【保存版】30代からのスキンケア基本講座(6)-乳液・保湿編-

乳液・保湿

あなたは乳液って使ってますか?

あなたがもし、化粧水のあとに乳液をつけているとしたら、、、、

この記事はきっとあなたの役に立つはずです。

もちろん使い方として間違いではありません。私も前まで化粧水で水分補給して乳液でフタをするのが正しいと思っていました。

でもその考え方はもう古いです!

そして、一過性の流行でもありません。

油分でフタをすると、お肌の保湿が保たれるわけではなく、角質細胞間脂質のセラミドと水分が結合することによって、お肌のうるおいが保たれてる事がわかってきたからです。

私達の娘の世代では、乳液ってなに?

ママ達の若い頃は、、、、

何て事になっているかも知れませんね。

ただ、現在の乳液は昔と違って油分でフタするだけじゃありません。

現在の乳液の効果や使い方をみていきましょう。

スキンケア化粧品についておさらい

ゼリーのようなプルプルお肌をゲットするために、

まずはスキンケア化粧品の役割についておさらいしてみましょう!

何のおかげで効果が出ているのか分からないなんていい大人としてため息ものですよ。

簡単にスキンケア化粧品をおさらいすると

  • 化粧水=「水分補給」
  • 美容液=「リッチな保湿成分」
  • 乳液=「水分の発散を防ぐ」

です。

だいたいの人は化粧水と乳液だけって人が多いですが、そのスキンケア化粧品に合った役割がきちんとあるので余裕があれば美容液も追加するとさらにお肌が喜んでくれますよ。

保湿だけじゃない乳液

今の乳液はこれだけじゃないんです。

もちろん今まで通りの役割はお肌に油分を与えてくれて、滑らかに整えてくれるのが保湿乳液です。

今はこれにプラスアルファで乳液ってすごく便利になっているんです!

プラスアルファ効果を持つ乳液

UV乳液

保湿成分プラス美白効果も追加されているもの。具体例はメラニンの合成を抑えたり、紫外線をカットしてくれるものがある。

ティント乳液

保湿成分プラス化粧下地としても使える乳液のこと。朝と夜で使い分けている人におすすめ。

大きく分けるとこの2種類です。

元々の乳液の役割である保湿成分にプラスで効果が追加されているなんて思わずガッツポーズしたくなるくらい便利ですよ。

乳液の基本的な使い方は化粧水とほとんど変わりません。

ですが注意して欲しいことがあります。それは化粧水より乳液は全体の約20%が油分なので、Tゾーンなど皮脂が多い部分は少なめにぬるように心がけてください。

私は鼻だけ脂性肌だったのでそれを知らずに丁寧にぬり込んでいたら、鼻がここにいるよと言わんばかりにテカテカと主張して肩身の狭い思いをしました。

あなたも赤っ恥をかく前に気を付けてくださいね!

あれもこれも面倒、楽に保湿したい!

ここまでいかにスキンケアが大事なのか紹介してきましたが、

正直なところ、化粧水も美容液も乳液も全部買ってたら財布がもたない!

仕事から疲れて帰ってきたのにさらに手間をかけるほど元気が残ってない!

というか本音は「面倒だ!!」

という方におすすめ!

化粧水・美容液・乳液のすべての成分が配合されているオールインワンゲル!

中には化粧下地の効果が入っているものがあるので使い方によっては時短にもなるのでとっても便利。

オールインワンゲルのメリット

  • 面倒なスキンケアを1回で済ませられる
  • 自己再生能力を低下させず、自立したお肌が強くなる可能性がある
  • シンプルなケアだからこそ、マッサージのしすぎによるお肌への負担が減少する
  • 3本を1本にまとめるからとにかく経済的

オールインワンゲルのデメリット

  • 化粧下地効果があると夜のケアには使えない
  • お肌の弱い人は複数の化粧品と合わせているためトラブルを起こしやすい
  • 効果はそれなり程度、単体には敵わない

個人的には化粧下地効果がないタイプの方が使い勝手がいいのでおすすめです。

どうしても仕事しているとマメにケアは出来ないと考えているあなた!

まだ試してない方はこちらを試してみては?

「えっっ」ていうのが私の実感でした→オールインワンゲルなら【バランシングゲル】

今まで、しっかりと分けてスキンケアしてた方は楽すぎて戻れないかも知れませんよ。

お風呂でパック!?

実はオールインワンゲルはお風呂パックとしても使えるんですよ?

私もたまーに半身浴しながら紙タイプのパックをすることがありますがマメにやろうとしても、ただでさえ生活するのにお札が飛んでいくのに難しいですよね。

でもオールインワンゲルなら1度買えば使い切るまではあるので改めて買いに行く必要もないし、普段使用しているものだから成分が合わないこともないので使いやすいのです。

そこで

お風呂でできる簡単パックの仕方

  1. 洗顔後、顔にたっぷりオールインワンゲルをぬる
  2. クレンジングと同じ要領でマッサージをする
  3. 5~10分ほど放置する
  4. 顔をぬるま湯で洗い流す
  5. お風呂後、改めて保湿する

なぜお風呂でのパックがお肌にいいのか?

それは蒸気で毛穴が開いて美容成分の浸透がアップするからなんですよ!

もしオールインワンゲルを持っている人は1度やってみてください。

またお風呂の温度はは40℃くらいが血圧が上がらずリラックスした状態で入れるので温度も意識してみてくださいね。

まとめ

  • スキンケア化粧品の役割をきちんと理解して使おう
  • 乳液はフタをするだけじゃない!保湿以外にも効果は色々
  • オールインワンゲルは時間がない方には神
  • パックの代わりにもなるすごいぞオールインワンゲル

これであなたも久しぶりに会った友人や仕事場の同僚から「えぇぇぇ?」や「肌に潤いがあっていいな~」と羨ましがられること間違いなしですよ!

ただし、お風呂パックの時に、長風呂しすぎるとのぼせてしまうので体調と相談して行ってくださいね。

パックとしても使用するならこちら→【バランシングゲル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です