【プロ技】乾燥肌のあなた!そのメイクでは”ぶす”に見られますよ??

女性の口元

乾燥肌の人はメイクするとより乾燥したり、メイクが崩れてしまったり結構苦労しますよね?

私も乾燥肌なので、どうやってメイクするのが一番きれいに見えるのかを長年いろいろ試してきました。

間違った方法でメイクをしていると、肌が余計に汚く見えてしまったり、乾燥をより進めてしまうことになります。

乾燥肌の私がおすすめする乾燥肌さんのメイク術をご紹介いたします。

洗顔からメイクは始まっている!?

朝の肌の調子によって洗顔方法を変えています。

まず、洗顔でしっかり肌の状態をフラットにしないと、なにを塗っても上手くのりません。肌の状態がいい時やべたつきが気にならないときは水ですすぐだけにします。

ちょっとザラツキやべたつき、毛穴の開きが気になるときがしっかり泡洗顔をします。

洗顔はぬるま湯で行いますが、最後は冷水ですすいで終わりにします。

乾燥肌には保湿が肝心!!

乾燥肌さんならしっかり保湿をしていると思いますが、メイク前の保湿は夜の保湿をちょっと違います。

メイクののりもよくしないといけないので、クリームたっぷりはやめましょう。

化粧水はたっぷり肌が冷たくなるまで与えます。

その後は、薄く伸びのいいクリームや乳液で顔のツボを意識しむくみを取りながらマッサージします。これで朝の保湿は完了です。

乾燥肌には化粧下地選びが肝心!

メイク用品も保湿効果のあるものを選びます。

私の場合、保湿効果、化粧下地、コンシーラー、日焼け止めの効果もあるBBクリームを使っています。

化粧下地が乾燥肌さんのメイクを崩れにくくするのに一番大切なアイテムですからいろいろ試してみることをおすすめします。

肌の状態は人それぞれなので、この化粧下地がおすすめです!と言っても意味がありません。ご自身で試してみるのが一番です。

でも、私は化粧下地にはいろいろな効果のあるBBクリームをおすすめします。

塗る回数も少なくて肌に負担も少ないですし、普通の日ならこれでお化粧を終わりにしてもオッケーです。

では、しっかりメイクをしたい時はファンデーションも付けたいですね。

ファンデーションを選ぶ時、クリームやリキッドタイプの方が保湿効果が高いことが多いのでそれらを選びたくなるかもしれません。

でも、私はパウダーファンデーションをおすすめします。クリームタイプやリキッドタイプはしっかり肌に吸着してみずみずしい感じに仕上がります。

けれど、しっかりのっている分、肌への負担が大きいです。そして、崩れてしまうとなかなかお化粧直しが大変です。

また、クレンジングもかなりしっかりしないといけないので、乾燥肌さんにはちょっと負担が大きいのです。

保湿効果のある化粧下地でしっかりケアしつつコンシーラー効果で肌の色調も整っていれば、あとは軽めのパウダーファンデーションで十分です。

粉っぽく仕上がってしまうなら、ファンデーションより下地が合っていないのかもしれません。

乾燥肌のチークはクリームがおすすめ!

チークもパウダータイプのものと、クリームタイプといろいろありますが、私がおすすめするのはクリームタイプです。

パウダータイプよりつやっと感が出ます。ファンデーションでお顔全体をつやつやさせるのもいいですが、頬の高い部分だけつやっとしているだけでお肌が潤って見えます。

 乾燥肌のアイメイクはなるべく簡単に!

 乾燥肌さんはアイメイクも苦労しますね。

目元は元々乾燥しがちなので、うまくメイクが載らなかったり、よれてしまったり。そして、一番の問題はクレンジングです。

アイメイクをしっかりしてしまうとどうしてもクレンジングはそれなりに洗浄力の強いものが必要になります。

そこで乾燥の悪循環になってしまいます。

私はペンシルタイプのアイライナーを使用しています。

普通のクレンジングで落ちますし、芯が柔らかめのものを使えばしっかり発色もしてくれて伸びもいいです。

それから、マスカラはお湯で落ちるタイプのものを使用しています。

ウォータープルーフのタイプは専用のクレンジングを必要としますから、負担を減らす為にもお湯で落ちるタイプをおすすめします。

アイシャドーなどは特別な時しか使いません。

アイシャドーなどに関しては、それなりにお値段のするものが発色がきれいに出て無駄に重ね塗りをしなくていいのでおすすめです。

アイブロウは普通のペンシルタイプを使っています。アイブロウマスカラもたまに使用しますが、こちらも普通のクレンジングで落とせるタイプを使っています。

以上、乾燥肌の私がいろいろ試して行き着いたメイク方法・メイク用品です。ぜひお試しください。

 まとめ

  1. 洗顔は肌の状態を見て決める
  2. 保湿はお肌が冷たくなるまでしっかりと
  3. 化粧下地はいろいろな効果が期待出来るBBクリーム
  4. ファンデーションは軽めのパウダーがおすすめ
  5. チークがクリームタイプがつや感が出ておすすめ
  6. アイメイクは普通のクレンジングで落とせるタイプ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です