【保存版】30代からのスキンケア基礎講座(8)-下地・ファンデーション編-

下地・ファンデーション

あなたは下地やファンデーションって使っていますか?

ファンデーションは使ってても下地は使ってないって人もいるはず。

実は私も20代の頃は下地がなくてもファンデーションはお肌にのるし、ケッチって買っていませんでした。

でも同世代の友人とカフェで盛り上がっていたら、話題が「どんな化粧品を使ってる?」になると全く話についていけません。

そこで「いまさら誰にも聞けないどうしようと思って」実際に調べた自分に合った下地とファンデーションの選び方を紹介します!

 そもそも本当に意味あるの?

同世代の友人たちなのでお肌の悩みって実はみんな共通していて「夕方になると化粧が崩れる」とか「毛穴が目立つのが気になる」とか私も気になっていたので興味がないフリをしていましたが実際は聞き耳を立てていました。

下地がなくてもリキッドファンデーションなら時間が経っても気にならないことも多少合ったのですが夏場はそうもいかないし。。

どうやら下地にもきちんと意味があるみたいで

  • ファンデーションのノリをよくする
  • メイクを長持ちさせる
  • 日常の紫外線や乾燥からお肌を守る

などがあると分かりました。

なんとなくお肌を保護する程度かな?と考えていたので下地に意味があったなんて目から鱗です!

しかも選んだ下地によって1日持つものもあればやはり夕方で崩れてしまったりするなど友人たちは色々自分に合ったものを探しているんだと女子力の差を突き付けられていい大人なのに肩身の狭い思いをしました。

リベンジを誓う!

散々な女子会のあと、このまま女子力の差をつけられるわけにはいきません。

下地の大事さは耳にたこが出来るくらい聞いたのでさっそく今度は自分に合った下地探しの旅に出ることに!

先日薬局の美容部員さんに自分の肌質をチェックしてもらって、私は混合肌であることが分かっています。

そこで私が躍起になって調べた混合肌の特徴と下地の選び方紹介します!

混合肌の特徴

  • 水分量が少なく、油分が多い
  • 皮脂が出る部分と乾燥する部分が混在する

選び方

  • 頬の方がTゾーンより繊細なので頬の肌質に合わせた下地を判断する
  • 基本お肌に潤いを与えてお肌を保護する成分が配合されているものを選ぶ

混合肌ってどっちかに合わせてあげないといけないんですね。

私は鼻の自己主張が激しいのでテカリを抑えるためにもたくさん下地を塗りたくなっちゃいますがポイントは皮脂が出やすい部分は薄めに乾燥しやすい部分はしっかり塗ってのバランス調節が大事なのです。

正しい下地の塗り方

友人より少しでも綺麗なお肌に見せたいので塗り方にもこだわりました。あなたも適当に塗っていてはいくら下地がよくても宝の持ち腐れになってしまいますよ!

下地を塗る順番

  1. 手の甲にパール粒大の化粧下地を出す
  2. 頬、目の下、あご先、鼻筋に下地をのせる
  3. 中指と薬指の半分くらいまで下地を付ける
  4. 肌に指を密着させて頬の中側から外側へ向かって伸ばす
  5. あごの下と額中央の生え際も馴染むよう伸ばす
  6. 鼻筋と小鼻を上から下へ向かってすみずみまで細かく伸ばす
  7. 最後にまぶたと目元に軽く塗る

ここでとっておきのポイント!

ワンランク上を目指すなら下地を塗った後にスポンジで押さえながら全体を馴染ませるとさらに細かいムラを防いでくれます。

下地をしっかりぬると今度はファンデーションも正しく塗りたくなりませんか?

美を追求の旅はまだまだ続きます!

ファンデーションでさらに綺麗に

下地は化粧持ちをよくするのに大切なのは分かったけどじゃあファンデーションって何って感じですよね。友人たちとも自分の肌に合った色を使うってぐらいであまり意識していなかったのですが。。

ファンデーションとは

  • お肌をより美しく演出してくれる
  • 大気汚染や冷暖房からもお肌を守る働きがある

といった感じです。

下地だけではお肌の透明感を表現することはできません。ファンデーションがあるからこそ玉のように輝くお肌をゲットできるのです。

ファンデーションの塗り方も下地と同じように中央から外側へ伸ばすようにつけます。

ファンデーションを塗るときの注意点

  • 目の下のくすみが気になって重ね塗りしたくなっても重ねない!
  • よく動く部分(目元や口元)はなるべく薄くつける
  • 1回にスポンジにとる量は少なめの方が崩れにくく、ベールのように綺麗に仕上がります

ファンデーションはつけたらつけた分だけ綺麗に仕上がると思って実行していたので雷に打たれたと思うぐらい衝撃を受けました。私が今までしてきた化粧は一体なんだったのか。。

まとめ

  • 下地は化粧持ちをよくするためにも絶対に使う
  • お肌の質を知り、自分に合った下地を選ぶ
  • 正しい塗り方でファンデーションを最大限生かせるようにする
  • ファンデーションのポイントは気になるところほど重ね塗りしない!

これだけで化粧の基本はばっちりです!

実際に下地とファンデーションを意識し出してから友人「え?肌すごく綺麗になってる!なに使ってるの?」と質問攻めにあうように笑

もう友人たちとの化粧品の会話を恐れることはありませんよ。基本を大切にする美魔女になっちゃいましょう。

それでも自分のお肌の質がよく分からない場合は薬局にいる美容部員さんに1度相談してみるといいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です