【保存版】30代からのスキンケア基本講座(4)-化粧水編-

化粧水

化粧水ってモデルさんや女優さんが愛用してるとか、30代からのスキンケアとかCMを見るだけでも種類がありますよね。

化粧水は「高い=効果あり」と勘違いしてませんか?

高いからお肌に良い成分がこれでもか!!と入ってると勘違いしてませんか?

高いがゆえに、チビチビ使ってませんか?

その悪循環非常に危険ですよ。

というか勿体ないです。

そもそも化粧水の成分のほとんどはです。

そして、お肌に良いとされる美容成分は水と混じり合いません。

そのような成分は、美容液やクリームに期待して下さい。

その為、化粧水でお勧めは、香料・着色料・石油由来界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油などの余分なものが入らず無添加で天然成分配合のものであれば充分です。

私はSK-Ⅱ(フェイシャルトリートメントエッセンス)を使っていましたが、現在はオリーブマノンシリーズを使用しています。

【オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット】

そもそも化粧水の役割って

肌がうるおう為には水分が必要。だから化粧水が大事。

だから化粧水ってお化粧で一番大事よね~ってあれ嘘ですよ。

化粧水があなたのお肌の水分に直接なる訳ではないです。

お肌の水分を守るのは、角質細胞間脂質の中のセラミドです。肌バリア機能をつかさどってるアレです。

このセラミドが歳を重ねるごとに減り、お肌が乾燥したり、うるおいが減ってきます。(肌バリア機能の低下)

で、乾燥した土に水をたらしてもすぐまた乾燥しますよね?

お肌も仕組み的には一緒です。

乾燥したお肌に化粧水を何度もつける行為は逆に乾燥を招くので注意が必要です。

しっかりとお肌の土壌を耕し保湿機能を高めた後に化粧水をつけて初めて効果が生まれます。

お肌が乾燥して荒れ気味のときに色々つけたくないから、化粧水だけ!!は悪循環を招きます。

乾燥して荒れ気味の時は、美容液やクリームを使って、肌の保水力を高める事が先決です。

手のひら派?コットン派?

あなたは化粧水はどうやってお肌になじませていますか。

正直手のひらとコットンのどっちがいいかって難しいですよね?

私は断然手のひら派です。エステティシャンになった気分でコットンを使っていたこともありましたが、お肌に化粧水がなじんでる~って感じがイマイチ感じられなかったので手のひらに戻りました。

後に知りましたが、コットンを肌に当てると、細かいキズがお肌についてしまします。

エステの様にたっぷりたっぷりと化粧水をコットンになじませ、軽く押し当てるなら良いですが、、、、

化粧水勿体ないですよね。

断然手のひらがお勧めです。

ここで手のひらとコットンのメリットとデメリットを整理してみます

手のひらのメリット

  • 手で化粧水を温めると浸透がよくなる
  • 顔に直接触れるからお肌の状態が分かりやすい
  • お肌を傷つけない。
  • コットンより化粧水を使う量が少ない。

手のひらデメリット

  • 手は色々な場所を触るから雑菌がつきやすい

コットンのメリット

  • 細部まで成分が均等にいきわたる

コットンのデメリット

  • 使い方が難しい。1歩間違えると繊維でお肌に負担をかけるだけになるという感じです。

よく、お肌で化粧水をなじませると、手に成分が吸収されてしまう!!とおっしゃる方がいますが、俗説です。

化粧水のなじませ方

つける方法を決めたら次は正しい化粧水のなじませ方を紹介します!

私が昔、実践していた化粧水のなじませ方ですが間違ったエステティシャンのイメージで、顔にパンパン音が出るくらい叩きつけるのがパッティングだと勘違いしてました。

今考えれば間違ったことを自信満々に行っていたんだから、穴があったら入りたいぐらい恥ずかしい限りです。

パンパン叩いてなじませると、赤ら顔やシミの原因になりますので、注意が必要です。

化粧水を手でつける場合

  1. メーカーの指示に従った量を手のひらにのせる
  2. 肌を押さえる様に、指の腹でつける
  3. 顔全体を覆うように均等になじませる
  4. もう1度、手のひらに化粧水をとる
  5. 目元など細かい部分を意識してなじませる
  6. 手のひらでお肌に吸い付くような感覚があればOK

こちらが正しい化粧水のなじませ方です。

本当にお肌に化粧水が浸透すると手のひらにお肌が吸い付いてきます!

コツというほどではありませんが、頬に手を軽く押し当ててそっと離してみてください。手のひらからゆっくりお肌が離れていく感じが伝わってきます。

コットンを使う場合

どうしてもコットンだ!!という方はこちらの動画を参考にすると分かりやすいですよ。

化粧水は手作りでOK!?

「30歳はお肌の曲がり角」なんていうくらい20代の頃は気が付かなかったお肌は衰えが見え始めてきます。

だから化粧水はチビチビ使っていたらあまり意味ありません。

でも市販だとどうも思い切ってたくさん使えない。。

それなら手作り化粧水はいかがですか??

基本になる化粧水の材料は薬局で購入できる材料で大量に作れます。

材料は「精製水」と「植物性グリセリン」の2つを指定量を容器に入れて混ぜるだけ!

継続して化粧水をつけるのがめんどくさいズボラさんでも手作りだと愛着も湧くし、自分で作ったもので効果があると楽しくなって毎日つけたくなりますよ。

間違ったスキンケアよりは手作り化粧水でも正しい方法で行った方が効果有りですよ。

間違ったスキンケア例:高い化粧水を少量だけコットンに含ませお肌にギュッギュッ

女子会の話のネタにもなるのでぜひ実践してみてください。

まとめ

  • 高価な化粧水だから効果がある訳ではない。
  • 手のひらでのなじませる方が良い
  • 化粧水の効果はあなたのお肌の保湿力で決まる。
  • 究極にコスパ考えるなら手作りもあり

「え、たったこれだけ?」と思うかもしれませんがこれだけでいいんです!

高い化粧水をチビチビよりお手軽な値段の化粧水でバシャバシャ使えた方がお肌によりよいということですね。

お財布にもお肌にも優しいなんて一石二鳥です!

ただし、手作り化粧水は正しいレシピをきちんと調べて自分に合ったものを作ってくださいね。

自信がない方へ→【オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です