伝えしておきましょう。

メリットは

  1. コストがかからない
  2. 手軽に実行できる
  3. 肌の再生能力を高める

新しく必要なものはありませんのでお手軽にできることはポイントが高いはずです。そしてもちろんコストもかかりません。

水での洗顔だけにすることで肌本来の機能を高める手伝いになるので、お肌が強くなるとともに乾燥肌の予防につながります。

デメリットは

  1. スッキリとした感じが得られない
  2. 一度肌荒れが起こる場合がある

デメリットはありますが、1日すべて水洗顔にする必要はありません。

朝の洗顔がスッキリした感じがなかったとしてもお化粧をして出かけるのですからさほど気にならないのではないでしょうか。

そして、お肌が荒れてしまうことはお肌の再生に必要なことです。

少しの我慢でガサガサの乾燥肌からツルツルの潤い肌を手に入れられるとしたら、それほど苦にはならないはずです。

今まで試したことがない女性に必見の水洗顔、是非これからの季節にお試ししてはいかがでしょうか。

1,2か月後にはツルツルのお肌でおでかけできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です